Contents

検討中

130401 (5)
コイルの置き方等、変更します。ステーはアルミ板で自作。すでにプロトタイプその1はお払い箱。ま、何とか収まりそうです。

なんだこれ

カウンターシャフトが入るベアリング
130401 (6)
抜け防止?のワッシャが入ってます。外して

130401 (14)
ベアリング摘出。溝付きですか。恐らく純正品しか無いでしょうね。

そして謎のベアリング。

シールを
130401 (7)

130401 (9)
ウギャー!やってもた…。

こんな感じで
130401 (8)

130401 (10)
バラバラなんです…どうやって抜くんだろ。

着々と

進めていただいております。
130401 (2)

この部分
130401 (1)
真っ直ぐになってないんですよね~。その他やればやるほど「むー…凄いっ」ってw

色々とプランを練り、打合せしつつ進行中。

エイプリルフール

win!.jpg


叶う

オートバイに興味を持ち始めたのは中学生。下敷き代わりのクリアホルダーの中には、送った切手と引き換えにメーカーから届いた「憧れ」のパンフレット。授業もろくすっぽ聞かず、それを書き写してばかりいた僕の学力は徐々に…w。

***

当時仲の良かった友達。あいつはヤマハ党。そして僕はスズキ党。しかし高校に入り、お互い買った初めてのバイク。彼がスズキで僕はヤマハ。お互いあれだけくさしまくってたのに。。

***

以来、その時々、興味本位で思うままにいろんなオートバイに乗った。が、その中で見て見ぬふりをしてきた1台。

金額的にはいつでも手の届く範囲だったのに、何で今まで通り過ぎてたんだろうか。

「畏れ多い」。金額云々ではなく、その一言につきるかと。

でも、そろそろいいんじゃないか、と。触れることのできる環境・時間があるうちに進んでしまおう。

てなことで。
130402 (5)
GSX-R750。とうとう、です。

130402 (6)
1100用のRホイールに換装済み。

結構長いですね
130402 (2)
しかし軽い。

距離は
130402 (8)
結構伸びてますが

レバーのシーズニング具合を見る限り
130402 (9)
今まで調子よく来たのかな、という印象。シンプルで頑丈なエンジンだし、まだまだいけるかなと。

マフラーは
130402 (7)
USヨシムラ。うるさいらしいですが…それも含め、楽しみです。

こだわった
130402 (4)
初期型の外装。割れやらヒビやらありますが、綺麗な方ではないかと。

ぼちぼち進めて行きたいと思います。

子供の頃の夢、叶ったような気がします。

敗戦(配線?)処理

何でSTDでスカッと走らせることが出来んかったんかなぁ…と、安直に便利パーツへ逃げる自分にげんなりしつつ
130406 (6)
こんな感じでトレイを作り

130406 (7)
並べて試運転。

どないなってるかわからんコンデンサ&オーバーフローしまくりのキャブでもとりあえず始動。アイドリング状態は上々。力強くなりました。

エンジンを止めてコイルを確認…熱っ!むちゃくちゃ熱を帯びています。そりゃ構造考えたら熱持つのは当たり前。コイル上下のステーはヒートシンクになってるのかと。なるほど…。

再考。直接風を当てる位置がベストかと思いますが、良いスペースがない。色々検討した結果
130406 (8)
とりあえずここに収めてみようと。新気が通るエアクリーナーBOX。ツェナーはこの新気を利用して冷やしているはず。ここに取り付けることでコイルの熱も多少は逃げてくれるかと。

取り付けはウインカーリレーの移設と
1304061.jpg
エアクリーナーBOXの穴あけでこんな感じに。

なーんか嫌な予感が…ま、とりあえずやってみますか。

逃げ道言い訳なし。


苦節?年w やっとこさ入手。SM630R、スペック的にはこれ以上ないものに。

テレテレ走っているからか、SM450Rに装着したときはあまり有り難みがよくわかりませんでした。今度こそあのボールベアリングをしっかり動かせるよう運転を頑張りたいと思います。。


ごりごり

開放式バッテリーを購入し繋ぐ。キャブのガソリンを抜くとちょろっと水が…。ガソリンの臭いもちょい古め。ま、とりあえずかかるかどうか、やってみよう。しばらくクランキングさせると


かかりました。

暖まるまでかけてないし、ガソリン古いし、プラグも見てないし、同調も怪しいし。しかし、ちゃんと動きましたよ。

火が入った様子を見て。ん~荒っぽいねぇ…。たまりません。早く走らせたいっす。

凄いわこれ

さて。
130407 (4)
装着完了。

テストしますか、とエンジン始動したところ「びーーぃいぃいぃ…」
130407 (2)
キックペダルのリターンスプリング、折れました。そりゃこの前から何年分キックしたことか…37年間お疲れ様でした。

アイドリング、少し高い。よく燃えている証拠か?

そのまま幹線道路に。全開。

…どっひゃ~

こんなに走ったっけ?いや…明らかに良くなっている。まさに「濃いミクスチャーを強い火で蹴散らしている」感じ。

しばらく走って近所でプラグチョップ。押して帰る。

プラグを点検。
130407 (3)
…怖いわw。結論的には「濃いキャブに電気が追いついた」ってことなのか。むー。

これだけばっちばちにいくんだから、コイルの寿命は短くても仕方ないよなぁ、と。次はロングランテスト行ってみます。

とりあえず

あれしてこれして・・・と色々妄想中。DGさんに参考資料としてお借りしている本を熟読するうちに気になりだした写真。こんなのもありかなぁ、と。

・ノーマルで愉しむ

本の中では少数派ですが
cb450race.jpg
こんな感じでほぼノーマルで愉しんでいる人もちらほら。これはCB450ですかね。

これはXSかな?
tx650race.jpg
ん~いい感じ。

足回りとブレーキをとりあえず・・・と思ってましたが、その前に一般走行枠でも何でもいいからとりあえず走って、必要に迫られてからのほうがいいかもしれない。