Contents

聖地巡礼

今日は仕事で寝屋川市まで。少し時間ができたので、帰りにあのお店へ。いつも留守っぽい感じなんですが、今日はいてはるかな~・・・お、いたはった。

初めて小川モータースさんにお邪魔しました。このときのこと、覚えててくれました。光栄。

店内は当然英車がほとんど。ボンネビルより前のモデル、初めてじっくり見せてもらいました。

話の中で昔と今とを行ったりきたり。横にはその間をずーっと生きてきたトライアンフ。今日も本当に勉強になりました。

111201.jpg

そのうち、必ず、ね。

おかえり


Bonnieのヘッド、戻ってきました。

・緩んで落ちたバルブシート 打ち換え
・残りのバルブシートはシートカット・ステムガイド~バルブステムとの擦り合わせ
・バルブの掃除

落ち着いて組みたいと思います、

私的難関


実は気が重かったんです、スタッドボルト抜き。固着してたらどうしようかと。

P1.5のナットとヘッドボルトをダブルで。すんなり緩みました。もしかするとこのエンジン、一度オーバーホールしてるのかも。

少し気が楽になりました。


磨きなおし

数ヶ月前。takashibaさんとの雑談「最近やってるんだけど、めちゃめちゃおもろいよ!昔やってたんならもう一度やってみれば?」

そしてこの記事でふつふつと興味が再燃しだした「アレ」。

いろいろ調べてみると数年前に比べてハードもソフトもかなり充実している様子。

いいタイミングでtakashibaさんがいいのを見つけてくれたのと、何より「2輪を乗る上での基礎」がしっかり鍛えられ、磨かれる。来年に向けてそろそろ・・・という気になってきたので
111207 (3)
えいっ。

Orionと言うメーカーのBTR。安いです。MONTYやらKOXXの半額以下。中華。「安いからちょっとぐらいの傷は気にしないでね」と言う思い切った姿勢がかえって良いなぁ、と。

さて、初めての自転車組立て。ステムを触るとごりごり。開けてみましょう。
111207 (6)

111207 (7)

111207 (8)
あらら。すっかすか。

111207 (9)
当たって錆びてます。。

111207 (10)

111207 (11)
べっとり塗っときましょう。

ペダルもごりごりなので
111207 (13)
オイルとか入れてみたり。

車輪をセットしてまわすと
111207 (12)
ぶーんって。タイラップで固定。

ノーマルではチェーンラインが合わないってことで
111207 (1)
頂いたリヤスプロケットに交換。

そんなこんなで
111207 (2)
完成。他にもいろいろ気になるところは満載。とはいえ、まぁ初心者には十分すぎる内容じゃないかと。

***

ちょっと乗ってきました。静かな公園で一人スタンディングの練習。地味だけど楽しい!ぼちぼちやっていきたいと思います。

モトコンポ並み


保管場所決定。


私的難関その2

ロータープーラーが逆ねじ+寸法も汎用では間に合わず。ディーラーさんに問い合わせるとプーラーだけで6,900円+tax、ばらしたところで今度は組み立てに必ず要るクランクのインストーラーが26,000円+tax。この工具の価格もなかなか腰が上がらない要因でした。

パーツを買えばどこかが貸してくれるかも、と言う声も。しかし、借りたら返す日のことを気にしないといけないし、組んで工具返却してから失敗に気づいてまたばらして工具借りて・・・何かうっとおしいなぁ、と。

何より、こいつはずっと乗るつもりなので、その覚悟も含めてこの際工具を入手しようと思ったわけです。

***

とはいえなーんかいい方法ないかなぁ・・・と、ふとひらめいた海外通販。Bonnieで散々やってるし、白ハスクをがっつり触られている方のHPでもそういや海外からパーツ仕入れてたよなぁ、と。

どれくらいでわけてくれるのかなぁ・・・ま、やってみましょうってことで前からちょいちょい覗いていたR&D Huskyさんへメール。

時差がほとんどないオーストラリアだからか、レスポンスの良い返答がぽんぽん来ます。そして価格。円高の恩恵もあり、送料入れても日本価格のほぼ半分。他のパーツ(コンロッドやら)は日本とそんなに変わりませんが、工具に関していえばぜんぜん違います。向こうのほうが自家整備の方が多くて需要高いからかなぁ。とにかく、やり取りの中で信頼できるディーラーさんであることがわかったのでオーダー決定。

で、paypalでオーダーしたのが今週月曜日。納期はあえて聞かず。さてどれくらいで到着するかな~と楽しみにしていたところ。

111209.jpg
到着。早いっ。

とてもしっかりした造りです。これでためらうことなく失敗・・・じゃなかった、取り組むことができます。

昼休み

ちょうど担当エリアの山手でお昼を迎えたので
1112101.jpg
お得意様の敷地から20秒。某林道をごそごそ。

1112102.jpg
見学させてもらおうと思って行ってみましたが、留守。

弁当食って、せっかく来たので駐車スペースで食後の運動。汗だく。

でっかいタイヤの上でダニエルとか、できるようになるんやろか・・・。

Husqvarna SM630R エンジン分解記録 純正プーラー検証

考えてみたら
111211 (1)
ローターを固定しているナットは逆ねじでも、ローターに切ってあるタップは正ねじ。

ということはわざわざ純正じゃなくてもよかった?ん?
111211 (3)
M27の正ねじ…ストレートで見たような気が。。アレ?

値段はほぼおんなじだし。ま、いいか。

Husqvarna SM630R エンジン分解記録 ローター・オルタネータ取り外し

24mmのレンチで押さえて、インパクトレンチ+16mmで回すも、なかなか外れず。何度か押し引きして脱去。
111211 (2)
さびが邪魔してなかなか抜けてくれませんでした。分解歴、再びわからんようになってきました。

オルタネータは
111211 (4)
このラインであわせると。

111211 (5)
4mm Hex3本で固定。0.58÷0.64kgm。少し首が長めのソケットが必要。

Husqvarna SM630R エンジン分解記録 クラッチカバー

さていよいよ腰下。
111211 (6)
クラッチカバーから。

111211 (7)
キッククランクが干渉する部分、ひしゃげてます。

0.68÷0.76kgm