Contents

まだまだ


今日は昼からBonnieをごそごそ。

出来事が多すぎるので箇条書き。

プライマリーチェーンカバーのガスケット、三回目の失敗。まだ漏れる。

前回の失火原因を調査。とりあえず点火時期をタイミングライトで確認。ケガキ線、全く出ず。ん?

Tigarworksさんに電話相談。「でも前に走ってるのを見た限りでは特に問題ないと思いますよ~」…じゃあ気にしない。俺、単純。

とりあえず動かしてみようと準備してたらokakenさん登場。

じゃ出発、と思ったらエンスト。クラッチ張り付き。何度かやらかす。

で、前に思い付いたことを実践。エンジンをかけ、押して勢いをつけ飛び乗り、ギヤを入れ、アクセルをオンオフ。何度か目のアクセルオフで解ける。ひとつ成長した?


今日の検証目的は前回の失火原因調査。30分位走ると突然調子が悪くなるという現象を再現させるため、あてもなく走る。

果たして30分後。来た。2次エアを吸ったような症状。予定通り。エンストしつつ、近くの2りんかんへ。

キャブのエアスクリューかなぁ、と触っていると、アクセルワイヤーがちゃんとスムーズに動かないことを発見。交換決定。

で、プラグを見ると、左右違う番手&7番と8番という高熱価のものが入っていたという…購入時の動作確認のときのまんまでした。ったく、ちゃんと見なさい。

プラグを替えると普通にアイドリング。恐らく原因はプラグ(-_-;)

あとはスロットルバルブの微調整で次に進めそう。

okakenさんと別れて、家の近くでエアスクリューを弄くってるとエンスト。再始動させようとすると今度はキックペダルがおりない。ガッチガチ。とりあえず家まで押して戻る。

クラッチを握るとキックペダルは踏み下ろせる。繋ぐとダメ。もしや…抱きつきor焼きつき?一気に緊張が走る。

ミッションオイルの投入口から中を覗く。特に大きな変化は見られない。

もしや、何かの拍子で咬み込んでるだけ?つか、そんなことあるの?と思いつつ、ギヤを入れ、バイクを押し引き。しかし変化は無し。

終わったかなこりゃ。ちょっと疲れたのでしばし仮眠。

ふと思いつき目をさます。

プラグを抜き、5速に入れ、クラッチを握らず押し引き。お、ピストンの動く音。ひょこひょこ。

でもオイルのウォーニングランプは不灯のままだし、オイルポンプのトラブルが多いらしいし、仮眠の間に冷えて動くようになったのかもしれないし…気は抜けません。要確認。


再始動を試みる。エンジンはかかるがばすばす言う。見るとアクセルワイヤーがとうとうダメ。左のキャブが全く動いてない。アクセルワイヤーが来るまで、大人しくしよう。

***

こうやって、少しずつ理解し仲良くなっていく。ま、ぼちぼちいこか。


丸くない


アクセルワイヤーを外そうと分解中、新たな問題発見。

スロットルバルブ、むちゃくちゃ動きが悪い。ご覧の通り、ここから落ちてくれません。

百歩譲って。左右ともこの位置は多少抵抗がある。しかし右側は蓋を閉め、スロットルバルブが下まで落ちると、ちゃんと動く。問題はこの左側。引っ掛かってまともに動いてない。上から見ると丸くない。

キャブのボディが歪んでいるのか?と取り付けナットを確認したが、ほんとに軽く締められていたので問題ないと判断。

バルブを削って調整なのかなぁ…。


降水確率60%ということは


晴れる確率が40%もある、ってこと。

何かいいなぁ。

ちょっと行ってきます。


やっぱりおかしい


火は飛んでるけど何かおかしい。見れる範囲でやってみよう。


ん?


左側のプラグ、生ガスべたべた。

で、何かよくわからん金属片が…。


あれ?


排気バルブが顔を見せない…。


おった


バルブはちゃんとあった。

しかし、クランキングしても動かない。

むー。


クリアランス過大


…約10mmぐらい。。

プッシュロッドが完全に遊んでます。外れるなんてことがたまにあるのか、タペットが終わっているのか、それとも…こんなもんなのか。

調べてみましょう。


何れにせよ


開けて正解だったかも。スタッドボルトゆるゆる。手で回った…。

***

プッシュロッドは曲がり無し。ここであろう、という位置に手探りでプッシュロッドを乗せ、キックペダルを踏むと問題なく動く。何だったんだろう…。

問題なければいつものように深追いせず(笑)今回はぱぱっと組みたいと思ってます。

***

しかし、このエンジン。ホントに触っていて楽しい。「整備することが前提」の設計。LM3を触っているときの感覚に近い。まさに望み通りの感覚。充実してます。


圧縮測定


タイガーワークスさんに「圧縮測ってみましょう」とアドバイスいただいたので早速測定。規定は7.9:1。左右とも特に問題なさそう。ほっとひと安心。

こういう正しい数値って、まさに安眠の素。ゆっくり眠れそうです。