Contents

初夢

630エンデューロレーサー計画、ちょっとしたモトクロッサー買えるくらいお金かかりそう…



何せダート走りたいんだな。



普段の脚にも使いたい。



VMXにも絡んでいきたい。



BSAやらTiger Cubは金銭的に無理。身分不相応。モノには順序ってものがある。



自分のファーストバイク DT125、敢えていってみるとか。



そういえばさらに旧い空冷のは175があったりしたな…。

***

と、ここで初夢終了。

僕の言うことって起きていても寝ていても寝言レベル。その差の無さが怖い。でもまあ、悪い選択じゃあないかなぁ。


これ。

考えるのはタダ。今年もいろいろ妄想しましょう。

めんどくせ


ロッカーボックス固定用のタップ、リコイル開始。M6のピッチは1.25。こんなのあるの??

あと


ロッカーボックス下側のナット。
WW3/16。11mmでもOKなのかな?ピッチは1mm。

こういうのが時間かかるよね~。


ブレーキシュー交換


舟形って言うんですって、このブレーキシュー。近所の老舗自転車店にお任せ。リヤブレーキのロッドの修正もしてもらいました。バッチリ。

預けた際、代車をかりました。一文字ハンドルがついたいわゆるママチャリ。キャスター立ってるくせにフロントヘビー。何だこれ。。これでかごに荷物のせたら…。ま、どうでもいいですね。


まだまだ


このままの光量では車検が危ういので、リレー取り付け。ハイビームだけ。ロービームは行灯のような優しい灯りを楽しむのです。

整備することで深まる温故知新…ええけど、もう結構お腹いっぱい(笑)そろそろ走らせたいなぁ。

やることやりたいことまだまだ満載。きっちり仕上げて…と夢見てましたが、きりがない。きっとこういうもんだ。とりあえず、動かそうと思います。



朝からリレー配線の仕上げを。この手の作業の際、おっちょこちょいの僕は人の倍、ギボシを消費します。。

何かうまいこといったみたい。明日休みとれたら登録に行こうかな。


やってもた


クラッチレバー縛っとくの忘れてた~再びがっつり張り付き。何か知らんけどエキパイ熱で真っ赤っかになってるし、回転の落ちも悪いし…明日は無理かなぁ。

クラッチプレート、よく考えたら35年モノ。換えた方が良さそう。


やってもた パート2


一旦ふとんに入ったものの、横になってサービスマニュアル見てたら気になって気になって。夜な夜な作業を始めて、先ほど終了。

フリクションプレート、からっからに乾いてへばりつきまくってました。プレート自体の寿命なのかそれとも流動性の高いA.S.H.オイルが仇になっているのか。ま、とりあえずばらして組みました。

修理中のバイクのことが気になって仕事が手につかないのを取るか、朝まで作業して精神的にすっきりするものの眠くて仕事が手につかないのを取るか…どっちみち仕事は手につかないのです(笑)。さ、少し寝ます。


落ちた


ヘッドライト光量不足。走ってもチャージしてないような感じも。ちゃんと発電してるのかな?検査費用2,000円、損。パチンコで負けたような気分…今回の仕上がり、自信ないけどとりあえず…と、ギャンブルに近い感覚だからそんな気分なのかも。

***

5,000rpmから上、ぶんぶぶぶん言うてすっと回らない。かなりシビアだと聞くアドバンサー、ばらして動作確認か…で、ばらして組んでエンジンかからんようになって復元出来ずにそのまま深い眠りへ。。あーもー、触りたくない。

リヤブレーキも何故かまた引きずりだしたし…。

何せ準備不足。詰めが甘い。

***

しかしキャブの目視同調やらプライマリーチェーンケースのオイル漏れ解消やらリレー配線やら、上手くいったところもあり、気分的には微速前進できた感じ。

久しぶりに日の光を浴びたBonnie。気のせいか、熱が入ると色艶が濃くなるように見え、何だかますます燃えてくるという…ビョーキやね。


落ち着いて急ぐ

小6のときの担任、西野先生に言われた言葉「慌てろとは言うてない、落ち着いて、急ぎなさい」ちんたらやって早一年経過。このまま行くと・・・慌てず、しかし急いでやろう。今はそんな心境。

***

さて、昨日の駄目出しに対応すべく、Tigerworksさんにお邪魔していろいろと問答を。ヒントやら答えやら、惜しむことなくいろいろと教えてくれます。ありがとうございました!

で、帰りに近くのパーツ屋さんに。
1201191.jpg
同等品を購入。

5000rpm以上回らないのはこいつが悪さをしている可能性大とのこと。エンジンは普通にかかるがかぶったような感じになる場合
120119 (8)
このコイルが駄目になっているのが多いと。

そういえばバッテリー周りの配線でアースを失敗してつないでいたとき、ある朝ふとコイルを触るとびっくりするくらい熱くなっていたことを思い出しました。おそらくそのときに焼いてしまっていたんでしょう。

同梱されている端子の数違うし・・・
120119 (9)
ま、2箇所しか使わないからいいんですけど。

ついでにコンデンサも交換。こいつを
120119 (10)
裏返さないと外しにくい。

完成。
120119 (11)

交換作業が多くって、何だかなぁ…何でも変えたら済む、みたいなのは本意でない。。ま、いじり壊したのは自分ですし、そもそも35年も経った電気周りは仕方ないですかね。