Contents

ちょっと疲れた

行ったり来たりの失火問題。

よく見たら(ちゃんと見ろよ)5Ωだったトライアンフのコイルのせいでコンデンサーがパンクしたのか?

というわけで

新品ダイナ3Ω。

市内往復

60km。アフターファイヤーがひどい。収まるレベルまで濃くすると今度はカブる。が、まあ使えんこともないレベル。

週末

びわイチ?ツーリング。

途中て何度かケホケホ。途中から失火再発。

とは言えまあ





それっぽいことは一通り愉しむ。

さて。帰り道に少しずつ悪化。

このパーキングを最後にノンストップで家まで行ったんですが、使えない回転域が徐々に拡大。

もんのすごいアフターファイヤー。後ろのクルマにパッシングされる始末。最後は5,000rpm以下は使えない…

初見の1000Sの方に後方フォロー頂きつつ、何とか帰宅。

げんなり。

着くなりちょっと気を失って、取り戻して作業。

流用情報に基づいて取ったカワサキ系3Ωコイル。が、エンジン始動せず。

コイルの容量不足か、不良か。何れにせよ、今のままではわからない。。

戻り再度点検。ビール呑みながら

配線図確認。

んー

レクチファイアかなー

しかしなかなか疲れる案件です。。



次へ

まさに初恋の相手。が、今の感覚・技量・環境に色んな部分でマッチせず…

置いときゃいいじゃん、という話もあるんですがそれもなんか違うなぁと。

あと何年できるんだ、と考えたとき。

時間は有限。

握ったままでは次を掴みに行けない。

***

ルームミラーの中に映る丸目。

こっち見とるw

ありがとうねー

そしてその次の日。

GSX-R750の売却は、何だか一つの区切りだったよなぁ…なんて考えつつ迎えた翌日。One day trial。

会場到着。するとそこに

BSA M20。

ずーっと前に妙に気になって、一時期調べまくった所謂「サイドバルブ」。

山の中で三桁前後出さないと楽しくない&ついていけないショートツーリングに常々違和感を感じていた僕にとって、ひょっとしてマッチするんじゃないかと。

調べた結果、
・タマ数が少ない
・ちょっと手の出ない価格帯
・皆んなが一様に口にする「あまり、というか全然速くない」
と言う情報。機会があればそのうち…一旦肚におさめていました。

***

「乗ってみる?」

嫌な予感がしつつも…

試乗。

おおお…

そ、そういう事だったのか。。

***

「もうちょっと歳いってからちゃうかな?」とも思いました。が、歳いってからこんな大変なことできる自信がない。体力のある今のうちに取り組んでみようかなと。

「握ったままでは、次を掴みに行けない」

と書いた翌日に、この出逢い。

何が起こるかわかりません。ね。






あらー


確か24V車でしたっけねw

Ask, and it shall be given you.

ちょっと見せてもらうだけってハナシだったんですけどねー

コウちゃん 明日お邪魔しますー

確定

ところで何年式なんだろう、と。

テレスコピックサスになったのは1948年。僕のは
…えーと、

1949年。

さて、どこから始めようか。

タイヤ交換とライニング張り替え、ミラーとバッテリーの手配、あたりかなー。

ただ、今は眺めてるだけでもう。ね。





大丈夫かな オレ(@_@)

こっちかなー

やっぱりうるさい&抜け過ぎのような気がしたので

サイレンサーは元に。

いろいろあって

サイクルメーター再装着。

さて。明日は久々龍神。寝ます。

はい やり直し

昨日のツーリングは絶不調。

・アイドリングが不安定
・ウインカーのフラッシュ回数がおかしい
・加速がもたつく
・アフターファイア連発
・左プラグ真っ黒

と。

ただ、プラグを換えるとしばらくは小マシになるし、標高高い高野山の中での話しなのでまぁこんなもんかなぁーと。ワインディングはリヤサス効果でなかなか愉しい。

帰路に差し掛かった高速道路。嫌な予感がしたので最後尾を走る。するとやはり。

広川のトンネル出口直前で

エンジンストップ。

プラグを換えるとエンジンはかかる。灯火類を見ると…点かない。ヘッドライトが行灯並み、ホーン鳴らず、ウインカー点かず。

充電出来てないな…と。

が、エンジンは何とかかかるので行けるところまで行ってみよう。

途中から片肺に。回転数をレッド手前でキープし、手信号で走る。

県境を越えた辺りで僅かにアクセルオフしたら、ストール。長い下りの中で何度か始動を試みるも、いよいよ始動不能に。

20歳まで住んでいた街の

トンネルで終了。

目立つところに置いてると通報されたらいらんのでちょっと分かりにくいところに置き

柵を乗り越え

茂みを抜け

雨の中を歩いて

駅着。

電車を乗り継ぎ、1時間半掛けて帰宅。車に乗り換え

回収へ。

1時間掛けて現場着。

分かりにくいところに置いたのはいいが、引っ張りだすのが超大変。足元は除草された干し草。雨。かなりの傾斜。滑って滑ってどうしようもない。最後はゲロアタックよろしく車体を横倒しにしてずるずる引っ張り上げ、何とか

積み込み完了。

ちょっと疲れました。体力増強せなあかんなぁ。