FC2ブログ

Contents

温故知新?

振り返るとここ数年、スポーツ走行から離れてしまっていることに気づく。

旧い車両で学べることは多い。温故知新。古きをたずね、新しきを知る。

が、走らせる場所や時代に沿った道具で「今」を走ることによって学べることもある。新しきをたずねることで、古きを知る?

そこから離れてしまってるよなぁ。

その1

というわけでじゃんじゃん行こう、と。

まずはオフロードをたっぷり走るための一台。そこそこの今風足回りと、古くても良く走る2サイクルの組み合わせで捜索。で、引っかかったこの一台。

tm racing TM250E 1998

「よお壊れるから辞めとき」と言う噂をよそにヤフオクで入手。

「まあまあカネかけました」と言う触れ込みでしたが…雨晒し?乗りっぱなし?ちょっとかわいそうな状態。

錆び錆びガタガタ

フロントホイールベアリング


交換。

スローやら何やら詰まり倒してたキャブ

とりあえず掃除


メイン 165。標準より少し低め。

インシュレーターぱっくり

幸い正規輸入車。うえさか貿易さんで部品を分けていただく。

外装



日焼けでえらいことに。新品も探せばあるかもしれないが、ネットで拾った手法でチャレンジ。#180、#240、#400、#800、#1000、#1200、#1500、#2000の順に耐水ペーパー、仕上げにプラスチッククリーナーでひたすら磨く。




限界です…肩外れるわ

ステムベアリング

がびがび。完全アウト。

とりあえずサビ取ってグリス塗って

組み付け。ベアリングとステムシャフトとの径の取り合い、絶妙。

チャンバーも

サビ取って再塗装

メインスタンド

すぐに降りようとする…危ない。。あとやたらデカく見える。スタンドオン状態で1,015mm。ま、軽いので問題無し。

ハブとかペダルとか

ブラケット類が削り出し。磨きがいあります。

オイルは

これ指定。全化のエステルベース。へー。香り最
高!

少し試乗。サスはエンデューロレーサーらしい良く動く設定。しっとり動く。エンジンは今のところ普通に動く。下もまあまああって上はむちゃくちゃあります。開けられへん。街乗り仕様のファイナル設定ですらこれか…面白い!


これで阪下通い復活ですな。

その2に向けて

むちゃくちゃ仕事が忙しいが、どうしても確認したいことがあったので

鈴鹿サーキットへ。


盛況です。

エントリーリストで名前を見つけてたので

MAKOTOさんに会いに。ブレずにロードレースを楽しんでおられます。

お隣りには



FZRや


ザンザス!このカテゴリー、ナンバー付きであれば色々自由だそうです。

250が多かったです。


程なくお昼。西コースからも音が聞こえるので移動。実はシケインから1コーナー迄しか行ったことがないのです。西コースでは







翌日のサンデーロードレースに向けて各ライダーが練習走行中。刺激受けまくり。

ぐるっとまわってピットも見学。

ST600R。この辺りが現実的かなー

未来のGPライダーが

恐らくこの中から。楽しみです。

戻る方向を間違え、南コースから一旦外へ出て再入場。何とか昼からの決勝に間に合う。



S字区間の競り合い、見応えあり。

また来ます。

***

なーんかしんどかったなーと思ったら

ひさしぶりによく歩きました。