Contents

場所が悪かったかなぁ

自然治癒するわけもなく、やはり失火気味。見ると右のプラグが真っ黒。走りながら右のプラグキャップ外しても着けても反応変わらず。

コード?キャップ?ダイオード?コンデンサ?全て新品に変えたけど変化なし。

で、
130406 (8)
コイルを左右差し替え。今度は左のプラグが真っ黒。これか…。エンジン掛けたてとか冷えてる時は調子いいんだけどしばらくすると明らかに調子を崩す。熱でやられてしまったんでしょうね。

新品買って装着位置変えるか、ノーマルに戻すか。さて、どうしようかなぁ。

Campagnolo VENTO 16-HPW リヤフリー分解~組立…果たしてこれであってるのかなぁ。。

ここ最近少し踏み込むとリヤハブあたりからぺきぺき、と音が。ベアリングがダメになったのか?と分解してみると
131229 (2)
…予想以上に勝手にばらんばらんになってくれました。ぱっと見修復不能。ネットで調べてもこんなことやってる人いないし情報ないし。

堺の某老舗サイクルショップに持って行くと「あー、これはもうダメですね」この辺りの年式のパーツはもう出ないらしい。

こんなときはしばらく寝かせる。

***

たまーにアタマの中で思い返すこと数日。ふと思い立って作業開始。

部品の内容確認。

131229 (3)
アルミのシム2枚、位置決めできる凸付きのワッシャ

131229 (4)
フリーハブの中に収まるはずのスプリングと爪みたいなの。

131229 (5)
ベアリング(小球)9個とベアリングレース・ナット

131229 (6)
ベアリング(大球)9個とイモネジ付きナット

131229 (7)
どっかに収まるアルミリング

131229 (8)
アクスルシャフト。結構当たってますな。

131229 (9)
リヤフリー。

さて、とりあえずやってみましょう。

専用グリスとか持ってないので、手元にあるフツーのグリスで
131229 (10)
ボールを収める。ちなみに分解前はからっからでした。このシール、硬化して内側がパラパラと割れてしまいました。水の侵入が気になりますが、この上にカバーもあるしマメにグリスの状態をチェックすりゃいいかと。

スプロケット側にもベアリングボールを。
131229 (11)
こっちは大球だったかな。

アクスルシャフトを
131229 (12)
こっちから差し込み

反対側の
131229 (13)
ベアリングレースとなるナットをねじねじ

131229 (14)
このナットの締付けトルクでベアリングの当たりを調整する…はず。締めすぎると動きが悪くなり、いいところを通り過ぎるとガタが出る。大変わかり易い構造。何度か調整してこんなもんかな?というところで

131229 (15)
凸付ワッシャを入れ

131229 (16)
当たり位置を固定。

さて、嫌な予感がするフリーの組み立て。まずは
131229 (20)
アルミのリング

131229 (21)
恐らくここ

そしてフリーの爪。
131229 (22)
どーすんのこれ。

131229 (23)
こうかなぁ…でもすぐにびよ~んって飛んで行く。

こうすれば
131229 (25)
組めるんだけど全く意味が無い。ペダル回しても引っかからない。

色々試す。

輪ゴムで留める
131229 (29)
止めれるけど、ハブに組んだ後、取れない…

結局
131229 (30)
ワイヤーで固定して、ハブに組んだ後ワイヤーを解いてゆっくり引き抜いて完了。でけた!

あとは
131229 (26)
アルミのシムを2枚組んで

131229 (27)
スプリングワッシャーを組み

131229 (28)
ナットを締め付けてイモネジで固定。

バラバラにしたスプロケット、位置とかあるんかなぁ、と思ってたら
131229 (31)
入るところにしか入らないように各溝の幅が設定されていました。なーんだ、って感じで組付。

おお~。
131229 (33)
やりゃ出来るんですね…ってあとは長期間ちゃんと使えるかどうか。ま、ともかくやっと乗れるようになりました。嬉しい!

今や1号機

結局一番稼働率の高いHusqvarna Nox。タイヤ、フロントはレーシングレイン、リヤはBS BT090。特に
131229 (32)
リヤがひどい。温まるまではグリップゼロ。温まって広場で8の字とかしても滑り出したら全く止まらない。そんなわけでダートばっかり走ってるんですが。減った時のBSの感じって嫌い。

新品タイヤ買う金ないしなぁ…てことで中古を入手。
131229 (35)
Pirelli DRAGON SUPERCORSAにしました。前後送料込みで6,000円。SM450Rの時に履いてたなぁ。今や過去のモデルですが、恐らく今よりはずいぶんマシなはず。

ステムの動きもちょい怪しいので、併せて正月休みにぼちぼちします。

結局いつもの休日

何か一向に進まない僕のBonnieちゃん。

いや、そもそも何を持って「前進」なのか?こうやって行ったり来たりしているのも動いていることに変わりはない、とするならば…と回りくどく自分を説得して毎日楽しんでいますw

ばたばたしたまま気がつけば年の瀬。そんなわけ(?)で今回は電気周り一新。

コンデンサ交換
131230 (1)
火花の強さに影響あるとかないとか聞いたので。EMGO製。1個1600円位。こんなに高かったっけ?

コイル交換
131230 (4)
DYNAと比べると火花の強さは話しにならないくらい弱いですが、ま、已む無し。今回はEMGOではなく桜井さんとこでSPARX製とやらを。

レギュレータ交換
131230 (5)
前の分、もしかしたら取り付けの時に「ペキッ」とやらかしてるかもしれないので念のため。

バッテリー交換
131230 (3)
前のは一度沸騰済み。その後充電器で足してみたけどダメ。中国製より信頼牲高しと聞く台湾ユアサで。

エアフィルター撤去
131230 (2)
今までじっくり見たことなかったけど、よく観察してみると空気をほとんど通さない事を発見。見た目からほぼ筒抜けと思い込んでましたが、もしかしたら結構な抵抗になっているのかも。

***

さて
131229 (36)
出発。ガレージの中、きったねぇなぁ

いつものルートへ。エアフィルター、やはり相当な抵抗になっていた様子。吸気音がなかなか勇ましい。

茶店でプラグチェック。
131229 (38)
多少バラつきあるけど、まぁきれいな方です。

キャブの同調がずれたような感じで、何度かストール&再始動困難に。走りだすといいんですけどね。

しかし寒いなぁ、と帰りの山に入ると
131229 (40)
雪が残ってます。

構わず行くと
131229 (41)
更にひどくなる。

でも凍結してないし、行っちゃえ行っちゃえと、峠を登り切ると
131229 (1)
あらら。溶けていたのは和歌山側のみ。大阪側は全く溶けてませんでした。大阪側から登ってきたシクロの人に聞くと「中腹までこんな感じ、何度か押しましたよ」とのこと。

諦めて道の良い府道へ迂回。最後にガス欠→リザーブ→ガソリン落ちてこず→多分錆でリザーブフィルター詰まり→ホース外して人工呼吸マウスtoマウス→復活wと軽くトラブりましたが無事帰宅。

***

空いた道をぶーんと巡航。冷たい空気も手伝い、総じて調子は良くなかなか爽快。久しぶりに乗ってて「楽しい」と思えることができました。

しかし速度が3桁に入ると失火?燃料不足?空気多すぎ?ぶんぶぶん…となる。速度抑えると回転はスムーズ。やっぱエアフィルター要る?それとも電気周り?キャブ掃除してないから?

リヤブレーキもまだまだイマイチ。多分車検通らんレベル。ダメですね。まだまだ他の人と迷惑かけずに走れる日は遠いなぁ。。

宿題どすーん、な気分のBonnieちゃん走り納め。ま、一個ずつやっていきましょう。

光陰矢のごとし

大掃除も終わり、のんびりこの一年を回想。

もがきまくって一歩も進まなかったこと。期せずしてうまく行ったこと。何もできずに全く進まなかったこと。

贅沢なもので、アタマに深く残るのは悔いが残ったことばかり。

焦る一方、年々一年が早く進み、動体視力は衰え、疲れは溜まりやすくなかなか取れず、昔やらかした古傷は疼き、血圧は上がり、仕事はだんだん責任が重くなり…ま、こういうふうにして歳とっていくんでしょうね。

来年も諦めず、しかしそろそろしたいことの順番・できることの選別を明確にしつつ、コツコツやって行きたいと思います。

では皆さま、良いお年を。

131231.jpg