Contents

ステムベアリングの整備

去年の5月に作業してますね。このグリスで行くならメンテのスパンをもう少し短めにしないといけないなと思いました。

さて、早速開けてみます。
100711 (4)

100711 (2)
熱のせいかなぁ、ほとんど抜けてました。

100711 (5)

100711 (6)
若干アタリがついてます。特に下側、きっついなぁ。またこんなことにならんように気をつけないと。

さて、今回は
100711 (7)
メカニコさんに教えてもらったこのグリスを使用してみます。

たっぷり出してみると結構ねばねば。
100711 (8)
耐熱性はかなり高そうです。

ちゃちゃっと組んで走ってきました。

グリスが無しから有り、になったのでやはりかなり良くなりました。酷い状態で乗ってたのねぇ…。

動きについては、前回のグリスより少し粘り気がある+ハンドル変更の加減もあって前ほどは動かないような印象。もう少し様子を見てみます。

ちなみに次のグリス、すでに決定してます(笑)。A.S.H.の添加剤・FM-ZEROと同等成分?のA.S.H.耐熱グリスがあるそうで…楽しみです。

Comments

by トモキック

ブレーキグリスは思い付かなかったですねぇv-14
耐熱性は良さそうでうが、ステムって熱持つのかなぁ?耐圧性はどうなのか気になるところです。
楽しみにしてますよ~!
カブもね!

Comment#5523
  • 2010-07-12(Mon) 19:35:39
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>トモキックさん:
お久しぶりです!
前のグリス、さらっさらだったので早めに落ちちゃったのかもしれません。その代わり、動きはやっぱりすんごいですよ~つるんつるんです。騙されたと思ってぜひ一度混ぜ混ぜして(笑)作ってみてください。
カブは今やメインマシンになっております…。

Comment#5524
  • 2010-07-12(Mon) 20:52:18
  • Mail
  • URL
  • Edit
by mekaanikko

おぉ・・自己責任でやってくれてますね(笑

このグリス、ドラムのライニングとプレートの接触部分に塗って2年もすると、かなり固くなっていますが、常温使用では結構良い感じで粘ってます。
ちょっと調べたんですが、耐圧性は通常のベアリンググリスよりかは高いようです。
自分がやる時はステム下側ベアリングは、ベアリングの上側にグリスをのっけます。ニュートンの法則で勝手に垂れて来てくれるので、自然にグリス補充してくれる便利な方式です・・・・・・実際に役立っているかどうかは不明ですが!(笑

Comment#5527
  • 2010-07-15(Thu) 10:09:22
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>mekaanikkoさん:
はい!もちろん自己責任(笑)。楽しく味見させてもらってます。

耐圧性、いいんですね。言われてみればステアリングの感じ、一皮厚いような…気のせいです。

重力落下方式、いいかもですね!次回はスーパーカブに作業予定してますのでそうしてみます。

Comment#5528
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1625-06a2c18b