Contents

秋ですねぇ

涼しくなると作業しやすいですね。
100929 (7)
カラダが楽だと集中してできます。

さて今回は
100929 (11)
何度あわせてもこの位置に来てしまう吸気カム。面研してもらった結果、バルタイがずれた→ピストンとバルブが接触→音発生、というまず無いと思われる仮説をやっつけてみます。

パーツリストを見ると
100929 (9)
あれ?もしやそういうことがあったときの為にこんな穴があいているのか?盛り上がってきました。

今回チェーンを切らずにカムを外せるかを実験してみました。結果、外れました。しかし組み付けが相当厄介かと。結局今回も切りました。
100929 (10)

では分解。
100929 (13)

あれ?
100929 (14)
穴、開いてませんね。

そんなわけで位置決めしているピン穴を長穴加工してみました。少しだけリューターで削って
100929 (15)

100930.jpg

100929 (17)
こんな感じ。

さて
100929 (18)
めんどくさいのが

100929 (19)
チェーン掛け。

カムを取り付け、上死点を出してチェーンを…あれ?上死点を出そうとクランクを回しますが、回りません。ギヤが入っているような感じ。

ん~?と思ってダイアルゲージを外すと…
100929 (22)

ま、まさか。。いや、たぶんそうでしょう…ってことでエキパイ・オイルフィードパイプ・スタッドボルトを緩めてヘッドを外すと
100929 (20)

100929 (21)
ふぅ…。

ま、もーどーでもいいです。今回の異音とは関係ないはずなので
100929 (24)

100929 (23)
リューターとオイルストンでテキトーに均しました。

パパッと組んで
100929 (12)
位置はほぼ狙い通り。

ではテスト。わくわく。

結果。やっぱり鳴ります。カチカチカチ…。

吸気側のカムを遅らせたら(計算上約11度)旧いアメ車みたいに「どろんどろん」という排気音になりました。なかなかかっこよかったですよ…元に戻すけど。

これで思いつくことはすべてやりました。

次やるとすれば・・・エンジン内全ての部品を一つずつ交換して消去法でトラブルシュート、かと。ちゃんと動く2号機エンジンはそのまま置いておきたいので、もう一機買っちゃおうかなぁ。。

***

もしくは。

もうしんどいので気分一新(笑)。中学生の頃、密かに憧れていた
GSX750E41.jpg
GSX750E4。でっかいシートに小ぶりなカウル。これに乗って荷物いっぱい積んで…とにかく逃げたい(笑)。

今、安いのが出てるんですよねぇ…てな妄想で脳みそをほぐしております。。

Comments

by YO'SHI~

すんません。笑ってしまいました。私は、それでバルブを曲げました。突っ込んでたのはダイアルゲージじゃなくてドライバーですが、そのままクランク回しました。念のためにバルブの曲がりチェックもしたほうがいいかも(笑)。

Comment#5585
by tetsu

>YO'SHI~さん:
1人でも「にやっ」としてくれていたら本望です(笑)。
いつかはこんな感じのことをやるかとは思っていましたが…今まで何も無かったのが不思議だったのかもしれません。チェーンをつける前だったのでバルブは問題なし、と思っていましたが良く考えたら…そうでもないやんか!とまた一つひらめきました。ありがとうございます。バルブ、全数チェックしてみたいと思います。

Comment#5586
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1648-1e33e543