Contents

どんどん旧めに

10年ほど前、体力づくりのために、と始めた自転車でしたが、いざやってみると着替えがオートバイのそれ並みに邪魔くさかったり、なんやかんやと小物でお金がかかったり…思った以上に時間や手間がかかり、結局手放したのが去年のこと。

最近、自転車での運動の代わりのつもりでジョギングを始めました。最初の頃はしんどかったですけど、少しずつ慣れてきて、ある程度心拍とカラダが落ち着くと何とも快適。

毎日走るのが良いんでしょうけど、あえてそうはしません。「毎日走る」のを目標にすると、一日でもサボると「目標未達」の負い目から一気に嫌になるタイプで、過去に何度もそうなってきているので。。

しかしここ最近は数日空けると「走りたい」とカラダが欲するようになってきました。ま、いい傾向かと。

***

「運動不足解消目的」という従来までの自分の中での「自転車ポジション」みたいなものは補完されたんですが、ヘルメット無しで乗れる普段の足であり、その気になれば風や景色をのんびり楽しむツールとしても使える自転車がほしいなぁ…と思っていました。

普段の足、ということであれば、スーパーの駐輪場にぽいっと放っておけるようなものでないとだめですし、かといって今売られている使い捨て自転車も乗る気にならない。

で、考えた結果が「国産の実用車」。このときすでにその考えは固まっていました。で、こそこそとホリゾンタルフレームの実用車をウォッチ。予算は送料込み・乗り出せる状態にして1万円まで。しかしこれがなかなか予算に合う出物が無いんです。安いのはたいがいタイヤがだめで、高荷重対応の高価なタイヤを履かなければならない実用車はその時点でほとんどが予算オーバー。いいのがあったらあったでマニア達の取り合いで値段が上がったり。

***

一方、去年春ごろから気になってちらちらと情報収集していた際、とある方のBlogで見かけた「Roadster」と言うジャンルの自転車。
sunbeam.jpg
これが本当に何ともいえない雰囲気をかもし出しているんです。惹かれます。

1920年代から30年代頃、英国はじめ欧州で作られていた自転車の一種で、名前のイメージ通り「公道での普段使い+ツーリング+スポーツランのための車両」です。見た目から「実用車のベース・始祖のようなもの?」と思っていました。

しかし、その内容・造りとも全く違います。

先日このエントリーにコメントをいただいたraijin & fuujinさんのBlogにその素晴らしさがたくさん書かれています。知れば知るほど全くの別物。「モノとして正しいものに触れて、自転車の本質を学びたい!」興味が沸き、調べまくりました。どうすれば入手できるのか?価格は?補修部品は?…いろいろ調べましたが結局全く分からずじまい。

その前に「道具として、生活の中にどれだけ取り入れることが出来るか」という点から考えると、まだその時期ではないと判断。先に「普段から自転車を使う人間」を仕上げないと、単なる「モノ集め」に終わってしまうのではないかと。僕の悪い癖でもあるんですが(汗)。

***

で今回、ぴったりなのが出てきたので
100402 (7)
そんな悶々とした状態からとりあえず一歩前に出てみることにしました。

100402 (5)
片倉シルクのスポーツポニーという自転車。

100403.jpg
シングルスピード、ロッドブレーキ。
出品者曰く25年ぐらい前の自転車だそうです。「スポーツ」と言うネーミングから拡大解釈してみたんですが…多分ふつーの軽快車(いわゆるままちゃり)なんでしょうね。

しかし、色(黒が欲しかった)・フレームの形・予算・そして何より、色々な意味で「今よりもいい時代」に作られたモノであるということ、全て望み通りなので満足してます。

ちょっと乗ってみました。嫁さんの自転車より少しだけギア比が高い?ような気がします。とりあえず乗るだけ、のつもりでしたが、ライト・革のシート・サドルバッグぐらいは取り付けたいなぁ…なんて考えてます。

気がつけば、身の回りの乗り物がどんどん旧いものになっていってます(笑)。

お花見


朝からふらふらしてます。山手のほうはまだまだ見頃ですね。

先ほどSS2GO!くんとすれ違いました。こういう偶然って、何かいいなぁ。

餅は餅屋なのか


バイク用に、と購入したmont bellさんとこの登山用ブーツ。最近、これを履いて暴風雨の中を約2時間ばかし走りました。

道中、轍にできた水溜まりをフロントタイヤで踏んでばっしゃーんとやらかしてしまいました。しぶきのほとんどがブーツを直撃。「これは靴下が濡れてくるな」と覚悟しましたがしかし…じわっときません。その後も何度かくらいましたが結局靴下は全く濡れませんでした。

帰宅。凄いブーツやなぁと思いつつ、「ゴールデンウィーク」(笑)のロゴが入ったカッパを脱いでみると、びっくりするくらいぼとぼと。股下、ジャケットの下1/3を中心に、その他浸水許しまくり。着方にコツでもあるんかいな?確か上から二番目のモデルで、結構高かったんだけどなぁ。

モノの本質を見極めるって難しいですね。

必死です

嫁さんのケータイが壊れたのでケータイショップへ。僕のもスライド部が調子悪かったんでどさくさにまぎれて購入。
DSC02980.jpg
Sony EricssonのXPERIA。メールの設定、入力方法等、ちょっとしたパソコンみたいです。理解するのに必死(笑)。まだまだ解らないことだらけですが、結構遊べそう。

たまーに押し間違えて変なコメント投稿したり、打ちかけのメール送っちゃったりするけどね…。