FC2ブログ

Contents

折り返し

ケース分割

クリアランスピシピシ




ざっと洗うくらいで敢えて何もせず。

何やろか

忘れた…

クラッチ

フリクションプレートが減ってますが、部品見当たらず。


規定までもうちょい。ま、とりあえずこのまま組みます。

どこのねじだったかな

旧JIS規格でした。

さてシリンダー



アルミです。軽い!

ピストン・ピストンリングも

アルミシリンダー専用。小端はベアリング仕様に。

折り返してケース組んで…ちょっといやな予感。念のため

マーク位置が合ってるかどうか確認。予感的中。


3つぐらいズレてた…ちゃんと合わせる。

再び組んで





ここ逆ねじ。

スタッドボルト移植

と思ったら


太さが違う…

もうちょい続く…

忘れんうちに

パッと開けて忘れんうちにパッと閉める、で行こうと思ってましたがやはりまあまあかかりました。

怪我も少しずつマシになった頃作業開始。

キッククランクの角度とかまで記録。

今見たら間違ってるな…直そ








まーなんて無いことを記録

さて、以前も外そうとして出来なかったローター


ふむ 工具買えと

クルマ用のマグネットプーラーでクリア

三本爪のプーラーでぐいぐいやって

傷が…

さて

バラしていきます

いろいろ

変わったネジ多し

そんなこんなで

クランク摘出。新旧比較。



文字消したりウェブにコルク詰めたり



付けてくれていたスペアのクランクを利用。

内燃機業者さんのメモ

これが限界って

バルブにアクセス


なるほどね

これがバルブか






組み立て編へ続く。



やらかす

ちょっと乗ろかな

エアスクリューを1+1/2→1+1/8へ。

幹線道路をしばらく流す。目一杯引っ張ってシフトアップするとクラッチの滑る感じが軽減される。トルクが無いところだからか?でもパワーバンド外さん感じはこれはこれでありかな。

燃料が少ないことに気づき、ガソリンスタンドへ。

前はレギュラーだったかな?今回はハイオクを入れ、ちょっと濃い感じだったので混合比を1:30から1:50へ。フルサービスのスタンドだったのでガソリン入れてからオイル投入。車体を振ってまぜまぜ。

帰り道。80からの伸びが少し良くなった…かな?

全開から3割くらい戻しても80巡航は可能。そこからじわじわ開けていくと少しずつ速度上昇。がばっと開けといた方がいいのか?ぎりぎり帳尻合うところの方がいいのか?

…と、突然「ぎゅぅうっ!!」という音と共にリヤタイヤロック。とっさにクラッチを切る。

「ああぁぁ これが世に聞く焼き付きか…」

***

幹線道路の路肩をとぼとぼ歩く。しばらく歩いたところで始動を試みると、動いた。が、ガラガラとうるさい。すぐにエンジンを止める。

やはり混合比が薄かったのかな…1:30になるようオイルを追加。

もうしばらく歩いたところで再度始動。今度は普通。

走らせる。怖いので素早いシフトアップ&徐行で何とか帰宅。

***

翌朝。分解。






あーあ。。

暗中模索

某週末

くっしゃくしゃのワイヤー類を交換。クラッチとチョーク。


一本7,000円やったかな…まあ、フルオーダー。已むなし。

アウターが

色ばらばら。ま、ええか。

出る前

はい

気軽でいいよな 軽いのは





まあでも出してるスピード考えたら危険な服装。思い出すようにピリッとする。

ざっと走って

A.S.H. 1:30。焼けはあんま変わらん。が、ピストンノックの音が軽減したような?

気のせいか。。

「す」

バッフル抜いたらどうなるんだろ、てことで

実験。

始動直後よりかなり煩い。小僧レベル。当時で言うならカミナリ族風?

試走。速い。明らかに色々軽くなる。伏せたらもうちょいで三桁。

耳鳴りが残る…

しばらくこれでいこうかな。