Contents

とりあえず

当初予定のメニューは一通り完了。

うひょー。タンクのカラー・デザイン、イメージ通り。

トランポがいよいよアレなので近所の河原まで押していく。

あらー。しばらく無理かもね。

おしゃれ

スプリング到着。迅速。

錆び錆び。サビ落としましょ。

興味深いのは入ってた封筒



記念切手をどーんと貼ってるんですね。洒落てますなー

多分もうちょい

タンクのホース取り回し

完了

フロント着地するとき何かしぶきが来る…フォークのトップキャップからやな

ウエス巻いて2、3回

あら


お、おえw

中のシール抜けてますな

ミッションオイルも漏れてたので

液体ガスケット付け直し

CP BURMAN GEARBOX。ギアインジゲーターだけ外せば残りはつけたままの方が作業効率良し。へー。

ゼッケンも

やーっと装着

センセのオススメ

真鍮のワイヤリングで

さてー明日はちょっと亀トラでテストですかね

と、空キック数回…ギヤボックスの中で「ぱちっ」

スプリング折損。振りかぶり過ぎ…そんなにテンション掛けたつもりないんやけどなぁ。。


むずい

あら

一箇所すっぽ抜け。

リコイルのサイズを探そうと

いろいろ見るがやはりダメ

一番近いのは

これ、ですが4山目くらいまで。

ピッチゲージ英インチのも欲しいなあ。。

腰が重い

「バーナーでばーっと炙ってワイヤーブラシでサーっと擦ったらすぐ取れるから」と引継ぎを受けていた燃料タンク。しかし…



めちゃキレイ。手が進まない…

が、言うてても仕方ないので

あー 勿体無い

なーんか危ない作業やなーなんて思ってたら

恵みの雨。ありがとうございますー

あら

パテ当ててる。べっこりいってるかな…と思ったけどそうでもなく。で、だいたい完成。さて、塗装出そうか、と思ってましたが

ワコーズ メタルコンパウンドで軽く磨くと





悪くないなぁ…てなことでこのままで行きます。

あとはエンブレム。手配してたのは

ちょっと色がかぶるなぁ…どうしよかな。