Contents

「ぴゅんぴゅん」


…パッドを押さえるスプリング、どっか飛んでいった。

GSX-R750が「もう止めときなはれ」と言うてます。

寝ますw


やってもた


21:00から作業。鳥の声ではたと気づく。また完徹。やってもた…。

寝ます。


せっかくなんで

130505 (4)
作ってもらったエキパイ、飾ってみました。軽い!

たまに油みがきしないといけませんね。

10年目

ソファがそろそろヘタってきたので物色中。嫁さんといろいろ見る。

これは近所のアウトレット。
130505 (3)
安いけど…毎日使うモノだしねぇ。

***

そういえばと、ふと思い出して、TIGERWORKS犬虎さんに連絡先を伺い、バイクは使えるのがないので
130505 (5)
miniで。ん。やっぱ運転おもろいね。

最近英車に一気にシフトしつつあるかとうさんの工房”北の椅子と”へ。
130505 (7)
電話で聞いて”kitano-ist”と英字を勝手に想像し、どんなとこだろ?と思ってました

家具がメインと思っていたんですが
130505 (40)

何ちゅう偶然。
130505 (43)
メインは「椅子」

北欧で買い付け、オーバーホールしたりクリーニングしたりして販売されているそうです。
130505 (44)

130505 (45)

***

2Fはプレオープンの喫茶店。コーヒーをよばれる。

通してもらった一人がけソファ。使い込まれているのに、何だか物凄く快適。座り心地が良い。座ってるんだけれど、寝転がっているような。妙な感覚。

よくよく聞いてみると著名なデザイナーの作品で、お値段もそれなりに立派。でも、こんなにイイのなら…納得。

ソファに包まれ、英車にまつわる話をあーだこーだ。3時間ぐらいゆっくりさせてもらいました。

1つだけ買ったとしたら多分取り合いになるでしょうなw

結局新調

そのまま使おうと思ってたタイヤ。が、よくよく見ると無数のクラックが。Mr.グリップマンでしばらくごまかそうと思ってましたが保険の意味も込め、新調することに。

銘柄は色々考えてDUNLOP ROADSMART-Ⅱに。

フロントのスピードレンジがV規格なのでリヤと合わんのですが、ま、軽いし飛ばさんし問題ないでしょう、ってことで。
130505 (16)

もともと入ってたのと比べると
130505 (18)
かなり背が高い。

しっかし
130505 (19)
ちらかってるなぁ もう少し整理しないと。

組み込みは
130505 (20)
きわめてスムーズ。楽でした。

交換済みのリヤホイール
130505 (21)
4J。覚書。

こればっかり

最近ブレーキキャリパーの分解ばかりやっているような気が。まずはリヤから。
130505 (12)
動きが渋い。

バラしてみると
130505 (13)
フルードの結晶?&水分が悪さをして溝が荒れてました。

ルーター・割り箸・ピックツール等で
130505 (14)
洗浄。

しかしシールが硬化して割れており、そこからフルードがダダ漏れ。シール交換します。

そしてベアリング。
130505 (23)

え?カラーですかw
130505 (24)
全く動きません。こいつも交換。

この辺りを仕上げるだけで転がりは相当良くなりそう。

慣れない


仕事に時間を喰われまくりの今日この頃。恐らく年内はこんな感じかな…。

そんなこんなで毎日、日付が変わる頃から少しずつ進めてます。

目につくパーツ類があまりに錆びさびなので、できる範囲で塗装中。半艶にすりゃ良かったかなぁ。

たまには美観にもこだわってみたり。ね。


検証?間違い探し?

さて、パッドから検証。
130505 (25)


130505 (26)
おっかしな減り方してるなぁ。ピストンが傾いて出てきてる?

初めてバラしてみる。
130505 (29)

これは
130505 (28)
恐らく思い切り踏んだ時の跡。

初めて買ったメタルラバーで
130505 (30)
とりあえず組立。

このあたりから徐々に理解できてくる。まずマニュアルにある
130505 (31)
この部分に数値。8.9mmから9.5mmの間に。ま、それはクリアできていました。

そこではなく
130505 (32)
ここ。「緩んでる」と思って目一杯閉め込んでから組み込んでました。

が、ここを目一杯閉めこむと
130505 (34)
こんな感じで中でロッドが常時マスターを押したような状態になる。

本来は
130505 (33)
これくらいクリアランスがないとダメじゃないかと。あまり開けすぎると今度は効きが悪くなるかもしれませんが。

何でこんなところ、アジャストできるようにしたんだろ…。

***

ダストシールとリテーナー。
130505 (35)
ぶよぶよでガタガタ。

こうやって
130505 (36)
重ねてから

ピックツールで
130505 (37)
押し込み

組み上げてから
130505 (38)

キャリパーに組み付け。
130505 (39)
このリテーナーも交換かなぁ…。

原因、このマスターのせいならいいんですが。オーバーホールキット、ebayで手配済み。到着しだいテストしてみます。



見てしまうと

ついつい深追いしちゃう。ま、気分よく乗りたいので知ってることはじゃんじゃんやっていこうと。
130505 (46)
車体の肝、ステム周りもこの際。

そしてフロントフォークもオイル交換。
130505 (47)
もんの凄い色と香り…。量も異常に少ない。

おまけにインナーチューブ内側には
130505 (48)
あーあ。ま、とりあえずある程度均してから組んでみます。

出来る範囲綺麗にして
130505 (51)

確認
1305051 (5)
ヘタリなし。

車体の肝

さて、ステムベアリング。
130505 (53)

お、思ったより
130505 (54)
マシでした。

130505 (55)
ふむふむ

130505 (56)
このままでも…ま、変えます。しかしグリスが臭い。旧いグリスの臭いって結構なもんです。

そしてリテーナーが
130505 (61)

130505 (62)
こんなので隙間を埋めていました。

下は
130505 (59)

130505 (60)
拭いてもこんな感じ。

なかなかです。
130505 (58)
出来上がりが楽しみ。