Contents

手ごたえ

まともに走るようになって初めてのダートトラックイベント。


エンジンは好調。こうなると欲が出てくる。今回はタイヤについて。かっちこちの当時モノMT53。これがまあまあ食いつく。空気圧でどの程度変わるのかを検証。

滑りやすい路面で接地面を増やすべく、空気圧を下げる。前後0.8。立ち上がりでスピニング大。散水後だからか、それともやはりタイヤが終わっていてエンジンのパワーに負けてるのか。あと、進入での向き替えがのろい。待って待って待ちまくる。

ここでロジャー林氏とお話し。「進入スライドでスピードを落とすのと、向き替えができると良いんですけどねー」

なるほど。アクセルオフですぐにすっぽ抜けてくれるようになればそれに近づくかなー。てなことで先の文法にそってリヤの空気圧上げる→接地面減る→進入スライドに繋がる、とならんかなーと。フロントはそのままで実験。

ところが反応は逆。フロントがぐにぐにし始め、リヤに一定の手ごたえ。

空気圧上げる→グリップ増える?車重もあるし、ある程度空気圧ある方がいいってことか。路面はダートトラックだけど、オンロード的な考え。

戻ってフロント・リヤとも1.3へ。さらに良化。フロントグリップがしっかりする→スピード上げて入れる→慣性つき始める→たまーにスライドぽいことになる、てなことなのか。

車体は重いが絶妙なもっちり感と接地感が絶えずあり、ギリギリまで情報がしっかり。ななんせ楽しい。「お!今のはええんちゃんのん!」言うのが2回ほど。

戻ってにやにやしてるとロジャー林氏。「楽しそーに走ってますねー」はい!

タイヤについて聞くと、このタイヤへの加工(グルービング)もいろいろあったそう。その中、端のパターンをカットして…あれ?

なんと施工済み。このタイヤの前オーナーもそんな使い方してたのねー。

帰りは

全て下道で。京奈和道路と鍋谷トンネルを利用すると75分ぐらい。近いっ。

他にもスプロケやらホイールサイズやらハンドルやら…情報を得、いろいろ欲が出てきました。

いよいよか

やーっと届いた

バルブ。

夜な夜な響き渡る擦り合わせの音。カンカンカンカン…

ご近所さんに「あそこの旦那、いよいよ新興宗教かなんかに…」と思われてたりして。

そして午後の散歩

昼からの予定が無くなり、再び和歌山へ。トンネルが出来たおかげで

高野山まできっかり1時間。この時間から登る人が少ないからか、がらがら。

1人でくるのは久々の高野龍神スカイライン。景色の良いところで好きな時に止まってカシャカシャ。





















何回止まっとんねん っていうw

あと、「外足荷重てこういうこと?」ていうのがちょっとわかったかも…今頃。いろいろ便利でラク。

嫁さんの実家に

ちょっと寄って

お野菜

いただいて

高速で帰宅。350ぐらい。

はー。愉しかった

散歩

朝からじいくんと

裏山ぶらぶら。

ええ天気

大きいバイクが大層に見えるというw

ふと見つけた

神社へ。ぱっととめれるのが良いよね。

登りで

どうやっても離される。コンデンサかなー

縁あって

再び触ることにしました 100s vintage

しかし

ぼっこぼこ

ゴムハンマーでバシバシ
修正前


修正後


フロントフォークは

多分曲がってなさそう

フェンダーも

当て木こさえて


こんなもんかね

このグリスは

キライなので入れ替え

上は

からっから。要らんのかね?とりあえず塗り塗り

ざっと

部品発注。早っ。

リヤブレーキ効かない



デフォルトですな

マフラーやかましい

あらら

ブレーキは

New Fren

マフラーは

溶接してもらった

キャブも

こってこて

休日前、夜な夜なおっさん2人で

ごそごそいじってテストラン。

何とか使えそうです。