Contents

どないやねん

20090611234502
フォークを外してガタのない位置まで締め込んで、フォークを組むと僅かにコトコト…。ピンポイントですねホントに。難しい。

Comments

by チェリー

アッパーベアリングのインナーレース内径とステムシャフト外径のクリアランスはどうですか?

Comment#4501
  • 2009-06-12(Fri) 16:26:04
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>チェリーさん:
見た目には問題なさそうです。朝はばっちりなのに夕方帰る頃にはかたかた言います。ギャップ踏んだときだけ鳴って、ブレーキング時にはならないんです。少しずつ緩んでるかもしれませんね。

Comment#4503
  • 2009-06-12(Fri) 17:29:38
  • Mail
  • URL
  • Edit
by にえ

アウターレースとフレームの勘合が緩くなってる…なんてことはないですよね?
フレームに収まったアウターレースを、叩いてみて甲高い音がなるかどうか確認してみるといいかも。
以前、ココがグスグス(というか微妙に緩い)な車両をみたことがあり、その時の症状が「組んだときにはチャンとしてるんだけど、走るとたまに鳴る。それもギャップなど過激な入力のときに」だったんですね。
脅すことが本意じゃないけど、指さし確認の意味でやっておくと安心できると思いますよ!
あ、例の件で、うちに来られたときに、一緒に見ちゃうのもありですね。

Comment#4504
by とん

これって難しいですよね。ゆるいとガタつくし、きついとスネーキングしますしね。RZVのフロントを変えたときは締めすぎで60キロぐらいでスネーキングしてました。ちょっと緩めると良くなって160キロまで大丈夫になり、さらに緩めると、メーター振り切っても大丈夫になりました。
が、しばらくすると止まりしなにいやーなカッコンという感触が。
それを治しにツーリングに行ったのに・・・体治すはめになりました。v-40
締めて確認、緩めて確認、こればっかりですな。

Comment#4506
  • 2009-06-12(Fri) 19:05:51
  • Mail
  • URL
  • Edit
ステムシャフトとのクリアランス管理 by コンプライアンス

 チェリーさんがおっしゃっていることについてですが、ここのガタは結構大きい設定(というか標準状態ではスカスカで正常)で、ガタをなくそうとするとついついベアリングのプリロードが大きくなって結果スネーキングにつながるということが多いと思います。 厳密に管理しようとすると爽快号がお手本になりますし、JB店長さんのカラーも安定的でいいと思います。上側ベアリングのタマタマの動く軌道が大径になるのもシャフトをがっちり支持するうえでいいですよね。http://blogs.yahoo.co.jp/xj750e2/16706787.html
 私のはシクネスゲージで作ったシムですが、こんなものでもすごく効きます。

Comment#4509
  • 2009-06-13(Sat) 08:37:49
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>にえさん:
新しいのを組んだとき一応確認しましたが、そこは僕のやること。怪しいもんです(笑)。良かったらみてやってください。

Comment#4510
  • 2009-06-13(Sat) 13:48:36
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>とんさん:
そんな経緯があったんですね。組んだ直後はなかなか良い感じなのでこの部分はこだわっていきたいと思います。

Comment#4511
  • 2009-06-13(Sat) 13:57:05
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>コンプライアンスさん:
ありがとうございます。JB店長さんの記事、今読み直して徐々に理解できてきました。自分で本当に疑問を持たなかったことって、あんなにわかりやすい見本を見ても、わかっているようで全く頭に残っていないですね。よく読んで出来ることからやって行きたいと思います。

Comment#4512
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1371-61c443c2