FC2ブログ

Contents

ハードル高し

朝から

京都方面へ。










R173。前来た時は複数台。今回はひとりでマイペース。クルマは抜かず、景色眺めたり、止まったり、自由。新鮮。

あまりに良いので目的地を

40キロほどオーバーラン笑笑 Uターン。超快適。また来たい。

小腹すいたので

こちらへお邪魔

おお



ヘチンズ

初めて見ました。

ラグが凄い。


美味しゅうございました。

そして本日のメインイベント。







助手席試乗~少し運転も。大変貴重な経験をさせていただきました。じっくりゆっくり行きます。

帰りに

近くの温泉へ。野趣溢れる?感じ。更衣室狭い。

のぼせて上がると

予報通り、行く先には雷鳴。

程なく土砂降り。ほぼ降られっぱなしで

帰宅。

骨の痛みは日に日に和らいできています。

***

あ、それと

キリ番。ま、ほとんどが前のオーナーの走行距離ですがー



鍛錬?

今日で怪我してから2週間。

療養中の無限ループ
「あー どっか行きたいなー」→オートバイに乗りたい→オートバイ欲しい→戻る

もうちょいでいろんなバイク買うところだった…危ない。

***

まだまだ痛いが我慢できずにちょっと乗る。

行き先は某大学。次男の試合を一日中観戦。終わって近くの温泉で湯治かな…と。

風呂で瞑想。

***

無心で走るのは楽しい。充実。が、危ない。我を忘れていたのは間違いない。路面とかあんまり見てなかった。一緒に走ってたあの上手な人もあそこは排気音止んでた「何でゆっくり走るんやろ…」。エンデューロの時もあのパートはやたらみんなに追いついた。いったらあかんとこやったんやろね。

鍛錬を重ねるというが、これって積み重なる?残ってる?残ってたらこんなことならんよな。

磨くのをやめるとくすんでいくモノ、のほうが表現としてはしっくりくるか。

怪我もしやすくなってるし、鈍臭くもなってきてるはず。色んな変化を受け入れる覚悟が必要な時期に入ったのかも。

周りにも迷惑なハナシだし、よく考えないと。


諦め

朝から阪下へ。

いい天気。

徐々にペースを上げる。

水たまりも練習

…汚れるだけ?でもないか。。

めちゃ速いライダーの走りを見学





ブレーキングからターンへのフォーム移動、ライン取り、リズム感。勉強になります。

スタンディングに拘って引き続き練習。バンクのあるターン以外は全てスタンディング。これで行くとなかなか良いペースで楽に走れる。なるほどなるほど。

休憩



いい景色、風景。

***

午前に80分、午後に40分乗ったけど、涼しいのと、スタンディングで楽にこなせるようになったために疲れを感じない。

今思えばジャンプの着地でとっ散らかったりし始めたときにやめておけば良かったと思う。疲れてたんでしょう。ピット前セクションから上のセクションにスタンディングで登っていく際、岩盤にフロントを弾かれ、なすすべなく一瞬で右側へ転倒。右半身強打。

息が出来ない。声を出して何とか呼吸をする。5分ぐらい経って呼吸が少しマシになったのでバイクを起こ…せない。かろうじて動く左腕一本で車両を谷側に引きずり、尻をあて、足の力で起こす。何とかピットに到着。しばらく安静にしていたが右半身の痛みが取れないので、隣の人に積み込みをお願いする。

土曜日に開いている整形外科を探し


レントゲン撮影

医師「2本は間違いなく折れてるなー、んー、念のためCT撮りましょ」

結果





「7箇所?8箇所?結構バラバラやね…急に対応せなあかんようなことも予想されるので、念のため入院しましょ」

乗り始めて32年。初めてバイクの怪我で入院。

敗因。今回に限らず、切り上げるタイミングの見極めと諦めの悪さ、か…などなど

瞑想中。。

春ですな

週末。アレ乗るかアレ乗るかアレ乗るか…結局

一番ラクな方向に。天気イイし。ね。

桜より気になる

すじコン。うまそ。

三木到着。

ログが雰囲気ね。






皆さまお変わりなく楽しそう。

速攻戻ってミナミで呑み散らかす。。

***

次の日。

プライマリーチェーンテンショナー

ハーレーのん買ったけど…合うかな

あと

プライマリー側の

ベアリングを交換

ちょい緩いが…かといってどうしようもないのでとりあえずこれで。

偶然

亀岡トライアルランドさんで作業と妄想を終え、帰ろうかと準備をしていたところ、どこかで見たことのある方が

延々と登りのルートをこなしたTOKUさん。すげー。

作業中のSunbeamに関する確認事項をちょちょいと

チェック。

玄関マットは

月桂樹の葉。素晴らしい香り。

次の予定地がTOKUさん家方向とほぼ同じだったので

なんて便利

諸々リフレッシュしていただいた

Silkの引き取りとDe Rosaのポジション相談。

オートバイの仕組みを例えにして自転車の考え方をレクチャー頂く。分かりやすい!来てよかった…


次の機会が楽しみです。