FC2ブログ

Contents

自信

昨日は



飛び入りで集いに混ぜて頂く。

20年以上前にご一緒させて頂いた方と再会。互いの記憶を少しずつ繋げて辿る。色んな話しを聞けて良かった。

「言うたら125や」

「目がついていかなくて…自信を無くしたんよねー…ほら、あー言うのって「俺はイケる!できる!っていうのがあるからやるもんであって…」

…と、言い切れる強さ。

***

ん。

乗ってて良かったよね。

寝言

このあたりからじわーっと続いているスポーツカー熱。お金・置き場・時間、どれとっても現状では不可能。

でも、今なら前とは全く違ったカタチで愉しめそうな気がします。

元・愛車のCooper-S。
0704062.jpg
手放してもう3年も経つんですねぇ。早いようなそうでないような。

…以上、寝言でした。おやすみなさい。。

11年間

突然ですが。

Cooper-S、売却しました。

クラシックビジネス

先日、ミニのことでお世話になっているスミスサービスの社長さんとスペアパーツのことでハナシをしていました。

曰く、今も消耗品は生産され続けているので部品が欠品して乗れなくなるという心配はまずないだろうね、とのこと。

でもそんなに需要があるもんではないだろうからいずれ状況は変わるんだろうな~と思っていたら某雑誌に朗報が掲載されていました。


クラシックカーやクラシックバイク、蒸気エンジンの乗り物含め、イギリスには50万台以上が存在しているといわれているそうです。で、それに関わる企業数2500社、売上なんと32億ポンド(7700億円)!と…国家の一大産業ですね。

一過性の需要ではなく、ひとつの確固たる文化が創り出し続ける需要なわけですから、いい循環が定着しているんでしょうね。

同じ島国ですが、日本にそういったことが文化として根付くにはまだまだ足らないモノが多いんでしょうね。

というわけで少々壊れようが、僕のミニが不動車になってしまうことはまずなさそう。あとはこちらの財力のみ…

なんでも今頃はイギリス各所で蒸気エンジンのエンスーが集う「スチーム・ラリー」というのが行われているそうで、蒸気エンジン駆動のトラクターとかロードローラが自走(というか徒歩?)で集まるイベントが目白押しらしいですよ。どんなんやねん、と写真を探してみました。
まずはロードローラ。
butchersarms-c_err2k5.jpg
「うお!このボイラー、オリジナル?」とか言ってるんでしょうね~きっと。

トラクタはこんな感じ。EasterSteam2-March05.jpg
機関車トーマスの世界ですな。

トラクタの世界って結構深いかも。現在のマニア向け、となるとこれかな?
mask_69_l.jpg
Lamborghini R8 265。ランボルギーニのフラッグシップ。なんと輸入代理店はCORNESとな。かっこいい。

思わぬ発見

20070505092324
嫁さんの田舎に帰ってます。
ゴールデンウイークの高速道路は当然大渋滞。ちょっとくねくねしますが混むよりマシってことで裏道を使います。
このコースがなかなかの快走ルート。片道120キロ。ツーリングで行くなら行きは山間を抜けるワインディングで、帰りはみなべICから阪和道で大阪へ。全行程5時間位。次回はこれでどですかね~

ところで、道中どうも気にかかったのがパジェロのハンドリング。正直先日某ワインディングで走らせたミニより楽しいと感じました。
その要因は…完全に終わっているミニのタイヤと交換したてのパジェロのタイヤとの差なのかそれとも、FFのミニに対しFRのパジェロ、と駆動方式の違いがそう思わせるのか。

ん~…