FC2ブログ

Contents

自爆

20090224011131
ドラマチックやなぁ…

Comments

by 強面1号

あらら~ぁやっちまったなぁ~てな感じですね!、こちらは鳩マークの謎が解けました。扶桑軽合金社製、現在は株式会社アーレスティテクノサービス!ここの製品かと思われます。

Comment#3776
by YO'SHI~

まだ間に合う!

Comment#3777
  • 2009-02-24(Tue) 04:24:46
  • Mail
  • URL
  • Edit
by にえ

「これって後?」と確認した覚えがあるんですが…。ということでSMを確認。構造的にシフトドラムを挿入する途中で装着せねばならないようにみえます。気になりつつ、確認を中途半端にしてしまったのも原因ですね…申し訳ないです。
シリンダーとピストンは上側のケースに載っけたまんまでクランクケースを分割すれば工数はウンと減らせると思います。
部品、ガスケットなどが揃ってさえいれば…分解状態から3~4時間でいけると思います。土・日の何れかなら時間を確保します。お声がけ下さい。

> 強面1号さん
鳩の調査お疲れ様です。
すっきりしました!!

Comment#3778
皆様お騒がせしております by tetsu

>強面1号さん:
やっちゃった~(笑)何かが・・・と嫌な予感はしていたんですが。。外した部品の分別方法が完全に間違っていました。これでまたひとつ、賢くなりました。

Comment#3779
  • 2009-02-24(Tue) 08:05:37
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>YO'SHI~さん:
心強いお言葉、ありがとうございます!やることを覚えているからか、作業時間が少しずつ早くなってきています。そりゃ何度もやってりゃ覚えますよね(笑)3/7、何とか間に合わせたいです。

Comment#3780
  • 2009-02-24(Tue) 08:10:58
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>にえさん:
お気遣い頂きありがとうございます!このプレートはシフトドラムと一緒に保管しておくべきでした。おまけに作業時の見落とし・・・明らかに自分で掘った落とし穴です。申し訳ありませんでした。

昨日の晩は作業をやめて就寝、起きてから各ギヤ・パーツ取り外し~エンジン降しまで終わりました。我ながら早いっ!慣れてきました(笑)今晩、ケース分割~上記のパーツ取付をやってしまうつもりです。エンジンの組立て経験を増やす、と言う意味でとらえるとこれもいい機会です。頑張りますよ~

Comment#3781
  • 2009-02-24(Tue) 08:21:47
  • Mail
  • URL
  • Edit
by YO'SHI~

根本的な原因は当日の作業環境にあったようですね。物理的なものとは限らず、確実な作業を妨げる時間的・心理的要因も含んで。クランクをロワケースに載せればその回り具合、ミッション&シフト機構を仮組みすればその作動を確認して次の作業に移るべきところ、確認を怠ったとしか思えません。ストッパープレートを装着していなければ、シフトドラムを回してみた段階でわかるはずです。慌てずに作業することが肝要でしょう。その意味で、シリンダー/ピストンを装着したままクランクケースを開けるのは好ましくありません。便法には往々にして落とし穴があるものです。便法で問題のないことが検証できていて、かつ、便法でなければ間に合わない場合は別ですが、今回は落ち着いて、組み付けに1分、確認に5分くらいの時間配分でやってみましょう。まだあと10日以上あるから、3回くらいは開け閉めできそうですね。

Comment#3782
  • 2009-02-24(Tue) 09:45:55
  • Mail
  • URL
  • Edit
楽しみが増えたと思えば by あつし

大丈夫
走り出す前に気づいて良かったと思いましょ。
作業を終わったときに、もう一度サービスマニュアル眺めて今日の作業で取り付け忘れが無いかチェックするクセ付けましょう。
何故そんなことを言うかというと、同じ様なことをしちゃったからですね(^^;
http://www.geocities.jp/atu356/SUBARU/2005/200510.htm
の下の方、10月20日の日記でシムワッシャを付け忘れたことに気づいて翌日バラしてます・・・・・

Comment#3783
始末書モンです by にえ

YO'SHI~さんの仰るとおりです。面目ないです。

滑らかさに動作するかを確認する意味で、いつもストッパーを装着せずにシフト機構の動作確認をしているので、つぃいつもの調子で走ってしまいました。あの部品の存在は気がついていて「サークリップだから後でもOKさ」と思い込んでいたこと、サービスマニュアルも読まずにガンガン突き進んだのも失敗の要因です。付け忘れたプレートとは失敗の意味が違います。

心理的な面も大いに影響することを改めて痛感しました。反省点、たくさんあります。うー。言い訳してる場合ではありませんね。

半日ほどメイッパイ反省&凹んで、その後は 元気に立ち直ります。
今後ともご指導よろしくお願いします。

http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/11148674.html

Comment#3784
by tetsu

>YO'SHI~さん:
そんなつもりはありませんでしたが、初めての経験で結果的にはやっぱり慌てていたんだと思います。手は遅くなりますが、一つ一つ味わうように一からやり直します。

Comment#3785
  • 2009-02-24(Tue) 13:07:37
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>あつしくん:
と言うわけで大丸屋はもう少し先の話になりそうだ(笑)

Comment#3786
  • 2009-02-24(Tue) 13:09:01
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>にえさん:
少なくとも初めてばらした時と比べればエンジン内部の理解度は数段上をいっています。いい経験を積めていると実感しています。だいたいこんなに大変なこと、一回でうまく行くはずがないですもんね。回転部を本締めする際、教えてもらった手順が大変役立っています。もっとおせーて(笑)組立編第3ラウンドは写真や文章でしっかり記録して、経験値アップ!といい解釈で行きたいと思っています。そして…完結編としとうごさいます(^^;

Comment#3787
  • 2009-02-24(Tue) 13:24:23
  • Mail
  • URL
  • Edit
by にえ

> tetsuさん
メールありがとうございます。

あなたは、なんてポジティブなんだ!!(笑)

> …完結編としとうごさいます(^^;

これ、掛け値なしの本音ですね(-_-)b

Comment#3788
by tetsu

>にえさん:
いい気分転換になってますよ~
やっちまったぽい部品を見つけた時のあの緊張感と言ったら…仕事で失敗したときや、レースのスターティンググリッドについた時よりも「どきーっ!」とします…癖になってるのかも(笑)。

Comment#3789
  • 2009-02-24(Tue) 14:23:54
  • Mail
  • URL
  • Edit
by YO'SHI~

最後の1行は、冗談キツすぎましたかね。すんません。まあ、時間はたっぷりあるから慌てずに…のつもりでした。しかしまあ、設計も良くないですね。後年の機種では、円周上に並んだセレクターのピンの手前にセグメント(花びら型のヤツ)があって、ケースカバー開ければ脱着できるようになってますよね。やはり過渡期のバイクってことでしょうか。あ~それから、tetsuさん、この前悩んでたベアリング押さえのところのロックワッシャの代わり、どうしました? II型は平ワッシャ+ナットだけなのにIII型でロックワッシャに替わったってことは、緩みやすいのかもしれませんね。

Comment#3790
  • 2009-02-24(Tue) 19:28:15
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>YO'SHI~さん:
先輩から声をかけてもらえるうちが華だと、常々思っております。ですからこれからもばんばん!ご指導頂けると有り難く思います。よろしくお願い致します。で、件のボルトですが、複数の方からご意見頂いたのが「ボルトの掛かりが浅いからわざわざロックワッシャにしているんでしょう」というお話。ちなみにボルトの高さは5mmです。検討の結果、デフの中にあるボルトの固定などに使うスリーボンドの嫌気性強力封着剤で固定しました。いかがでしょうか…

Comment#3791
  • 2009-02-24(Tue) 21:29:57
  • Mail
  • URL
  • Edit
by にえ

> YO'SHI~さん
失敗の後の吸収力って凄いです。いや、こんなことに感心している場合ではないんですが(笑)、このタイミングで投げかけていただいた言葉を重たくも心地よく受け止めております。

> ベアリング押さえのところのロックワッシャ

ココですが、スタッドボルト&ナットの構成になっていますが、ベアリング押さえが(スタッドに干渉して)スムーズに着脱できませんでした。微妙にスタッドボルトが曲がっているのか…そんな感触でした(目視ではそう見えない&ナットはキッチリ当たっていた)。
なんとも気持ちよくない部分です。あと、ベアリングが供周りしているのでしょう、押さえの内径側がテカテカになっていました(周り止めのピンがベアリングには打ってあります)。
んー。どうしてかなぁ?特段の不具合に発展する(あるいは寄与)可能性は低いと思うんですけど、あのエンジンを組んでいて「気なった部位」のベスト3に入るポイントです。

Comment#3792
by yaji

おもろいですね、ここの書き込み。書き込みも返答も全部その通りですね。ここを読んでいて、バイクで峠のワインデイングを楽しむのと同じ感覚を味わいます。返答不要。

Comment#3793
  • 2009-02-24(Tue) 22:22:38
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1254-8cb6da2e