Contents

調整開始

楽しみにしていたサスペンションセッティング。まだまだ経験不足。前後フルアジャスタブルのこいつで徹底的に遊びたいと考えています。

とりあえず
100617 (9)
標準化からやってみました。

イニシャル:18mm 圧側:6
100617.jpg

伸側:4
100617 (2)

リヤは圧・伸とも1回転戻し
100617 (3)

リヤのイニシャル・SAG
100617 (4)
・・・がどこにも書いてません。

しかし車体を起こしてもほとんど車高が変わらないほどぱつんぱつんだったので大幅に抜いてみました。10mmぐらい。

ちなみにその他のアジャスターもぱっつんぱっつん。前オーナーさんは相当な速度域で走っておられたと推測します。。

この状態でしばらく乗ってみました。フロント、マニュアル通りだとかけすぎなのかな?と思いましたが問題なし。思った以上によく動きます。

リヤのイニシャルもさほど違和感を感じません。確かに後ろは低いけど、乗り易い。

今日、少し締めてみようと思い実験開始。
100627.jpg
長男に手伝ってもらい、計測しました。

計測ポイントはシートレール・カウル取り付けボルトと
100627 (2)
スイングアーム中心。

作業前
0G(伸びきり状態):405mm
1G(車体のみで直立):390mm
1G'(乗車状態):375mm

で、とりあえず1回転締め。
0G:405mm
1G:393mm
1G':380mm

5mm上がりました。ちなみにスプリング長は369mm。

試走。びっくり。わかるもんなんですねぇ。ずいぶんリヤが上がった気が。前傾が強まり、路面からのギャップもきつくなり、しまいに腰が痛くなってきました(笑)。

とりあえず元に戻しました。今日は時間がなかったのでここまで。次は、さらにぱっつんぱっつんに締め上げるとどうなるか、実験してみたいと思います。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1615-8d7eeccd