Contents

確立10%


…を確実に仕留める(笑)。

さ、行ってきます。


理解者限定ツーリング

昨日も朝からぶらぶら。前日、okakenさんと電話。ご一緒いただくことに。Triumphで一緒に走るのは初めてかな?

集合。
120603 (1)

120603 (2)
いいなぁ・・・T120R。

出発時、家の近所で雨がぱらっと来ました。雨雲レーダーを見ると微妙な感じ。ま、とりあえず行きましょう。

と、ステップが緩んでいることを発見。先日締めたんですがまた・・・いまやってもいいですか?「もちろん!」
120603 (3)
手元にある工具で何とかやっつけ。

***

行き先は高野山。さて、どうなることやら。

まずは鍋谷峠。良く似たバイク、そしてマナーのある達者な相方。一緒に走っていてものすごくラクで愉しい。ええなぁ。

一山越えたあたりでT120R、失火・エンジン停止。しばらく冷やすと復帰するとのことなので、僕はその間
120603 (4)
キャブをごそごそ。4000rpmあたりの引っかかり、現在のMJ #240がでか過ぎるのでは?という仮定。#220に変更。

鳥の声を聞きながらの作業。
120603 (5)
いいもんです。

さて高野山道路。がぼがぼ言って進みません。4000rpmあたりで引っかかってそこから上に行かない。シフトダウンして高回転をキープしてやれば走るんですが、しんどい。okakenさんは恐らく3速から下は使っていない様子でしたが、僕は3速より上は使っていない。。そんな感じ。

高野龍神スカイラインに入っても症状は良く似たもの。標高云々ではないと思われるレベル。ASを締めたり開けたり。何をやってもよくならない。強いて言うなら濃くすると調子よくなるような気が。理論上は逆のはずなんですが。。

護摩壇山パーキングでプラグチェック。
120603 (6)
真っ黒、特に右。

そういやチェックしていない右側の点火タイミング。
120603 (7)
ここかなぁ・・・

ってことで「勘」でさわってみることに。右の配線色をチェック。
120603 (8)
黒・黄。はい。

左に比べてクリアランスが狭かったので
120603 (9)
広げる。が、変化無し。

ベースプレートを
120603 (10)
早めたり遅くしたり。しかし、変化無し。何をやっても一緒。

とりあえず初期状態に戻し、出発。

***

高野龍神スカイラインの下りをぴゅーん。快走。

決して速い、というわけではないと思う。が、速く走れていると感じることができる。実に愉しい。知らないコーナーにそこそこのスピードでぽーんと入ってもおっとっと、とならない。思うところにラインを運べるので、安心してコーナーをクリアしていける。

例えばダンピングしかり、ばねレートしかり。サス単品に注目すると正直まともに走ることすら・・・となるけど、しっかり走る。しかも面白い。サスやらタイヤにあまり依存しない、ってことになるのか。

別体やらなんやら、エンジンばかりに気が行きがちですがこのバイク、実は車体が相当錬られたものではないか、と。

国産4発からオフロードバイク、DucatiやBMWを乗りに乗り倒したokakenさんがヘルメットを脱いで一言「愉しい!」と少年のような表情。共感。

***

さて、昼飯。その前にプラグチェック。
120603 (11)
ありゃ。さらにひどい。

飯を食いながら瞑想。とりあえずプラグ交換してみることに。出発。・・・すると。例の谷が消えました。プラグ?

しかし程なく元通り。ん~、すぐにかぶってしまう何か、ですかね。思い出したとある情報にめぼしをつけつつ。

***

山越えをあと1つ残したところでokakenさんが「ガソリンいけます?」・・・さっきの山頂でリザーブになった旨を伝える。ま、最後の1つはたいしたことないしいけるでしょう・・・。
120603 (12)
無理でした。頂上を越えたあたりでエンジンストップ。

惰性で下り、20分ほど押して給油完了。10Km/L切ってました。なんちゅう悪さ。okakenさん、お待たせしました。

***

帰りの高速は回転フィールに違和感あり。いつもみたいに楽に回らない感じ。回しすぎ(8000rpmとかやりまくりw)で少しアタリが変わったか?タペット調整、見ないといけませんね。

最後のPAにて。
120603 (13)
オイルがぽたぽた漏れてきています。このエンジンにはオイルが入っていることを確認(笑)。ぼちぼちいきましょう。好いたところで止まり放題いじり放題勝手し放題の僕にお付き合いいただいたokakenさん、ご理解ご協力ありがとうございました。

***

帰宅。ブレーキを握るとメーターパネルの照明が点くので確認してみると
120603 (14)
アースがぽろり。配線引きなおし!

***

長男「おかえり~遅かったな。またどっかでエンジン止まったん?」

うっせwいろいろあるんじゃよ、バイク乗ってると。

続きは風呂で話すわ。行こ。
120603 (15)
風呂上りのマミーを味わいつつ、次はどこに行こうかなぁ、と。

まわるまわる

回らんでもええところががんがん回る。

なんでフォークオイルが滴り落ちる?と思ってトップキャップを見たら
120609 (1)
緩んでました。こんなところ緩む?

メーター類も本体そのものがぐるぐるまわるので
120609 (2)
防振ラバーを交換。タコメーター側、さらに工夫が必要でした。

いろいろあります。

固定だったんですね

オイル漏れがあった
120609 (3)
この部分。ばらしてみましょう。

ケーブルを
120609 (4)
外して

ふたを
120609 (5)
外す。こういうのにあうマイナスドライバー、そろそろ要りますな。

なるほど。
120609 (6)
こないなってますか。

磁石で
120609 (7)
引っ張り出して

120609 (8)
この中のナットがゆるゆるでした。ここって動くもんだと思い込んでました。

120609 (9)
増し締め。

そのままふたしてもよかったんだけども
120609 (10)
ばらして掃除。

120609 (11)
シールつきのワッシャ。とりあえず再使用。

オイル漏れはとまりましたが、ちゃんと回転数を指せていないような気が。締めすぎかなぁ・・・。

順番逆?

本来真っ先にやるべきなんでしょうけど・・・
120609 (13)
このあたりのパーツを新品にしてみました。

さてキャブをばらそうとすると
120609 (14)
緩んでました・・・。増し締め。

ん~
120609 (15)
良く当たってますね~。

さて
120609 (16)
針です。

上端も
120609 (18)
違うし

針の先なんかは
120609 (17)
全然違う。

120609 (21)
SS FUSEさんで教えてもらったのがこの部分の異常。ニードルが極端に減っていた→何をやってもすぐにかぶる→ニードルを変えたらぴたっと普通になった、という情報。こいつか?

測る位置・方法はむちゃくちゃ。ですがやってみました。


120609 (19)


120609 (20)
新しいほうが少し太い?ま、この測り方ではなんとも・・・。

針の表面は
120609 (23)
がったがた。

ガスケット類は
120609 (22)

キットに入っていたもの全てを交換。
120609 (24)

エアスクリューのO-リング
120609 (25)
片側が傷んでました。

120609 (26)
交換。

最後に
120609 (28)
タペットクリアランス調整。左前以外、ゼロ。IN:0.2 EX:0.15で再調整。

テールランプの配線は
120609 (29)
とりあえず国産のコネクタを使用。直りました。

***

さて、試走。

まず、始動時の圧縮が大幅にアップ。今まではゼロクリアランスでバルブが絶えず少しだけ開いていたわけですが、ここまで変わるとは・・・。

そして、例の谷。完全に消えました。2,000rpmあたりからそこそこ開けても息つかずすっと加速してくれます。あとはこの状態が何分持つか、ですね。

高回転域を試す前に
120609 (30)
明るいところwで諸々チェック。OK。じゃ回してみましょう。

結果。スパッと回るようになりました。振動は相変わらず多いけど、ま、こんなもんかと。

次は山道でチェック・・・と思っていたら新たなトラブル発生。。

わお


いい感じ。


2つめ

ここ最近、ガソリンの漏れがひどかったんです。キャブの下に新聞を置いておくと一晩でまっかっか。

コック?それとも交換したシール?違いました。なんと燃料タンクのクラック。2箇所目です。先日無茶したせいなのか。。

で、前回のタンクリペアの際にコメントで頂いた方法をやってみることにしました。

はぁ めんどくせ。
120610 (1)

前回の作業後、片付けの際に工具を落として「すかーん」と
120610 (2)
やっちゃいました・・・。ま、ヒストリーってことで・・・ん?

さて前回の作業箇所。
120610 (3)
何とか持ってくれましたが、ここもやり直し。

水で
120610 (4)
洗浄。

エアを送ると
120610 (5)
ここから出てきました。

まず
120610 (7)
塗装をはがして

熱を
120610 (8)
かけ

半田ごてで一気に流す。
120610 (9)
こんなもんかな?

こっちも
120610 (10)
しっかり塗装をはがして

120610 (11)
しっかりあぶって半田付け。

とりあえず漏れは止まりました。あとは走って振動をかけて問題ないかどうか、そして問題ないなら仕上げの塗装をどうするか、と。

上下各一枚


サーモスタット付近からの水漏れ、やっと意味が解りました。二枚重ねて使うのではなく、矢印のところに一枚とサーモスタットの上に一枚、計二枚、ということのようです。

水冷は不馴れなもので…違うかw

さて、ちょっと試走してきます。


メンテナンス中

金曜日は仕事を休み、朝から歯の病院でメンテナンス。

もう約2年、一人の先生にお世話になっています。この先生、お医者さんでありながら「やってあげてる感」ゼロ。素晴らしいホスピタリティを提供し続けてくれています。こんなにぶれない人、はじめて。毎回、感謝。そしてとても勉強になっています。

・・・松田聖子ちゃんの気持ち、わかるわ~。

***

思ったより早く終わったのでそのままぶらり。地図で気になっていたルートへ。

道中、アイドリングが不安定に。これは・・・同調?気になってばらすと案の定。小1時間かけて調整。

さて、気になるルートに突入。
120615 (1)
ん~道幅が狭い区間がほとんどなのであんまり・・・ま、参考になりました。

道中、久しぶりにリヤブレーキがフェード。路肩でエア抜き。完全には直ってない様子。

ちなみにエンジンはこんなワインディングでも難なく走れるまで回復。針治療ですなw

***

お昼。一度行きたかったお店に向かう。
120615 (2)
パスタランチを頂く。旨いっ。また来ます。

***

カウンターにどこかで見たことのあるお方・・・そうだ、愛でる会や英車の集いで見かけるあの重鎮。

と思っていたら声をかけていただいた。「あのJubileeは長いこと乗ってはるんですか?」

かいつまんでお話しするとすぐにピンと来た様子。ん~世の中狭い。

後でTigerworksさんに行くんです、というと「私も行こうと思ってたんです」。

じゃあ、一緒に・・・とはならずに「じゃあ後ほど」と。ご本人曰く「一台くらいはぶっ飛んでいけるのを持ってないとね」と言うK1200Sで、すいっ、と先に出発されました。

なんか、いいなぁ。

***

120615 (5)
到着。

Gold Star乗りの田中さんやあたりさんらと談笑。

あまり良く知りませんが
120615 (6)
BSA Rocket3の整備を見学。

120615 (8)
赤コイル3連装。

120615 (9)
AMAL3連キャブ。想像するだけで・・・。

あたりさんのNorton Commando
120615 (3)
AMAL mk-2のセッティングに勤しんでおられました。しっかしこれもでかくて本当にかっこいい。前後19インチ、いいなぁ。

雨が降る、との話でしたがなかなか降らないのでもうひとっ走り。

道中2回目のリヤブレーキフェード。信号待ちでエア抜き。。

120616.jpg
Max Fritz KOBEさんへ。(無断拝借失礼!)あーだこーだとお付き合いいただく。

帰りは高速で。家の手前10kmほど降られましたが、上々です。

***

今日の追加オーダー。

その1
120615 (4)
ガソリン漏れ再発。どうも漏れやすいらしいです。今すでに施工されているコーキング、恐らく前オーナーがやったものらしく・・・ま、もう一度同じ手法でやってみましょう。とりあえず

120615 (10)
ガソリンは携行缶へ。

その2
120615 (11)
リヤブレーキ。

良く見ると
120615 (12)
センターが出ていない様子。やっぱり出てないとだめなのかなぁ。

どうやって計測しよう・・・としばし考え
120615 (14)
シクネスゲージで計測。

すると
120615 (15)
前側は特に測りにくかったのでアレですが、とにかくセンターが出ておらず、かつ平行もとれていない様子。

取り付けるプレートを修正するのか、シムを作って調整するのか・・・検討してみたいと思います。

収穫終了


今年は少ないね。