Contents

あめふって

あまり褒められた方法ではありませんが
100613 (5)
超テキトーにジャッキアップ。オフロードバイク的なスタンスで作業してしまうのは車重の軽さ故か。

100613 (6)
タイヤ交換。フロントも同じようにやろうかと思いましたがさすがに無理…えらいことになりかけました。結局、okakenさんにスタンドをお借りして作業完了。バランスは取ってません。まぁ、問題ないっしょ。

バッテリーが完全に上がっていたので
100613 (7)
交換。やっすいですね。

100613 (12)
送料込みで5,000円。1年保障ですって。

ガソリンでワックスをふき取り
100613 (11)

とりあえず完成。
100613 (13)

走り始めるとキャブのセットが全然だめ。路肩に寄せてマイナスドライバーで調整開始。ひえぇ、こんなのわかるんかいな…と思いながら始めました。

しかし、思った以上に簡単でした。ドライバーを持ってごろーんと寝転がると
100613.jpg
こういう景色になります。

ご覧の通りエアスクリューへのアクセスが本当に簡単。アイドル調整スクリューや同調スクリューも同じくです。

そしてキャブ調整に対するエンジンの反応もとても確認しやすい。エアスクリューを絞りすぎるとキャブ本体が「ごほっげほっ」と咳をしながらぼこんぼこん動き、開け過ぎると今度は視界の下のほうにあるサイレンサーから黒煙がぼこぼこ…これが左右で独立して確認できる、と。今まで触ったバイクの中で最も単純明快です。

自分なりに「ここかな?」と思えるところまで調整してみると…ほぼ元通り。とりあえず覚えやすいところで左右とも3回転にセット。あとはプラグの焼け具合を見ながらぼちぼちいきます。

足周りのセットもマニュアルに沿って標準化。リヤのイニシャル値をマニュアルの中で見つけられませんでした。車体をスタンドオフして立ててもリヤが全く動かないほどだったので大幅に(10mmほど)抜いてみました。

さて、今日は絶好のテスト日和。朝からぶらぶらしてました。
100613 (9)
普段遣いでいかに「使える」バイクかどうか。僕はこれを雨の中の走行でだいたい判断します。天気のいいワインディングで楽しいのは当たり前。こういう状況で楽しさ(決して扱いやすさ、ではない)を感じることができるのか。

結果。雨降って地固まる、です。思いついたことをぼちぼち書いていきます。

Comments

by ピッツS

この乾式クラッチは、前方が丸開きなんですね。

細目のネットなど張ったら、いいかもしれませんね。

Comment#5508
  • 2010-06-16(Wed) 01:03:00
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>ピッツSさん:
そうなんです。何の効果を狙ってのことか、よくわからんのですが…。ガチャガチャやかましくって雰囲気はありますが(笑)。網、良いかもですね。100円ショップ覗いてみたいと思います。

Comment#5509
  • 2010-06-17(Thu) 09:03:08
  • Mail
  • URL
  • Edit
by RYO-HEY!

お久しぶりです。 ブログ引っ越しました!
仕事もバイク屋に戻りました。ドカ、トラ、アグスタ、インデアン、ベクトリクスを扱っています。ヨロシクです!!

Comment#5510
by tetsu

>RYO-HEY!さん:
お久しぶりです。療養…ですか。お体良くなったようで何よりです。バイク屋さん、大変な時代ですけど頑張ってください!

Comment#5511
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1614-c8d25a7f