Contents

どんどん旧めに

10年ほど前、体力づくりのために、と始めた自転車でしたが、いざやってみると着替えがオートバイのそれ並みに邪魔くさかったり、なんやかんやと小物でお金がかかったり…思った以上に時間や手間がかかり、結局手放したのが去年のこと。

最近、自転車での運動の代わりのつもりでジョギングを始めました。最初の頃はしんどかったですけど、少しずつ慣れてきて、ある程度心拍とカラダが落ち着くと何とも快適。

毎日走るのが良いんでしょうけど、あえてそうはしません。「毎日走る」のを目標にすると、一日でもサボると「目標未達」の負い目から一気に嫌になるタイプで、過去に何度もそうなってきているので。。

しかしここ最近は数日空けると「走りたい」とカラダが欲するようになってきました。ま、いい傾向かと。

***

「運動不足解消目的」という従来までの自分の中での「自転車ポジション」みたいなものは補完されたんですが、ヘルメット無しで乗れる普段の足であり、その気になれば風や景色をのんびり楽しむツールとしても使える自転車がほしいなぁ…と思っていました。

普段の足、ということであれば、スーパーの駐輪場にぽいっと放っておけるようなものでないとだめですし、かといって今売られている使い捨て自転車も乗る気にならない。

で、考えた結果が「国産の実用車」。このときすでにその考えは固まっていました。で、こそこそとホリゾンタルフレームの実用車をウォッチ。予算は送料込み・乗り出せる状態にして1万円まで。しかしこれがなかなか予算に合う出物が無いんです。安いのはたいがいタイヤがだめで、高荷重対応の高価なタイヤを履かなければならない実用車はその時点でほとんどが予算オーバー。いいのがあったらあったでマニア達の取り合いで値段が上がったり。

***

一方、去年春ごろから気になってちらちらと情報収集していた際、とある方のBlogで見かけた「Roadster」と言うジャンルの自転車。
sunbeam.jpg
これが本当に何ともいえない雰囲気をかもし出しているんです。惹かれます。

1920年代から30年代頃、英国はじめ欧州で作られていた自転車の一種で、名前のイメージ通り「公道での普段使い+ツーリング+スポーツランのための車両」です。見た目から「実用車のベース・始祖のようなもの?」と思っていました。

しかし、その内容・造りとも全く違います。

先日このエントリーにコメントをいただいたraijin & fuujinさんのBlogにその素晴らしさがたくさん書かれています。知れば知るほど全くの別物。「モノとして正しいものに触れて、自転車の本質を学びたい!」興味が沸き、調べまくりました。どうすれば入手できるのか?価格は?補修部品は?…いろいろ調べましたが結局全く分からずじまい。

その前に「道具として、生活の中にどれだけ取り入れることが出来るか」という点から考えると、まだその時期ではないと判断。先に「普段から自転車を使う人間」を仕上げないと、単なる「モノ集め」に終わってしまうのではないかと。僕の悪い癖でもあるんですが(汗)。

***

で今回、ぴったりなのが出てきたので
100402 (7)
そんな悶々とした状態からとりあえず一歩前に出てみることにしました。

100402 (5)
片倉シルクのスポーツポニーという自転車。

100403.jpg
シングルスピード、ロッドブレーキ。
出品者曰く25年ぐらい前の自転車だそうです。「スポーツ」と言うネーミングから拡大解釈してみたんですが…多分ふつーの軽快車(いわゆるままちゃり)なんでしょうね。

しかし、色(黒が欲しかった)・フレームの形・予算・そして何より、色々な意味で「今よりもいい時代」に作られたモノであるということ、全て望み通りなので満足してます。

ちょっと乗ってみました。嫁さんの自転車より少しだけギア比が高い?ような気がします。とりあえず乗るだけ、のつもりでしたが、ライト・革のシート・サドルバッグぐらいは取り付けたいなぁ…なんて考えてます。

気がつけば、身の回りの乗り物がどんどん旧いものになっていってます(笑)。

Comments

by あつし

良いねえ。
うちも車にバイクにTVやパソコンなど、かなり古い物が転がってます。
旧ければ良いということはなくて、旧いけど今も残っているものには、良い部分があるんやろうね。
何人かの手に渡ってきただろうけど、その誰もが廃棄処分するのがもったいないと思える何かが。

チェーンカバーの形状見てたら、結構なギア比なんかな。
平坦な道やったらそこそこスピードでそう?

Comment#5408
by MAKOTO

たしかに今はママチャリか高級RRやMTBばかりで、こういった普通の格好の自転車みませんね。
子供のころ、うちの爺さんが自転車にでかい箱をくくりつけて、魚を売りに行ってましたが、あれなんかが実用車っていうものなんでしょうか?

ぼくも怪我のリハビリで自転車に乗り始めたのですが、自前の足で走るほうが手っ取り早いとジョギングにかわっていきました・・

Comment#5409
  • 2010-04-03(Sat) 09:07:11
  • Mail
  • URL
  • Edit
by ピッツS

「片倉シルク」といえば、有名なランドナーメーカーですね。
フレームパイプ継ぎ手辺りを見ると、安物自転車とは作りが違うのが、よ~くわかりますよ。
このテールランプ、バイクに付けてもカッコイイかも・・・

Comment#5410
  • 2010-04-03(Sat) 22:11:25
  • Mail
  • URL
  • Edit
ロードスター by コンプライアンス

こーゆー自転車って、20年くらい前は当たり前の存在で、粗大ゴミなんかに出てることもありましたね。確かに最近は見かけません。耐久消費財オーラがステキと思います。自転車は使用場所の地理的環境に応じたものが必要と思います。ウチの近所はシングルスピードだと押し前提になります。GBはあまり高い山がないと聞きますので、こういう自転車は川沿いとか海のお近くだとフィットするんでしょうね。

Comment#5411
  • 2010-04-04(Sun) 00:21:43
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>あつしくん:
確かに何十年と残っているモノってのは、ちゃんと理由があるんやろね。でも、「良く考えたら25年前ってそんなに古くないよなぁ」と思ってしまう自分の感覚が何だか・・・って感じです。。

ギヤ歯数はまだ数えてないけど、そこそこスピードは出そうな感じ。思うに、街中ではスピード云々よりも、いかに取り回しが「気分的・物理的」に楽か、と言うところが重要だし、トータル時間的にも有利だと思ってます。

Comment#5412
by tetsu

>MAKOTOさん:
確かにほとんど走ってませんよね。だからたまに街中でご年配の方がふらーっと乗っておられる実用車に目を奪われてしまうという…おかしなことになってます(笑)。

体力づくりは僕も同感です。ロードに乗っていたときのこと。いつも行ってたヒルクライムのタイムが頭打ちになったんですが、ランニングを始めたとたんタイムが良くなり…どやさ これって感じでした。

ヒトの機能として「自分の足で走る」ことはある程度できるようにしておきたいですよね。

Comment#5413
by tetsu

>ピッツSさん:
メーカーにこだわりはありませんでしたが、しっかりしたものを作っているんだろうなぁ、と漠然とした期待をこめてこれにしてみました。

テールランプは残念ながらレンズが割れています。が、驚いたことに中には電球があります。当時にしては高級装備だったんでしょうか。

Comment#5414
by tetsu

>コンプライアンスさん:
確かに坂の多いところだと変速はほしいですよね。言われてみれば、昔住んでいた街がまさに坂だらけで、変速機がない自転車がほとんどだった当時、前かご後かごを買い物袋でいっぱいにして押しているおかあさんがたくさんいたような気がします。懐かしい。。

道具っぽい感じが大変気に入っています。大事に乗っていきたいと思います。

Comment#5415
はじめまして by SHIN

はじめまして、大阪在住のSHINです、最近SM570Rに乗り始め、現在、tetsuさんの近所の忠岡のT氏にOHしていただいております、私も、もう一台のバイクは3気筒のトライアンフです、またいろいろ教えてください。

Comment#5451
  • 2010-05-12(Wed) 19:05:44
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>SHINさん:
初めまして。570、いいですよね。O/H後はさらに良くなりますよ!こちらこそよろしくお願いいたします。

Comment#5452
  • 2010-05-13(Thu) 09:55:43
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1590-ea86bd0d