Contents

さっぱりわからん

説明書をなんぼ読んでもイマイチ分からん。。

とにかくやって見るべ、と昼からごそごそ。

結果。

火、入らず。火花は飛んでるのであとは点火タイミングなんでしょうけど、仕組みかまだ理解できてない。

また貴重な休日が通り過ぎていく…元に戻そうかな(@_@)

いよいよなのか

何となく出来たので現時点での覚え書き。


まずは

バッテリー外して

いよいよ

この景色ともお別れ

配線

外す

プレート

外す

ギボシ

ぱちぱち切って調整したよなぁ。

センターのボルト

外す

カムも

外す。スプリングゆるゆる。

ガバナのアーム

外す

カムプレート

プーラー代わりのボルトを入れて外す

はい

空っぽ

さて。付属のローターですが元のには

こうやって位置決め用の切り欠きがあって、カム側のノックピンと合わせるんですが

これには

ない。ノックピンにも届かない。

どこ?

これで2週間フリーズw

説明書をもう一度よく読んで再開。

とりあえず配線から。まずはプラグキャップ

交換

ハイテンコードも

オススメの物(矢崎)に交換

コイルは

6V用に交換。CDIの保護?こちらの方が良いらしい。

電源の取り方がイマイチ分からず苦戦…そりゃオンオフ探してもわかるわけない。バッテリー繋いで直流オンオフ(=12V⇔0Vが拾える配線)を探す。結果、コイルに繋がる白黄の配線がそれであることを発見。

コンデンサも外して完成。

ピストン位置は反対側の

進角時のマークに合わせて

TRIUMPH TWINはCLOCKWISEを

利用



ローターの赤点が見えるようにセット

んーと

こんな感じ?

これでキックすると…ど派手なバックファイア連発。

バックファイアということは…真逆?

再度

配線図を確認

合ってるような気もするんだけど…電源取る線が左右反対なのかなぁ

とりあえずコイル周りの配線を

真逆に。

これでキックすると…あっさり始動。まじか。

その日の夜

テストラン。少しノッキングが残るがほぼ問題無し。

プラグは

こんな感じ。

数日後

2メモリほど遅らせる。ノッキングゼロに。

途中、ハンチングが発生。路肩整備。結果、キャブのピストンが本体の歪みで動きが悪くなっていることを発見。左右入れ替えたら解消。元々入れ間違えてたのかも。新品買えるようになるまで、右はもうちょいすり合わせしようかな。

そんなこんなで、徐々に使える乗り物になってきましたー。

激変

いろいろ同時進行中。抜け抜けのリヤサスを交換したい、ってことでOHLINSを入手。

元々、取付ボルトの径と着いていたサスのブッシュ径がごっそごそ。これを機会にブッシュを作ってもらおう、といつもお世話になっている

FUSEさんへ。

すると
「現状、スイングアームに対してサスペンションが少し斜めに。真っ直ぐ押せてないですねー。」

よく見ると



確かに…

てなことで



みっちり計測。いつもスミマセンほんとに…

そして昨日。

完成。

厄介なものを…

ありがとうございます!

かなりの精度で

ぱしっと装着。

試走。

凄いわコレ。

元々抜けてたから比較にならないけど、スーパーカブ並みの乗り心地から一転。しっとり走るようになりました。

そしておかげで今度はフロントがよくわからん動きにwフロントも見直します。

しばらく毎晩走るかもw

どやろか

まー効かないフロントブレーキ。前から気になっていたパーツを投入。

じゃん。

AP LOCKHEED CP3125。

早速取付。

にえちゃん おおきに(^-^)/

「ピストンを押す位置が可変なので無段階で」ってどういうこと?と思ってましたがなるほど

前のロックナットを締めて中のピンを調整すれば無段階で押す位置が変わる、と。なるほどねー。

完成。


レバーのカタチが

かっこいい。

さて、試走行ってきます。


45


仕入れたドラム周りに使うボルトナットの件でTRAVIS CYCLESさんと打ち合わせ。

受けた答えが「1/4UNF(28山)と1/4BSF(26山)、どちらかです。」

古い方


新しい方


28山だろう、という事で結論。

***

ところでUNFとかとBSFって?と気になり引っ張りだしてきた

数年前にお世話になった方の著書。


なるほどねー。

…と1人納得しながら迎える45歳。

コツコツといろんなことが積み上がる。疑う余地のない望み通りの人生。幸せを噛み締めています。