FC2ブログ

Contents

早速

帰りのトンネルで頑張りすぎてからちょっと怪しい感じに。ピストンカラカラ言いはじめるわ、アイドリングが重たい感じになるわで…軽く抱きついたかも?

ピストンは

こんな感じ。

メインジェット

100番

選択肢は

110~150まで。薄すぎるかも。

ミクニ


高さは

現行のと同じ

アタマの形が

現行の丸に対し、6角。丸のでも同じかなぁ…ま、とりあえず買ってみます。

MAX80、平均60。

裏山で走るならこのくらいがちょうどいい。

走り初め



本年もよろしくお願い申し上げます。



びくびく

100km走ってチェック。





んー。よくわからん。

先輩に見てもらうと「ええんちゃう?」と。

走ってると「ひゃー」って音が聞こえる…なんやろか。

ま、徐々に回転上げていきます。

復活

スタッドボルトの長さ確認

んー

これかな?と思われるスタッドボルトを購入

真っ直ぐ立てないと…とはいえ元々穴が空いてるので素直にタップ切る。

よくよく考えたら難しいのはヘッドの穴拡大加工。シリンダーに対して燃焼室をピシッと合わせることができるかどうか。立てたスタッドボルトも直角から僅かに外れているし…

結局1箇所だけ長穴加工。



何とか入りました。ま、とにかく火入れして見ないとね。

パパっと組んで

無事始動。めちゃ静か。ピストンノック音が全く無い。素晴らしい。


しっかりナラシしていきましょ。

折り返し

ケース分割

クリアランスピシピシ




ざっと洗うくらいで敢えて何もせず。

何やろか

忘れた…

クラッチ

フリクションプレートが減ってますが、部品見当たらず。


規定までもうちょい。ま、とりあえずこのまま組みます。

どこのねじだったかな

旧JIS規格でした。

さてシリンダー



アルミです。軽い!

ピストン・ピストンリングも

アルミシリンダー専用。小端はベアリング仕様に。

折り返してケース組んで…ちょっといやな予感。念のため

マーク位置が合ってるかどうか確認。予感的中。


3つぐらいズレてた…ちゃんと合わせる。

再び組んで





ここ逆ねじ。

スタッドボルト移植

と思ったら


太さが違う…

もうちょい続く…