Contents

無理

儲かって儲かって仕方ないので
120901 (14)
買い換えました

・・・なんてことを言ってみたい。スターワゴンの修理中に借りていた代車。

しかしうちには新車なんてもったいないことを再確認。説明を良く聞かず借りてきたので、機能がいまいちわからない。


120901 (16)
このリモコン。なんとリモコンキーで自動ドアが開くというもの。

これがわからず、子供とあーやこーやいじっていると、突如壁側のドアが「がこん」
120901 (15)
あ。

もー…やっぱこういうのはうちには無理。

すっきり

1500km走るとエンジンオイルが2500cc減るようになってきました。発進するとミラーの中には白煙が。原因はステムシール劣化。ま、持病らしいです。まだまだ乗りたいので、正規ディーラーさんで修理。

途中、見に行ってきました。
120901 (2)

うわーめんどくせ。一瞬「自分でやろう」と思ったんですが、やめといてよかったw
120901 (6)

ヘッドは
120901 (3)
メタルクリーンですっきり掃除。

バルブは
120901 (5)
結構からっからに焼けてますね。

クロスハッチも
120901 (7)
まだまだいけますね。

ピストン
120901 (8)
掃除前なのにこんな感じ。しかしガスケット、変わった形。新品もこんなかたちでした。真円じゃない理由ってあるんでしょうね。

先日完成し引取。もちろん煙は消え、心持ち静かになったような気がします。これでしばらく安心。

***

129,346km

寝られへん


少し前にバーゲン品を入手。以降、あてどもなくふらふらといろいろ弾いてます。ヘッドフォンをすれば下手なのもばれず、夜中にじゃかじゃか出来るのがいい。ストレス発散。

トーンを絞ると、また違った音の良さがあることに今頃気付き、はまってます。寝られへんがなw


あちゃ~


か、かぶった…

どうしようかなぁ。


感化

ふらり立ち寄ったTIGERworksさん。そこには
1209051.jpg
999sが。ほお。どなたのかと思ったら・・・運命の一言を頂いた

120905.jpg
あのお方。

ご自身のではなく「友達からの預かり物でね、3ヶ月ほど」ということですが。

「よお走るよね~面白い。」と、預かり物であってもちゃんと使うところがたまりません。

影響されるべき先輩。がんがん感化されようと思います。

進行中

さて、ステムガイドを交換するにあたり、数点問題発生。

・純正部品在庫がない

・純正部品のパーツリストの中に
list.jpg
オーバーサイズの設定がない。

一旦抜くと次打ち込むのは1サイズ大きくないと抜けてくる恐れがあるそうですね。し、知らなんだ・・・。

作れないこともないようですが費用が・・・というわけでリサーチ開始。

ebayの検索結果からこんな業者さん発見。

品番違うけど
guides2.jpg
これとちゃうかなぁ。パーツリストを照らし合わせると610系と同一品番なんでまずこれで間違いないかと。しっかし$15.35て…めっちゃ安い。バルブもあるし。質問入れてみましょ。

あるある

Kibblewhiteさん。

・バルブガイド 1,500円 (オーバーサイズあり)

・バルブ 4,000円

日本での窓口もあり、対応もいい感じ。

Husky.auさん。

・バルブガイド 38.5AU$=3,200円ぐらい

・オーバーサイズは「探したことないなぁ」って。

***

探せばあるもんですねぇ。

今回はKibblewhiteさんでお願いしようと思います。

範囲を広げる

ETCの取り付け。実はフルカウルなんでちょっと気が引けてました。配線めんどくさくないかな~なんて。

が杞憂に終わる。右側カウルを外すと
1209092 (2)
このバイク、右側に電装系の補機類が集中して配置されています。ん~よくできています。

今回は
1209092 (3)
灯火類のリレーより分岐させました。なんてカンタンなの・・・。今迄で一番スムーズに取り付けできました。

アンテナは
1209092 (4)
ここに両面テープで。

早速
1209091 (1)
テストラン。ETC、問題なく動きました。

実は高速に乗るの、初めて。

「気がつくと○○○キロも出てた」てなことはなく、極めて地に足着いたスピード感。加えて当たり前ですが、ここ数年所有したバイクの中で、圧倒的な脚周り性能による安定感・安心感。

スーパースポーツって「危ないバイク」と思ってましたが、危ないことしなけりゃ極めて安全・安心な乗り物だなぁ、と。必要なのは、自制心のみ。

で、ちょっと大きめに開けてみる・・・凄。あー・・・すんごい。なんんんだこれ、って感じ。

***

そのままMax Fritz KOBEさんへ。お目当ては、キーホルダー。
120909 (6)
ありました。この位置にばっちり。遅くまでお邪魔しました。

少しずつ、いろいろ進んでます。

いじくる

今朝は
120909 (2)
遠くに行かず、近所でごそごそ。

まず、タイヤの空気圧調整。今日はF2.3・R2.5。

出る前の装備の様子。
120909 (1)
職人さんかいなw

えー、今日はリヤサスのセッティング・・・というか基本的な作動状況を確認しに裏山まで。

だって
120909 (4)
どっちのダイヤルが圧側が伸び側かすらわかってないんですもの。

出発。お、空気圧、これもいい感じ。もっとあげてもいいかも。しかしタイヤが太いとめっちゃ空気入りますね。比較対象がバイアスタイヤなんで当たり前ですが。

どちらも知ることで、それぞれに新しい発想・発見が。いい勉強させてもらってます。

到着。さて。どっからいじくるべ・・・。

とりあえず一番いじくりやすい上のダイアルから。

26段階。メーカー出荷時は14戻し。

とりあえず、全締めから。

0:全く沈まない。尻上がりのまんま。くるくる曲がる。ありっちゃアリ。フロントにかかりすぎ?

続いて全抜き。

26:尻下がり。開けた途端にフロントが上向く。もう少しフロントの動きに合わせて上を向いてほしい。

10:悪くない。が、特徴もない。とりあえずこれで。

というわけでこいつは圧側(Comp.)かなと。


***

続いて下側。これが伸び側(Rebound)かと。

40段階。メーカー出荷時14戻し。

とりあえず。

14:数値的に結構かけてるつもり。だけど開けた途端上を向く。前が仕事を止めてしまう感じ。

10:ブラインドで旋回しながら待てる。とりあえずこれで乗り込む。

***

よくわからんけどイニシャルもいじってみる。車高と関係ある?ない?よくわからん・・・と思いつつ。本来
1209092 (1)
こういうハイトゲージを取り付けて計るらしい。これは996のデータのようですが、よく似たもんかと。読むと「fully extend」全部伸ばした状態?1G状態?

ゲージ、結構高価。10,000円くらい。次への宿題ということでとりあえず現状確認。スプリング上端面~タップ最上部の寸法を採りました。

乗り始め時 34mm

ん。とりあえず1回転締めてみる。34.5mm。

お、細かいばたばたが少し収まったかな?

フロントは・・・どのタイミングでいじくろうかなぁ。ま、あんまりあっちゃこっちゃやるととっちらかるんでとりあえずこれで乗り込みます。

***

戻って
120909 (3)
チェーン掃除してサスのホコリとって終了。

乗っていて出てきた宿題。
120909 (5)
回転の戻りが悪い。たまに。とりあえずワイヤーの掃除からはじめてみよう。

独特

チェーンの状態があまり良くない・・・と思ってましたがそれ以上に張りすぎのような感じがしたので点検。すると、全体的に張りすぎ+テンションが強くなる部分ではぱっつんぱっつん。とりあえず
1209093 (1)
少し緩めてみよう、と。

まずはチェーンのテンション計測。フロントスプロケットのセンター~リヤハブのセンターの距離のちょうど真ん中ってことです。
1209093 (2)
スプロケットカバー外して

1209093 (3)
計測。約530mm。センターにマジックできゅきゅ。

ぴかぴかのカーボンパーツ、僕にかかれば台無しですなw
1209093 (4)
ノギスで確認。なんと10mmあるなし。やばいねこりゃ。

このボルトでアジャスターが固定されています。マニュアル曰く2.8-3.3kg-mらしいんですが・・・ほぼ倍締め。
1209093 (5)
うりゃ、っと。

アジャスターですが
1209094.jpg
こんな感じの偏心カムを回して調整。

で、専用工具は無い(発注済・到着待ち)ので手持ちのフックレンチで。
1209093 (6)
とりあえずできました。買わんでもよかったな・・・。

しかしほんっっとうに微妙な調整を要します。ほんの僅かに動かしただけのつもりが大幅に動いたり。コツいります。難しい。

くー・・・きもちいいw

***

納得いくテンションになったので試乗。転がり具合がかなり改善。いい感じです。ベアリングがだめなのかと思ってましたが・・・ここでしたね。

しかし、僅かに車高が変わったような気が。よく調べると、偏心カムをアジャスターとしているため、チェーンアジャストで車高が変わると。で、その都度リンクロッドで車高調整・・・。もー本当にいちいち気持ちいいw

やっぱあのハイトゲージ要りますね。手配しましょう。