Contents

手ごたえ

まともに走るようになって初めてのダートトラックイベント。


エンジンは好調。こうなると欲が出てくる。今回はタイヤについて。かっちこちの当時モノMT53。これがまあまあ食いつく。空気圧でどの程度変わるのかを検証。

滑りやすい路面で接地面を増やすべく、空気圧を下げる。前後0.8。立ち上がりでスピニング大。散水後だからか、それともやはりタイヤが終わっていてエンジンのパワーに負けてるのか。あと、進入での向き替えがのろい。待って待って待ちまくる。

ここでロジャー林氏とお話し。「進入スライドでスピードを落とすのと、向き替えができると良いんですけどねー」

なるほど。アクセルオフですぐにすっぽ抜けてくれるようになればそれに近づくかなー。てなことで先の文法にそってリヤの空気圧上げる→接地面減る→進入スライドに繋がる、とならんかなーと。フロントはそのままで実験。

ところが反応は逆。フロントがぐにぐにし始め、リヤに一定の手ごたえ。

空気圧上げる→グリップ増える?車重もあるし、ある程度空気圧ある方がいいってことか。路面はダートトラックだけど、オンロード的な考え。

戻ってフロント・リヤとも1.3へ。さらに良化。フロントグリップがしっかりする→スピード上げて入れる→慣性つき始める→たまーにスライドぽいことになる、てなことなのか。

車体は重いが絶妙なもっちり感と接地感が絶えずあり、ギリギリまで情報がしっかり。ななんせ楽しい。「お!今のはええんちゃんのん!」言うのが2回ほど。

戻ってにやにやしてるとロジャー林氏。「楽しそーに走ってますねー」はい!

タイヤについて聞くと、このタイヤへの加工(グルービング)もいろいろあったそう。その中、端のパターンをカットして…あれ?

なんと施工済み。このタイヤの前オーナーもそんな使い方してたのねー。

帰りは

全て下道で。京奈和道路と鍋谷トンネルを利用すると75分ぐらい。近いっ。

他にもスプロケやらホイールサイズやらハンドルやら…情報を得、いろいろ欲が出てきました。

Norton祭り

今日はBRIT BRAT。



えらい目立つところに置いて頂く。恥ずかしいほど真っ赤っか。

DGさんの

MANX。サイレンサー変えて音がかなり雰囲気変わってました。しかしいつ見てもかっこいい。

commando

信号ですなw しかしデカくてかっこいい。んー。かっこいい。特にこのテールカウルがここ最近やたら引っかかる。

お!

新オーナーの元に渡ったトライデント。やっぱかっこいいよねー。

初めてみました

650SS。少し小ぶりなバレルがいい予感。

朝食べてなかったので

イベント限定バーガー。旨っ。安過ぎますよー

食べながら

お勉強

食べ終わり、会場に戻って

実機で復習。贅沢。

まったり

うだうだ

ヒライトン



似合うよねー 身長と車両の大きさとポジションと。サイズ感って大事。

個人輸入で入手されたそうです。

少しお話し伺いました。夢が広がる…

アルミ

んー。いい。

***

ちょっとお昼行こか、と

オーダーして出て来てから思い出す

そうや、多かったんやここ… 現在3時前。未だ苦しいw でも旨かった。

師匠も

復活に向けて着々。

手伝ってもらいつつ何とか完食し、

戻って終了。

帰りにTigerworksさんで

祭りの続き。ええなー。

過去最高

今日は香嵐渓で練習会。

シャチョーさんに乗っけて行ってもらいました。現地でヒライトンさんと合流。

微調整に始まり


交換試乗やら



ちゃんとしたランチを呼ばれたり

即売会やってみたり

有意義な休日。

トラックマスターノートンは三菱マグネトーとチェリアーニのフロントフォークのお陰で過去最高の状態。調子に乗りかけると19インチのトライアルマスターがズルズル滑って程よいリミッターにw

あー。面白かった。

あー気になる。

やっぱ難しい

前回のイベントで走行中、すん、って止まって以来エンジン始動ならず。マグネトー?

戻って見ると火が飛んでない。コンデンサー変えると火花復活…したりしなかったり。不安定。

んー

時間だけが過ぎて行く…

そんなわけで素直に

お願いしますー

***

今年は

いっぱい練習されるそうです。しかしいいなぁTY。ここで乗るのはやっぱYAMAHAがサマになるなー。

こわい

ざっと組み付けが終わったので

試走

…こんなにパワーあったっけ?

おそらく点火系がばしっと決まったからと。こ、こわい…

さすが

三菱。

明日はスピニングしまくって前に進まないと思いますw