Contents

むずい

あら

一箇所すっぽ抜け。

リコイルのサイズを探そうと

いろいろ見るがやはりダメ

一番近いのは

これ、ですが4山目くらいまで。

ピッチゲージ英インチのも欲しいなあ。。

腰が重い

「バーナーでばーっと炙ってワイヤーブラシでサーっと擦ったらすぐ取れるから」と引継ぎを受けていた燃料タンク。しかし…



めちゃキレイ。手が進まない…

が、言うてても仕方ないので

あー 勿体無い

なーんか危ない作業やなーなんて思ってたら

恵みの雨。ありがとうございますー

あら

パテ当ててる。べっこりいってるかな…と思ったけどそうでもなく。で、だいたい完成。さて、塗装出そうか、と思ってましたが

ワコーズ メタルコンパウンドで軽く磨くと





悪くないなぁ…てなことでこのままで行きます。

あとはエンブレム。手配してたのは

ちょっと色がかぶるなぁ…どうしよかな。



規定値が

全く情報無し。ま、元が馬鹿締めだったのでそこそこぼちぼちに。
プライマリーケース組み付け


トライアンフより

脱着時にベアリングがばらばらになる確率が多いと思う。気のせい?

長いソケットでヤグラ組んでその上で組み立て

ベアリングにオイル注して

クラッチハウジング

がったがただったのでちょっと修正…と思ったけど全然ヤスリの歯が立たない。トライアンフは怖いくらい削れたのに。タッチもかっちりしてる。ええ素材使ってるんでしょうね。

プライマリーチェーン掛けてピストンつけて

シリンダー載せて

もうちょい

今風の薄いレンチも欲しい。が、雰囲気は最高。昔の人はこれでやってたんだもんねぇ。

スプロケット小さくしたので

ちょっと当たる。明日削ろ。

そうそう

ガスケットセット。ほとんどあってもなくてもどうにかなるものばかり。プッシュロッドチューブ周りのパッキンだけかなー。ちと高い。

何と無く

カタチになってきたかな。

ヘアピン

まずはリークテスト。2回目で

OK。

さて、外したもののどやって組むの?のヘアピン型バルブスプリング。悩み続けてふとひらめく。

ふむふむ。なるほど。とりあえず出来たかも。以下、忘備録。

***

用意するのはタイラップ、ニッパー、ウォーターポンププライヤー、マイナスドライバー


まずバルブを

軽く固定

スプリングが座るベースを

載せて

ちなみに幅の広いスプリングが

ベースの周りどめ側

まずはその幅の広いほうを

タイラップで縮める。まあまあタイトに。

コッターとリテーナーをセットして

引っ掛ける。

で、

タイラップを切る。

幅の狭いほうは

タイラップで縮めず先にガイドに掛ける。まあまあグニグニ押し込む感じ。

リテーナーに掛けてから

タイラップで軽く縮める。スプリング前側にずれ込まない程度のテンション。ずれ込むと作業が一気にやり難くなる。

初期テンションは指でもある程度縮めることが可能。グッと縮めて

ある程度入ったら最後にマイナスドライバーで押し込む。で、タイラップをカット。

でけた

やっと次へ進めます。

いよいよか

やーっと届いた

バルブ。

夜な夜な響き渡る擦り合わせの音。カンカンカンカン…

ご近所さんに「あそこの旦那、いよいよ新興宗教かなんかに…」と思われてたりして。