FC2ブログ

Contents

部品少な。

さて、クランクをインストール



シムね。とりあえず再使用。

乗っけてみる

なるほどね。

インストーラー

初仕事。





回り留め

こんなことであってるかなー

ヒートガンで暖めて一気に締め込む

さて

ガスケット

作業スペースは

動くやつを外に出せばOK。

こちらも

暖める

ケースを組んでみると中で「かさかさ」





あたりまくってるやん。。流石外品。


調整。



黒ボン叩いて

ガスケット固定







できた

…ん?

やはりやらかす

さて、左側を組んでみましょ


シールと

シール止め

シフターの部品。傷が酷かったので買いましたが



そのままでもよかったかな。。







ただのワッシャーぽかったけど

シフトドラムのピン押さえでした。

オイルポンプ

ピン刺して

スプロケ



反転させて取付

ボルト外したけど意味なし

取付

ポンプ回すほうのギヤ




さて

タイミングチェーンのスプロケをつけようと…あれ?がっさがさ。

まさか…左右反対??

…でしたー。

はいUターン

まあまあ暖めて引っ張りましたがやはり無理。ベアリングにカタついてしまいました。

速攻

モノタロウで手配。

ケースを暖める

ヒートガン、最大からちょい戻しで数分。が、いまいち暖まらない。

まーこつこつやって

取付完了。

使えん

ヒートガン全開であたためる

まあまあスムーズに入った。やっぱ温度かね。

前側に

ピンがないので結構動く。気に入ったところで固定。

ネジの位置を確認できる方法は

迷子にならんで済むのでやはり良いね。

締め付けトルク

軽い。

外すとき苦心したスプロケット

キーがなかなか入らん

ほんの僅か擦って

装着

打ち込み

こんなもんかね

これも

外すとき苦労したなー

トルクなんぼやったかな



まあまあ高いな。

さてシフター

とりあえず交換

STMスリッパークラッチ

なんかネジ足らんかも

あっ

内径違うやん…570用を準備せえ、ってこういうことやったのね。とりあえずノーマルで組むか。




練習練習

カバーを

組み付けていく

ピンね

日本車に比べると少ないなぁ

迷子知らず

0.5で。

ワッシャー

入れて

ハブ・ロックワッシャー・ナットの順で

動かすがなんかおかしい。パーツリストをみる…あっ

戻る

これ忘れてる…ポンプのギヤはずさないと入らない。

仮組み。作動オッケー。

本締め。

規定下限で組む。

マジックの印はバラす前の位置。ま、これで行きましょう。

クラッチプレート・フリクションプレート組み付け


厚みは

新品3mm、装着限界2.9mmに対し2.95~2.98mm。

プッシュロッドとボール

念のため交換

ボール

入れて

ガイド

載せて

ベアリング

載せて

プレート

載せて

プレッシャープレート

載せて

スプリング

新品37.3mm 装着限界35.5mmに対し37mm。

ボルト

で組みつけ。

安そうなボルト…

1.0で。

***

行っては戻り、行っては戻り。事前に調べ倒して一撃必殺…よりは、何度も組んでバラして親近感高めるのが自分には合ってるかな。

どこ行った

ストレーナー

押し込む

本体

セット

これも

念のため

7mmて

未だここしか使わんわ

あっ

これまだやった…いけるかな

こんなピン出てきたけど…

…どこ??ケース周りは何度見てもないのでとりあえずスルー。

アウトプットシャフト。ベアリングの一部を

セット

そして

このワッシャーがない。厚みが数種類あるんだけど…そもそもない。ま、とりあえずそのまま行ってみよう。

オイルシール・Oリング


その上に

溝切ってあるほうが内側。ここにOリングが入ってシールするはず。

んー

念のためワッシャー発注しとこう。。

破壊

さて、シフターのチェックを…と思ったら全く動かない。動いても戻らない。んんん?

ギヤまでバラさんとあかんのん??再び分解。

ここで点検

曲がってる…

何度か組んでバラして理解。シフターの下にある長いピンを

リターンスプリングの間に押し込む感じ。知らずに強引に行ったので曲がってしまったと。

カバーを組みながらドライバーでスプリングを広げて

こんな感じね

新品買っておいてよかった




ある程度戻ったけど

スプリングのみ旧品使います。

なくなった

前の投稿ではバスケット無しで作業していましたが、カバーをつけてからではバスケットが入らない。ので

正解はこんな感じ。


ま、そんなに手間変わりません。

再びセンターナットつけて6kgで締めると

今度はバラした時とほぼ変わらないところまで締まる。ワッシャーの座り加減かな



反対側






ロックナットが

ない。。

ま、進めれるところを

ピストン掃除

クリップのみ

交換

軽く

角落とし。懐かしい。

まあまあキンキンに暖めると

スパッと入った。ヒートガンの使用頻度高。





あーあ

まあマシな方だが



気分転換にやってみた

スタッドボルトには塗るべし、とのアドバイスを頂き

少し戻る

カムチェーン掛けるの忘れてたな、と

針金使って通す

シリンダー載せる…ときに

オイルリング破壊

出るんかな 部品。。

ヘッド組立

途方に暮れる時間ももったいないので

ヘッドの組立。

曲がったバルブを引き抜くときに変形させてしまったと思っていたバルブガイドは、結局問題無しとの判断を頂き交換せず。バルブのみ新品交換&摺り合わせ。念のためガソリン張ってリークテスト

もちろん完璧。さすがプロのお仕事。

一本だけ

なんやわいてきてます…11年ぶりやもんなぁ。。

別に替えんでもいいかと思っていた

バルブスプリング。念の為計測。

規定

新品は全てこの数値プラス0.5mm。

さて。まずはアウター


インナー

結構縮んでますねー

リテーナー以外

全部新品へ。

ステムシール

押し込んで

叩き込む工具

いるんかな…ま、きっちり入ったのを確認。

懐かしい作業

久々これ使うわ

ベースワッシャー

無いのねこれ

コッターの割りの向きとかこだわりつつ





ま、どうせ動くやろけど。組み付けペーストとかあったほうが良いのかな…

スタッドボルト

つけて

こんな感じかな


ロッカーカバーも

組立

Oリング

交換

ロッカーアーム

つけて

あとは

ヘッド組む時までやる事無し。

ピストンリングあるかなー。。

ぐぬぬ…

ピストンリング探しの旅。

純正ピストンはIPAEL、スペイン。まーそれどころじゃないやろなぁ、てな事で他を探す。

アメリカ?の何でも屋さんProXにもありそう。が、リングは日本製?質問入れるも返事なし。まーそれどころじゃないやろなぁ。。

あ、そや。特殊工具分けてもらったオーストラリアのディーラー見てみよ…お、あるかも。質問送信。

程なく

回答。あるにはあるが…約15,000円。。止む無いね。