Contents

ぱちっ

ゆるゆるだったのですよ。

落札したマスター、ハーレー用だったのでハンドルのパイプ径が違ったんです。

で、適当なプラ板+ガムテープで
0909061240.jpg
隙間調整。当然ぐにぐに。

この件をにえさんに相談したところ、次のパーツを準備頂きました。
0909061241.jpg
最近、とある職人さんとタイアップして部品製作を始めたようです。

ハンドルバーの直径付近まで広げて「ぱちっ」
0909061242.jpg
良い感じ。

組み付けました。
0909061244.jpg
完璧です。ブレーキタッチもさらに良くなりました。何より、安全です。

にえさん、ご協力ありがとうございました!

Comments

by ピッツS

丁寧なお仕事してるカラーですね。
内側も外側も面取りしてあるし。
こういうちょっとしたところで、手を切ったりとかしちゃいますから。金属のトゲは、刺さったらズキズキしてたいへん!

国産でも、アメリカンのハンドルって、何気に太いですね。

Comment#5037
  • 2009-09-06(Sun) 23:20:27
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>ピッツSさん:
素晴らしいお仕事です。商品化も?ご入用の際はぜひにえさんへ…ってこんなお仕事なかなか無いですね(笑)。

Comment#5038
by にえ

お゛…。これみていーこと考え付きました( ̄ー ̄)

ちょぃと図面ひいてみよーっと。

Comment#5039
by YO'SHI~

しばらく『ぐにぐに』で走ってたんかな~(笑)? ところで、インチバー用カラーは2つ割りではあかんのかな?

Comment#5040
  • 2009-09-07(Mon) 08:56:42
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>にえさん:
お!気になりますね~楽しみにしております。

Comment#5041
by tetsu

>YO'SHI~さん:
もともとぐにぐにしたタッチなのであまり気になりませんでした。僕の整備したバイクは危ないですよ~(笑)。2つ割りのカラーですか。考えて自分で作りかけましたがドンピシャサイズの素材が手元にない→ホームセンターのパイプコーナーで見たが同じくいいのが無い→じゃ少し小さめのパイプを自分で微調整しよう→が、均等に加工できない→取り付けたときの接触面にムラができる→結局ぐにぐに…となると思い、素直ににえさんに依頼してみたしだいです。

Comment#5042
by にえ

1インチ(外径25.4mm)の1.6mm厚の管を反割りにすれば理論上はOKかも知れません。が、実質的に当該サイズの市販品の多くは、板厚精度が担保されていません。
この板厚であれば、熱間仕上げ鋼帯を用いて製造されるのが一般的ですし、当該サイズの管の板厚公差(JIS品/機械構造用の場合)は具体値が書けないほどあります。製造業者は限界まで板厚を薄くしますので、結果はズボズボ。
ワンオフ製作の場合、完全な反割り構造だと工数が増えてしまいます。今回は素材の選定に随分配慮いただいたので、当該形状で”非分解で装着可能”となっており、反割り構造よりもメリットが大きくなっております。

Comment#5043
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1461-288bcf6d