Contents

ぺき。ぱき。

150710 (1)
2月某日。調子に乗ってずざー、からのぺき。靭帯痛めてからおとなしくしてます。

***

装備がちゃんとしてればこんなことにならずに済んだんです。ソールがモタード用のだったのでそいつが引っかかってこうなったと。

というわけで
150710 (72)
オブソリ謹製鉄スリッパを購入。

150710 (73)

150710 (75)

150710 (74)
ぴったりです。

こうやって
150710 (71)
ガレージに吊ってるだけでサマになる。

・・・もう「できた」感が充実してw

***

マシンのほうはといえばちょっと見たくないものを発見。
150710 (155)

150710 (154)
緩んだままで走行→ボルトがタップを破壊。

スポークばらしてハブに肉盛りしてもらってインチタップ切って・・・あー、オエ・・・メンドクセ・・・。。

***

そろそろちゃんとします。

いっちょかみ。

コンロッド重量を計測。
150710 (2)

150710 (3)
ほお。1グラム違う。

さらに調べると
150710 (4)
このキャップがその差の全てであることが判明。

軸に近いところだし、まず体感できるはずもないと思ったが
150710 (7)
念のため。

150710 (5)

150710 (6)
いっちょ噛んどきました。

***

ナット、新品とりましたが
150710 (11)
TRAVIS CYCLESさんのご指摘どおりあまり素材が良くない。ナットの高さ、古いほうが高い。

ボルトも
150710 (12)
短い。

しかしちゃんと
150710 (14)
掛かります。

もともとついてたボルト、のびのびでした。規定で一発掛けたら伸びるかと思って余分に購入しましたが、全く伸びる気配なし。相当な馬鹿力でがっつりいってたのかなと。しかし1本○○○○円・・・誰か買い取ってw

***

メタルを
150710 (13)
あわせて隙間計測すると・・・微妙に広い・.05+α。1枚厚めのメタル手配決定。

***

メタルの滑り止め
150710 (150)
合わせるんですね。いろいろ新鮮です。

Test Run

やっぱり一番楽しいかも。

性懲りもなく、戻ってきました。

ぺりぺり

どうも右側のサイドカバーだけ交換されている様子。赤ベースの中古に上から白を塗った?ような感じ。

その赤が全く土台に食っておらず…

ハサミがどんどん入っていく。ぺりぺりぺりぺり…。

全剥離の方が早いかも。

もともと付いてなかったので後日入手した

フェアリングと共に塗装予定。

どんどん欲が出てきて



タンクも治したいなぁ、なんて。

深追いし過ぎないようにしないと。。

…と、ふと思いついた方法でやってみると

べりべりいきます(=゚ω゚)ノ

ちゃんとしますー。

ばらばら

天気良いので天日干し。

都度「これや!」と思って買ってますが…まー見事に趣向がばらばらw

…ま、ええか。

やって後悔

やらずに後悔するより、です。


あー、絶対失敗する気がする(^_^;)

あっ。

・・・と思いがけずぽちってしまう。

少し前の話ですが
150714gaikan (8)
ハンターカブ入手。いっぺん乗ってみたかったんですよね。

まあ、値段相応の見た目、かなと。「キック降ります」と。

アーマーオール攻撃で
150714gaikan (2)

150714gaikan (3)

150714gaikan (4)
ちょっとましに。

鉄の部分は
150714gaikan (7)

150714gaikan (5)

150714gaikan (6)
はいはい。スポークとか替えたいな。とかなんとか。

よーし、じゃあ中身を・・・とこれがどえらいシロモノだったのです。。

未経験

スロットルが固着している、とのことなのでキャブを外す。
150714cabac (1)
・・・は?


うそでしょ。
150714cabac (2)
ぶーーーっ。。アルミの粉がぎっちり詰まってました。ここまでのは初めて見た。

やな予感。エアクリーナーBOXを外す。
150714cabac (3)

げ。
150714cabac (4)

150714cabac.jpg

150714cabac (5)
だめだこりゃ・・・

恐らく水没車両。

多分
150714RIVER.jpg
こんなことして吸気から水吸い込む
  ↓
エンジン止まる
  ↓
そのまま放置

てな感じかと。

ということは・・・

さらに続く。。

順番がw

今考えればおかしな話ですが、
150714clutchalt (3)
普通は先にこっちと思うのですが

ぱにくって考えたのが「何でキックが降りるのん?」クラッチがおかしいんとちゃうのん、と。
150714clutchalt (4)
開けて見る。水は入ってない。オイルも白濁無し。

固く締まっているので
150714clutchalt (5)
この前買ったインパクトドライバーが今、役立つ。

150714clutchalt (6)

特殊工具を買って
150714clutchalt (7)1
無事分解。

***

このあと遠心クラッチを一通りばらしてもとに戻したら・・・クラッチが生き返り、ちゃんと「キックが降りなく」なりました。

しかし、何でなんだろう・・・未だに解りません。

さて、本丸へ。

ゴールではなく折り返し

さて、気が進みませんがやっていきます。
150714clutchalt (2)
ヘッドカバーをめくってみますが、ピストンが動かないのでカムも動かない。カムが動かないと抜けない。抜けないとヘッドも外れない。さてどーする・・・?

しばし考えて
150714pistoncyl (4)
IN側のアジャストナットを外しました。

これで
150714pistoncyl (6)
カムがフリーになり、分解成功。

はいご開帳。ヘッドは
150714pistoncyl (8)
あらら。

シリンダーも
150714pistoncyl (7)
あらら。

ピストン外してみる。
150714pistoncyl (1)
STDサイズ。リングばらばら。

バルブ外してみる。
150714pistoncyl (2)

150714pistoncyl (3)
ん、こんなもん?

シリンダーを
150714pistoncyl (9)
外してみる。

腰下はスムーズ。このあたりだけかな・・使えるのは。

***

さて、ゴミ箱行きか・・・と思いつつ念のためにFUSEさんにご意見いただきに上がりました。すると

「いけますよ だってカブのエンジンですもん」

・・・続いちゃう。