Contents

安物買いのナントカカントカ

Noxのタイヤ、フロントはSC0(ソフト)&ほぼ未使用、とのふれこみだったので問題なし。

が、路面温度が上がらない&SC2(ハードコンパウンド?)ということもあってなのか、何だかしっくりこないリヤタイヤ。しっかり揉んでるつもりなんだけどなぁ…とタイヤを見る。
140210.jpg
あららら。さすがに古すぎましたか。弾力性なし。がりがり削れてます。旧い中古って難しい。次探そ。

当たれ~

モタードぽいと聞く乗り味・3気筒・クロスプレーン。なんか面白そう。関連ページをウロウロしてたら発見。
MT09.jpg
申し込んでみた。当たれへんかな~。しかし南コース4周で約10分て。

いろいろ乗ってみるのです。

しかし寒い

140211.jpg
今年は特に寒いような気がします。まぁでも昔はこんなもんだったような気がしないでもない。温暖化現象てどこいった?

さすがの油冷エンジンもこの寒さに押し込まれ、エンジンからの熱で暖を取ることができません。でもまあ、エンジンの調子がいいのでついウロウロと。

ここは昔遊んだ裏山。開拓され、住宅地になってました。

43歳の抵抗

晴れて(?)43歳。色々あるけど楽しめてるよなぁ、なんて。

***

日付が変わった頃に
140223.jpg
ガレージ内のコイルをひっかき集めて再度総点検。

DYNAコイル、1次3.6Ω・2次14.1kΩから14.2kΩ。左右とも同じ。冷えてる時だけ問題ないってことか?

最後に装着したSPARX、左が1次4.3Ω・2次12.4kΩ~12.5kΩ。右が1次4.6Ω・2次7.8~8Ω。確かに右の火が極端に弱かった。

購入時に取り付けられていた純正LUCASコイル。左右不明。1個が1次4.1Ω・2次38kΩ(?)。もう片方が1次3.7Ω・2次4.46kΩ。ま、これは配線がプラスマイナスむちゃくちゃの時にコイルに通電しっぱなしになってた時のコイル。

***

コイルもアレですけど、その前にやっぱり配線関係かなぁ。どこかで流れが澱んでいるのかも。

あと、ウロウロしてたらいい動画を発見。


一からです、一から。

まだ早い

朝からぎっくり腰。。夕方までじっとしてたらマシになったので手っ取り早く裏山へ。
140223 (12)
あららら。まだこの時はマシ。ここから上はところどころアイスバーン。あっぶない。ノーマルタイヤでスタックしているクルマ数台見つつ、何とか下山。

しかし。アクセルでほとんど操作できるシングルエンジン、面白いなぁ。。

寝覚めが悪い

…こんなもん落ちる直前まで見てるからでしょうか。
140223 (10)

脚下照顧
140223 (11)
作業場の改善から進めております。工具箱に入ってるもので、実際よく使うものってあんまりないのね。省スペース。

油圧リフトほしいなぁ。

のたうつ

要らんマンガあたりと一緒に捨てられたようなので再購入。安いのがあったんですがこれがまた…
140223 (16)
きったない。

が、見てると
140223 (18)

140223 (17)

140223 (19)
色々もんどり打った形跡が見てとれる。好感持てます。

壊す

今までいったことの無いところへ。