Contents

瞑想

最近ちょくちょく走ってます。考え事するのにちょうどいい。

昨日はぴったり10km。

今日、そんなに疲れてないので出てみたら膝が痛くてろくに走れない。まあ、ぼちぼち歩く。

田舎道のジョギング、空気が澄んで気持ち…いいだけ。登り下りがきつい、景色変わらんから退屈。で、ぼちぼち歩いてたら一気に陽が暮れ始めた。街灯も無いし、やばいぞこれ…。

楽しめるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

年相応

前からほったらかしにしていた

作業にやっと取り組む。シガーソケットの交換。電源無しで不便だったのです。23年前のクルマ。いろいろ出てきます。

要領が分からず、バラさなくても良いところを



バラし、元に戻す。

結局

グローブボックスとオーディオを外せば


こうやってアクセスできました。

無事

交換完了。

オイル交換も

同時に完了。

現在207,000km。他に乗りたいクルマも無いので車検を受け、タイミングベルトも交換。まだまだ走ってもらいます。

畳ともごもごは新しい方がいい。

何故かパンクしていたリヤタイヤ。見てみると

リムバンドが当時モノw部分的にリムとチューブが接触しており、そこに亀裂が入ったという。。

こういうのは

新品がいいですね。

うあああ。


つまらん修理がまた…。

自業自得。

リスタート

さて、使えるようになった

この特殊工具。しかしネジのピッチが…使えない。

ので

結局元どおり。

カムを

セット。180度ずれてるか、合ってるか。どっちかなー。

ポイントを

新品に交換。

さてとりあえずマニュアルの通りに…と組むが

・カムに書いている印にコンタクトブレーカーの規定クリアランス0.38mmを合わせるととんちんかんなタイミング。

・一番リフトする場所はカムの印が入っているところではない。もうちょい後。

・ん?と思いカムを180度逆さに組むが上手くいかない。

ん?ん?んんん?

と悩むこと数日。

結局以下のような手順である程度合わせました。

ギヤを

2速に入れて

手で



圧縮上死点を出す。

そもそも圧縮上死点って何?実は僕、ピストンが一番上イコール圧縮上死点と思ってました(^_^;)

が、「4サイクル」やろ?…と考え、各所で勉強し、今頃解る。

順方向にピストンを動かし、吸気カムが開いて閉じて、はじめにピストンが一番上にくるところ。

そこで全周分度器をセットし、今の状態を

ゼロに。

で、タイヤを逆方向に回して

38度のところに合わせる。点火タイミング 圧縮上死点前38度。

この状態で

コンタクトブレーカーのカムを右方向に回す。イコール進角状態。この位置で点火するようにコンタクトブレーカーを調整する。

点火タイミングはテスターを当てて…ということらしいですが、それもよく分からない(@_@)ため、結局イグニッションをオンにし、右側プラグキャップにプラグを着け、視野に入るところでカムを動かし、「ぱちっ」となる所を調整。

げ、原始的。。

コンタクトブレーカー、右側から合わせるように、とマニュアル。右側を合わせる際、ベースプレートが上下左右「どうとでも」組める。これが原因でこんがらかってました。

そんなわけで、まとめ。

・まずは進角カムを動かしたときに「ぱちっ」と点火する位置を圧縮上死点38度でセット

・そのまま順方向に回して、一番リフトする位置でクリアランスを0.38mmにセット

…と。これでとりあえずエンジンはかかるように。

***

そんなわけで

テスト走行開始。

とりあえずノッキングがひどい。圧縮が上がったので薄く振れている?

プラグは

うわあああ…薄すぎる?

とりあえず

メインジェットを190から220へ。

しかしノッキングは完全には消えず。考えたら点火タイミング、完全には合わせてない。タイミングライトで…と出してきたが動かない。発注。

***

そんなこんなで

一昨年秋以来、再び元の生活へ。

充実。

こんな感じで歳くって行くんだと思います。

初整備

二次エアか?回転落ちが悪いので

初めて

タンクを外す。

インシュレーター

お見事。

bultaco.ukでリヤスプロケット44Tと同時発注。

too much?

明らかにすっぽ抜けてるリヤサス。まぁこれでも使えんことはないんでしょうけど、いろいろ変えて遊んでみよう、ということで。

HAGON?WORKS PERFORMANCE?IKON?NITRON?

どうしようかな~といろいろ検討した結果

無難につぶしの効くのにしてみました。

ちょっとゲスくなるな…ま、ええか。

フロントも帳尻合わさないと。



これだといいなー

さて、走るとカリカリノッキング。

ニードルクリップ位置で

濃くしても改善されず。

点火時期はほぼオンライン。

多少圧縮は上がったので点火時期を調整しないとダメ?と調べたが大きく触る必要もなさそう。

通行量の少ない道で再び試走。走りながら片方ずつプラグキャップを外す。

左だけで走るとノッキングしない。

右だけで走ると、ガリガリ、ゲホゲホ。

なるほど。

念のためもう一度タイミングライトで確認。左も右もオンラインではあるが、右のフラッシュが不安定。ちゃんと火が飛んでない?

エンジンをかけて再度見渡す。すると、コンタクトブレーカー接点からパチパチスパークしているのを確認。

これは確かコンデンサ不良の症状?

今装置しているのは某所で手配したルーカス「タイプ」のコンデンサ。もしや…

ということで、ちゃんとしたお店で手配いただく。

はい、ホンモノ。

これ換えてダメなら配線かなー。

明日答え合わせします。


やはり純正が良い

さて

ナットついてる方がルーカス純正、ついてない方がリプロ品。

取付位置

裏側の小さいナット。外すのがホントにアレなので


変更。

結果。

ノッキング、ほぼ治りました(=゚ω゚)ノ

点火時期をもうちょっと調整しないと。

身だしなみ?

マフラー

穴開いてるんですよねー。カタチが好きなので着けてましたが、穴開き靴下みたいな。

ちょっとみっともないので

購入当初着いてたのに戻してみるかと。ほぼ「筒」うるさいんです。。

んー



やっぱりノーマルの方が好きかな。穴埋めしよ。

***

急開するとちょっとカリカリ言うので

一番上から真ん中へ。現状#220でもプラグ真っ白。B7ESもいよいよ卒業か?