Contents

ふー


今日もいいお酒でした。


鈴鹿でキャンプ

子供と一緒に行くと安く遊べる鈴鹿8H。あつしくんとこと行ってきました。ざっと総括。

***

なんやかんやでスタートが遅れ、仕込んだカレーを温めよう、ということで
120729 (6)
針TRSでいきなりルンペン風w食いながら移動し、遅れを取り戻す。

到着し、テントを張るとすでに17:00ぐらい。メシ前に風呂入ろう、ってことでクアガーデンへ。何でかがらっがらだったプール。水が冷たくて気持ちいい。思い存分泳いで遊んで

晩飯。
1208062.jpg
やっほーい。旨い!

ぶらっと駐車場を散歩。
120729 (1)

1208063 (1)
時代的にはやはりこの辺に目が行きます。関東圏のナンバーが多かったなぁ・・・。

戻って呑みなおし。気がつけば

朝。あれ?
120729 (8)
僕が一番早く寝たみたい。

朝飯作って
1208061.jpg
片付けて。

決勝日。

特設ブース。やっぱり
120729 (10)

120729 (2)

120729 (5)

120729 (4)
オンタイムで見ていたマシンには特別な思い入れがあります。素直になろうw

120729 (9)
ぎりぎりスタートだけ見て

120729 (11)
すぐにプール。まったり3時間ほど。

後に
120729 (12)
遊園地。8Hウィークはフリーパスが安い。

観覧車から
120729 (13)

レースの模様を。
120729 (14)
わかるかいな。

未経験の
120729 (15)
ゴーカート。ブリーフィングやらなんやら、本格的。

前回来たときにフルコースのカートで長男(青ヘルメット)に負けたうちの次男坊(エンジのヘルメット)、リベンジなるか。

ん、ライン取りなかなかええやん。徐々に追いついてる。最後がクラッシュというのも彼らしい。「おにーちゃんがイン閉めてきた」興奮しつつ一生懸命インタビューに答えてくれました。果たして、ベストラップは長男を上回る22秒台。よくできました。

この後、あつしくんと僕もこのコースの裏にある大人向けカートコースを利用。結構面白い。2人してライセンスカード作ったりなんかしてw

そんなこんなでレースはほとんど見れませんでしたが、ま、そこにいるということが大事かと。

また行きたいですねぇ。

安心感

さて、ツーリングの日も迫ってきたのでちょっと焦りましょう。ぱぱっとばらして
120806 (1)
約1時間でここまで。

わずか
120729 (18)
これだけの道具でここまでいけるとは。

抜けていたシリンダーベースガスケット。
120806 (2)

120729 (17)
初期緩みの増し締めをせずそのまま使用→熱でガスケット硬化→弱くなったところに圧が集中→高速走行時に吹き抜け、ということかと。

組み付けはのんびり慎重にやって3時間ほど。「気軽に取り組める」という安心感。

順番。

先日、京都の帰り道に点かなくなった後ろのウインカー。譜面台のごとく
120729 (19)
miniにお手伝いいただきつつ。

しかし配線に問題なし。

そして良く見ると・・・球切れ。自分の配線工事に本当に自信が無いので、球切れの前に自身の配線不具合を疑ってしまうというw

ということは
120806 (5)
ウインカーステー直付けが問題なのかと。振動が一番遠いところ(=電球)に全て逃げてしまっている?

であるなら、あのぺらぺらステーも振動吸収という点では意味あったのかもね。

とにかく
120806 (6)
こんな感じで

120806 (4)
ゴム板をカットして挟んでみた。これで様子を見ます。

さらに
120806 (7)
接点の掃除。ここも要因のひとつかも。

うまく行かない

・・・が、愉しい。

***

組み立てて間も無いので何が起こるかわからん、ってことで
120805 (1)
早寝早起き。

そろりそろり移動して
120805 (3)
約束時間よりずいぶん前に到着。

今回から
120805 (2)
ミニスクリーンを追加。気に入ってます。

プラグは
120805 (4)
よろしいんじゃないでしょうか。

程なくして
120805 (6)
集合。今回はSS2GO!さんの900SSを引き継ぐことになったshinkai890さん、okakenさんと。

とりあえず
120805 (7)
南へ。うだうだやってるとぱらっと、雨。上からもぞくぞく降りてきます。Uターン。

下りきったところのコンビニで、ちょっと気になった同調の狂いを再調整。

アクセルワイヤーの取り回しに問題がありました。お二方にお時間頂き、取り回しをこんなときに再考。

特に
120805 (11)
ここと

120805 (12)
ここで良く狂う。

上に回したり
120805 (10)
いろいろやるけど、だめ。結局、今迄で一番低い位置での配索が最も安定しました。しばらく様子を見ます。

帰りに寄った山道。
120805 (17)

ここでリヤブレーキのフェード再発。煙が出ました。
120805 (18)
帰りはリヤブレーキ無しで下りました。こわ。

出直します・・・。

プライマリーチェーン調整

急開したときやトルクをかけたときに「かりかりっ」とプライマリーチェーンケース側より。以前Tigerworksさんでも指摘を受けたことがありました「ちょっと緩いかも?」やってみましょう。

9.5mmってことなので
120806 (11)

120806 (12)
張ってみました。アジャスターのねじ、インデックスついてて4クリック締めました。で、ワンウェイなんですかね、このアジャスター。戻せなかった。ま、今回は特に問題ないですが。

120806 (13)

***

11931mile

うまくいかない

ラジエータ交換、うまくいってません。クーラントが漏れるんですよね~結構な勢いで。

いろいろ調べてみると面の取れていないものが多く、液体ガスケットをぼってり塗ったほうがうまく行く、とのこと。
120811 (1)
遠慮がちに塗ってました。

120811 (4)
というわけで、ぼってり。ついでに紙のガスケット、外しました。うまく行くかなぁ・・・。

ココロの声

うまく行かないminiの修理を横目で見つつ「うわ~こりゃえっらいところに来てしもたなぁ…」ココロの声が聞こえたような。
120811 (2)
…だいじょぶだいじょぶ。痛くしないからw

さて、どうなることやら。

できた~


やっとできました 水漏れ修理。液体ガスケットさまさまでございます。

次は足回りかマフラーか。


新境地

GX750を降りることにしました。

整備・内燃機のイロハの「イ」位は学べたと思うし、開発に携わったかたの声に基づき、素晴らしい職人さんにマフラーを製作いただきつつルーツに触れることもできた。この部分は本当にいい経験をさせていただいた。

まあ、悪くはない方向に行っているとは思うけど、この先何があるのか・思いつくのかといえば、ぱっと言ってしまえば「雑味の除去」。パーツを替えるとその部分の雑味は消え、部分的に近代化される。それは、当初の目的だった「ノーマル状態を楽しむ」というところから大きく外れる。

一般的にいわゆる「欠点」とされる部分、僕はそれを「特徴」と見てそれを活かし、そこに自分をフィットさせることを愉しみたい。そう思うようになった。

ノーマルに戻して乗ってみた。確かに、諸々自分でくっつけたのとは違う。が、改造前後どちらがいいのか、となるといまや答えに詰まる。良い悪いで言うとどちらでもない。僕にとって根本的には変わらないのです。

そもそも、ここ数年の使い方といえば近所の山をちょろっと走って終了、というのがほとんど。なーんでわざわざこんなに重いバイクでこんなことやってるんだろう、もっとほかにやりかたはないか、と。

***

加えて大きいのがTriumphの存在。実はTriumphがもっととんがってて扱いづらいものかと思っていました。ところが、その真逆。大変扱いやすい。近所のアシから、高速利用の長距離ツーリングまで、常識的な範囲の速度域での性能含め、今の自分にフィットした乗り物であるという実感がじわじわ。メンテナンスも大変行いやすく、部品も豊富。要は、安心なわけです。

***

そしてこのときに伺った一言「一台くらいはぶっ飛んでいけるのを持ってないとね」

その後のやり取り。英国車でも120~30ぐらいなら巡航も可能ですよね?との問いに

「そのあたりまでならね。でも、それ以上が、ね。」

そのときに感じたのが「あ、この方は自分に素直に生きている」。乗車姿勢や何や少々辛かろうが、スパッと行きたいときに行ける「今」を欲するもいい。オートバイ乗りの本質を見たような気がしました。

自分の親よりも年上の先輩が、今もこうやってスポーツバイクにも向き合う姿勢を持っている。果たして自分は・・・?

もっと自由に、思い通りに行こう、と。

そのあたりから、今まで見て見ない振りをしていたスポーツバイクに向かい始めたわけです。

***

そして過日、良縁に恵まれ
120816.jpg
やってきました。DUCATI 748R。なぜこの機種か?それは・・・実はある意味「たまたま」。こういうのって縁モノですから。

そして、年式的にもスペック的にも造り的にも、結果願ったりかなったり。進んでみてよかった。

***

早速いつものルートで試走。ひとつルールを設けてみた「すり抜け・追い越し一切厳禁」。さて、公道バイクとして、果たして愉しめるのか。

エンジンの冷却風があたる加減で左足が強烈に熱い。レザーウエア、必須。

おまけにこのポジション。腹筋背筋強化、必須。

一瞬頭をよぎる。「し、しまった・・・」w

が、気になるのはそれくらいで、ポジションはじきに慣れました。コーナーに入っていくと、たまーに「スパッ!」と応えてくれる。どうすれば再現できるのか、ひたすら実験。もう、夢中。
120816 (3)
休憩。

120816 (2)
茶店の即売で巨峰。うまいっ。

そのままいつもの舗装林道を抜け、帰宅。

ふぅぅぅ。

***

今まで「大排気量スーパースポーツを、ましてやホモロゲモデルを公道でなんて…どうよ?つーか、ポテンシャルの数分の一しか発揮できんのに、そんなもん楽しいわけないやろ」なんて思ってました。

が、これは・・・。
120816 (4)