Contents

初デーモン

20100203010106.jpg
SBKのマークが誇らしい。

どんな感じなんでしょうかねぇ。楽しみです。

準備完了

やり始めるとあれもこれも、と結構時間がかかりました。が、すっきりしました。

お散歩

20100207133108.jpg
30kmほど行ってきました。

・PIRELLI CITY DEMONは素直で良い感じ。割にグリップ感もあり、嬉しい驚き。

・A.S.H.オイルと自動遠心クラッチのマッチングが心配でしたが、暖まるまでシフト操作の固さが気になるくらい。A.S.H.特有の「馴染み」が始まったのか、途中からはニュートラルにスパスパ入るようになってきました。次回の番手(FS 0W30あたり?)を再検討しつつ、とりあえずこの状態で様子を見ることにします。

課題も発見。キャブのオーバーフローor燃料コック不良。じわじわ漏れてきてます。フロート室にコックが直結しているので、どっちかわかりません。ま、ぼちぼち行きます。

しかし…やっぱりおもろい。。

あれ?

放置中の630ですが、ちょっと気になる写真を発見。

ここに出品中の570用ヘッド。
1002081.jpg

何故か
091115 (5)
同じところのバルブが曲がってます。

ん~…弱点なのかな?

リセット

カブばっかり乗ってる今日この頃。気分転換に、おつかいのアシに、子供の送迎に大活躍です。

この前キャブのガスを入れ替えるべくGXを少しだけ走らせました。跨って思わず出た一言「で、でかっ」カラダにカブのポジションが馴染んだのか、久しぶりに乗って体がニュートラルになったからなのか、操作が全く楽しくありません。違和感の塊。とりあえずメーカー出荷のポジションにリセットしてみました。
100220.jpg
ノーマルハンドルとの比較。全然違います。

100220 (2)

100220 (3)
正しいYAMAHA車の顔つきになりました。

現時点、違和感も払拭。しばらくこれでいってみます。

続いて
100220 (4)
レデューサーをつけてから突っ張り感が顕著になったので、イニシャル調整。

入れていたスペーサーを
100220 (5)
取りました。

試走。

突っ張り感は消えました。が、もう少しピッチングが欲しいところ。

ヘッドパイプの位置、少し低い気がしたので
100220 (7)

100220 (8)
これくらい上げてみました。

リヤサスの調整も実施。少しずつ好みに近づいているような気がします。ピッチング、多いほうが好きなので、その方向で引き続きいろいろいじくってみたいと思います。
100220 (6)

些細なことですが

クラッチレバーが折れたまま約5ヶ月(笑)。やっと解消。
100221.jpg
同世代のクラッチレバーを近所の中古パーツ屋さんでようやく発見できました。塗装のヤレ具合といい、満足です。

抜きすぎたかな

リヤサスのイニシャル。触ったこと無かったのでやってみました。
100221 (3)
12.2mmから

100221 (2)
11.7mmへ。

これだけでも結構変化ありました。ちょっと動きすぎのような気もしますが、しばらくこれで乗ってみます。

39

進歩なし(笑)
100223.jpg

さて、何回目やろか。
100223 (2)

100223 (3)
切れました。

あーあ。
100223 (4)
タペットアジャスティングツールをセットした時、慌てて逆に回しちゃうんですよね。修正しましょう。

焼け具合は
100223 (5)
ばらばら。キャブかな、電気かな?

シリンダーは
100223 (7)
問題なさそう。

しかし
100223 (8)
次で4枚目か…。

ま、ぼちぼち進めます。
100223 (9)

実家で発見

親父のカブ、昔の写真の中に結構ありました。
100226.jpg

100226 (3)

100226 (4)

100226 (2)
自分の風景の中に絶えずあったんですね。

「オートバイに乗ること」を与えてくれた父親に感謝。