Contents

初先導

前後サスのリフレッシュというネタ(嬉)があるのですが、その前に。

今日は朝からにえさんとツーリング。コースは僕がいつも利用している和歌山方面を案内させていただくことになりました。僕はいつも誰かに引っ張ってもらってばかりなので、何だか新鮮な気分で朝を迎えました。

6:30集合。
0908160641.jpg
軽く打ち合わせをして出発。

少し遠回りをする形になりますが、まずはいつもの河内長野市観心寺前~南河内グリーンロード~広域農道。

休憩所にて。
0908160758.jpg
フロントフォーク突き出し変更中。作業しながらお話。予想よりも良かったようで「結構おなかいっぱい」って。まだまだでっせ。この時点で8:00前。

小休止の後、出発。が、直後。こんな啓示を頂いていただいていたにもかかわらず…ガス欠。コックはONなんですが…リザーブ、効いていないようです。。ゴメンナサイ。

が、すぐにガソリンスタンドが見つかり、万事休す。このときと全く同じ形でGXを押してもらい、無事給油。年中行事か?
0908160831.jpg
実はメーターが壊れたままで、何キロ走ったのかが全くわからない状態。早急に直さなくては。

貴志川市を抜け、海南金屋線と言う峠へ。帰省ラッシュの影響か、いつもよりもクルマが多かったです。

9:30。
0908160943.jpg
抜けたところのコンビニで休憩。朝めしを食べながらうだうだ。クルマ、多かったでしょ、と聞くと「景色もよく、なかなかいい道!」とご高評。が、ほんとにおいしいのはこの後。。

10分ほど休憩して出発。金屋町からR424で南下。渓流釣りを楽しむ人たちときれいな川の流れ、独特の緑
0908161039.jpg

0908161040.jpg

0908161041.jpg
を楽しみます。ミラーの中のにえさんを見るといつもと違い(笑)シールド上げてきょろきょろしながら走っています。景色を楽しんでもらえているようで、何よりです。

10:45。
0908161056.jpg
道の駅龍游。

ここでも小休止。
0908161055.jpg
二人とも敷地内であっちへうろうろこっちへうろうろ、やってることばらばら(笑)。が、何なんでしょうねぇ、同じタイミングでヘルメットに手が伸びます。程よい休憩の長さでたったと進みます。

このあと僕が最も好きなセクションへ。クルマも少なく、路面もいつもどおりばっちり。全長10kmありませんが、今日も満喫させていただきました。

途中の工事現場用の赤信号でとなりに並んだにえさんを見ると…よだれが出ているように見えました。

11:30。うちの嫁さんの実家に立ち寄り小休止。
0908161156.jpg
自家製梅ジュースをよばれ、おみやを頂き出発。

12:00。阪和道みなべICから大阪へ。途中、紀の川PAで
0908161323.jpg
ガソリン補給。燃費良かった!ようです。僕のも同じくらいの燃費かな?

14:00ごろ高速道路上で解散。お互い14:30ごろには帰宅できました。

がっつり丸一日走り回るのもいいけど、これくらいの時間に戻るのもどうかな?と思い設定してみました今回のルート、いかがだったでしょうか。早く戻ればもうひと遊びできるもんね~ビール飲むもよし、お買い物行くのもよし。アレンジ、ショートカットもかんたんなのでこれからもどんどん進化させていきたいと思います。

しかし、同じバイク、同じような人間(笑)で楽しむツーリングがこれほどおもろいとは。にえさん、また行きましょう!

Comments

今日も ありがとう! by にえ

んもぅ、連休の最終日だというのに「浮き足立って」しまったじゃないですか(笑)

行く先々で「あっち」へウロウロ、「こっちが気になり」ウロウロしてしまいました。
別に話しがツマランわけでもないのに、スッとヘルメットに手が伸びてしまう心地よきシチュエーションに多謝です。

今日は久しぶりに「俺はバイクに乗りたくって、乗ってるんだ」なんて『当たり前』のことをタップリと思い出させていただきました。
人は 常々意識しているようでいて、肝心な何かを忘れがちだってことなんでしょうか。


相手が自分を慮ってくれていて、だからといって「もてなしてもらってる」仰々しさもない。
例えば飲みにいって「次の1杯」のタイミングが仮に一緒じゃなくても、「次、どうする?」って声がけしてくれるタイミングが絶妙であれば最高ですよね。
どこか、それに似た…そう、普通のようでいて、なかなかありえない関係であることを強く再認識し、愉しむことができました。
(バイクだと、車間距離、車線変更のタイミング、休憩までのスパン…になるのかな)

また行きましょう!

#おみやは、早速胃袋へ滑り込んでいきました!

Comment#4941
ありがとうございました! by tetsu

最後にもうひと盛り上がり!になりましたね。僕もめちゃめちゃ楽しかったです。

とってもらっていた車間距離、今までに無い安心感を得ました。一緒に走ってるのにこれほどまで「前に」集中できたのは初めてです。二人で走ってる感覚ではなく、一人で走っているような感じと言うか何というか。いい勉強になりました。

ちなみに僕が知っているコースレパートリーは…以上(笑)。まだまだいいルートはいっぱいあるはず。開拓していきたいですね。

しかし手前味噌ですが、GX750ちゅうバイクは、本当によぉ出来たバイクですねぇ。

Comment#4942
by にえ

車間距離…そういうてもらって、さらにホッとしましたぁ。

ミラーにずっと映ってるのを嫌う人もいるんですわ。(あれが集団の中の3、4台目だと印象変わってくるやろね)

普段、ボクは先頭を走る事が多いので、あんまり自信なかったんですよ。
けど、引率してる側からしたら「ついてきてる」安心感は欲しいかな?って思って、あの距離をおいてました。

集団で走るときって、全員が(経験とか技量とは別のところで)「個人として成立」してなきゃうまくいかないんじゃないかなぁと近頃思います。

ただ、「ついていけばいいや」では、引率者の声は届かないような気がするし、引率者も同様で、「ついてきてるから大丈夫だろう」では不十分だと思うんですよね。
引率者と付いていく側の双方(全員)が相手を意識し、慮ってこそ集団走行が楽しくなるんじゃないかと。

…なんてことを、昨日の道中で、再認識させてもらいました(^-^)/

そういや、GXって、たまに存在が消えませんか?昨日みたいなところを、心地よいペースで走ってると「またがってる」ことを忘れることがあります
たまに、トコトン自己主張しよるけど(笑)

Comment#4943
by tetsu

>にえさん:
やはり考えを持って動いていただいていたんですね。先導することが多いからこそ…かと思いましたがそうではなく、やはり「人柄」なんでしょうね。普段から先導することが多い人でも、引っ張りまくってそのまま消えていく人とか、居てるもんね(笑)。

昨日は「先導している感覚」が本当に希薄でした。高校生のときに毎日一緒に走ってた仲間と走っているような、目線が同じ(もしくはそれを理解できる)人間との走行感覚。不思議でしたね~。1+1ではなく、1x1=1みたいな。

ちょっと考えてみましたが、一般公道の流れの中で「このときはこうするのがベター」という答えって、あまりにも多岐に亘るので文にするのは無理なんじゃないかと思います。出来る人は初めから出来るし、出来ない人はいつまでたっても出来ないし、ある人が危ない、もしくは不快に思うことが、別の人にとっては真逆のことだったりするのかもしれないなぁ、と思いました。

この時代に、こういう文化が根付きにくい日本という国に住み、オートバイという変わった趣味を持った変わった連中が、お互いの気心をそんなに理解しないまま、ヘルメットかぶって無言で一緒に何キロも移動するわけですから、違和感を覚えるのはある意味当然なのかもしれませんね。

そのあたり、昨日は本当に勉強になりました。

GXのキャラクター、本当に面白いね。面白い、気持ちよいと感じる設定スピードが絶妙で、それ以上スピード出すのが本当に馬鹿らしく思えてしまう。今の僕にとっては本当にぴったりだと思いました。

Comment#4944
  • 2009-08-17(Mon) 10:43:23
  • Mail
  • URL
  • Edit
by にえ

> tetsuさん
一般公道における動きは確かに答えがありませんね。

ただ、意識を払えば、急激に相手のことが分かるようになっていくのも、バイクを通じて知ったことの一つです。
(究極的には他人同士が分かり合うことはないのだけど)

tetsuさんの走りを ミラー越しにみることはあっても、真後ろで走ったのは2度目かな。前はほんとに短い距離だったので、実質初めてなわけです。
前半は、どうしたものか分からんかったけど、そのうち「車線変更する前には、こういう風に振舞うんだな」なんてことが把握できたり、さらにいえば「どういうときに車線変更する」のかも分かってくる。
こうなりゃ、相手がウィンカーを出す前に、後ろのおいらは後続車を塞ぐ格好で、先に車線を変えられる。

こういうのって、面倒だと思えば面倒かもね。
だけど、そこに喜びを感じることができる人同士なら、どんどん美味く(≠上手く)なるんじゃないかな。

tetsuさんの言葉を借りれば、
> 出来る人は初めから出来るし、出来ない人はいつまでたっても出来ないし、

という部分に繋がるように思います。

だからといって、「合わせよう」として振舞ってるわけではないところがポイントかも。

…なんていうから、協調性がないだの、あいつはロクでもないからトッチメテしまえ!なんていわれるのかな(笑)


今日、某所に書いた日記で「便利さは必ずしも豊かさと直結しない」風のことを書きました。
あれは、3日連続のツーリングで感じえたことだったりします。

仮に、同行する人達が”無線”で繋がってたら…皆が、満足できるように動けるか?といえば、きっとそうじゃないはずです。
(アソコの花が綺麗だっただの、次はどこで曲がるかなんてことは、気になるなら、サッととめて話せばいーのだ(笑)。見逃したら、戻ってみりゃいいのだ)

自分の力で支えなければ、アクセルを開けなければコケてしまう乗り物に、わざわざ乗ってんだからねぇ~。
個として、しかと自立し、その上で周りと対峙できるようになりたいものです。

さ、素面のうちにこれだけ話しおけば、酒の席での盛り上がり度は更に…(笑)

Comment#4945
by tetsu

>にえさん:
バイクに乗っているときの挙動全てが全人格をあらわすとは思いませんが、普段見えない部分が見て取れるので面白いなぁと思います。僕はいったいどんな人間に見えたのか・・・こんどじっくり聞かせてください(笑)。

協調性、ねぇ…そんなものが兼ね備わっているならバイクなんて乗ってないもんねぇ~てなことを言っているからいつまで経っても○○○○○○(笑)。ま、そんな感じで。

無線は未経験ですが、その辺のお便利グッズは一旦知ってしまうとそれ以降、絶対それにもたれてしまうと思うので、バイクに関してはあくまでシンプルに原始的に楽しみたいと思っています。

それより何より、信号待ちのときに並んだ仲間とヘルメット越しに大きい声で話すのって、楽しいもんね!

Comment#4946
  • 2009-08-17(Mon) 17:55:40
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1439-b47f1a23