Contents

車体から

ブレーキが全く効かない僕のTruimph T140V。原因調査開始。

まずはフロントブレーキから。レバーを握るとホースがぴこんぴこん動きます。ということは、マスター側は問題なし?ま、とりあえずキャリパー外しましょう。

構造的にフロントタイヤを外さないとキャリパーが外れない(?多分)ので
110130 (30)
フロントタイヤを外します。

タイヤを抜く時、少しジャッキアップしてやらないとダメですが、そのあとはジャッキを外しても前にこけてきません。スタンド位置、絶妙。

プラハンでこつこつ叩いて
110130 (31)
はい取れた。

しかし、ここまで外したボルトナット類、馬鹿締めしているところが「一切」ない。固着しているところもありますが、どうしようもない、ってところは皆無。弄っていて良質な感じがとても心地よいです。

さて、はじめに固着の元か?と考えたキャリパー。とりあえず専用の工具でピストンをまわしてみましょう。
110130 (34)
ん?何とか回るなぁ。完全固着ではありませんね。これなら初めてばらしたGXのキャリパーのほうが酷かった。ちなみにこれ、両押しピストンです。やるなぁ。

ヒートガンで軽く加温。
110130 (35)
シールを柔らかくして、若干金属膨張も期待しつつ。

エアガンで加圧すると
110130 (36)
あっさりとれてくれました。これは「固着」レベルからは程遠い。充分動きます。

中の様子は
110130 (37)
まぁ、こんなもんでしょうねぇ。

ピストンの様子。
110130 (39)
全く問題なし。腐食、ゼロです。

シール類も
110130 (38)
まだまだいけそう。ピストン磨きこんで、溝掃除をピカピカにして組んで様子をみることにします。

ダストシールの溝は
110130 (46)
こういうプレス材が軽圧入されています。錆びたら交換、てことにしてるんでしょうか。良く出来てます。ま、交換せずに磨いて再使用しますが。

このバイク、ブレーキホースが途中で何箇所も継がれています。ブレーキマスターの作動を確認する為に
110130 (33)
ここまでの状態で握ってみます。はじめに黒いフルードが出ましたがそのあとは特に問題なし。しっかりフルードを送ってくれてます。

となると、フロントフォークに沿って配管されている
110130 (40)
このホース。

ちゃんと通ってるよね?ってことで試しにワイヤーロック用のSUS線を中に通・・・りません。

こいつか?

少し固めの針金で出入口から中をごそごそ。抜いてみると黒い不純物がたくさん出てきます。ある程度通ったかと思い、マスターに繋いでレバーを握ると
110130 (41)
ぶりぶりっ(笑)。

フルードにアタックされて配管の中がぼろぼろになっているんでしょうね。崩れたゴムのかすがぶりぶり出てきました。この部分を交換すればいけそうですね。

ま、軽症で良かったです。

Comments

by tigerworks

おぉ
頑張ってますね!!春には走れそうじゃないですか。

Comment#5740
by tetsu

>tigerworksさん:
春までには仕上げたいですが、やりたいことが満載。このバイク、触っているだけでも楽しいので、間に合うかどうかちょっと心配です(笑)。

Comment#5742
  • 2011-02-01(Tue) 10:43:05
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1701-4292ebf4