Contents

独特

さて、次はリヤブレーキ。
110206 (2)
この部分を緩めてブレーキペダルを踏んでみますが、反応なし。

フルードは?
110206 (5)
DOT3ですか。「ダイアフラム、カタチなおしてね」親切な説明。

開けてみると
110206 (4)
あら 空っぽ。

110206 (7)
ま、とりあえず外してみましょう。

ドラムからディスクへ過渡期のマスターだったからか
110206 (6)
アジャスターはドラムのそれにそっくり。何かかわいい。

で、どうやって外れるのかなぁと思いながら分解していきますがこれが…超難解。鉄のプレートを組み合わせているんですが、
110206 (11)
スキマが極狭で工具が入りづらい…薄い片口スパナ、買いに行きましょう。

110206 (12)
このボルトの裏にあるナット、全く工具をかけることができません。これ、どーすんでしょう…。未だ解決方法無し。リヤタイヤとスイングアームを外さないとだめとか?

マスターですが
110206 (8)
中はさびさび。

何とか外れました。見ると
110206 (9)
吐出口のプラスチックパーツが割れています。ここからフルードが全部漏れたんではないかと。

多分
110206 (10)
このカシメを解かずに工具で「ぐっ」とやって割っちゃったんでしょうか。

錆は何とかなりそうな気もするのでこのプラスチックパーツだけ部品で出てくれたら…と思い、色々探しましたが見つからず。こいつも交換です。

とあるかたに「戦後のバイクは頼りない」と聞いていましたが…こういうことなんでしょうかね?

しかし部品は全てフツーの価格でフツーに調達可能。全然許容範囲です。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1704-27c920b2