Contents

より近づく

完全に固着しているクラッチ。2回ほどクラッチを握ってギヤ入れしましたが、だめ。ブレーキが出来上がったら空き地で走らせながらギヤ入れてアクセルでしゃくったら固着が解けるかな・・・とも思いましたが、根本解決には程遠い。いずれ確認しないといけないプライマリーチェーンも
110214 (20)
このカバーの中。どっちにしろここは開けないといけないところでしょ、ってことでクラッチ分解することにしました。

ステップを
110214 (21)
外し、チェンジペダルを外します。

で、もちろん初分解と思われるカバーを外します。カバーの外周を留めているねじ、ポジティブです。「なめたらどうしよう・・・」緩める時、緊張しました。ねじのアタマに工具をあて、工具のお尻をプラハンマーで軽くかつーん、と。無事外れました。

シャフトがほぼ真ん中なので左右からやさしく少しずつ。めりめり、っと。
110214 (23)
このカバー内、プライマリーチェーン潤滑用のオイルが300ccほど入っています。そのドレンボルトがHexのインチ。んなもん持ってまっかいな(笑)。ぶわっさー、とオイルをぶちまけときました。後にいいアイディアが出てきましたから、まぁこれもまた、ね。

で、クラッチはというと
110214 (24)
なるほど。先が凹型の工具が要りますね。900円出せば手に入りますが、同径のボルトで自作してみようかと。

***

少しずつ理解が深まって、何とも言えない安心感がじわじわと生まれつつあります。

Comments

by ピッツS

このチェンジペダルシャフトですが、こんな薄いコの字の板で、歪まないのかなあ・・・  って、思いましたが、ケースで支持されるから大丈夫なんですね。
すごい構造を思いつくなあ~ と、ちと感心しました。

Comment#5764
  • 2011-02-19(Sat) 20:32:34
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>ピッツSさん:
割にしっかりした感じですよ。このモデルから左チェンジなんでいろいろ苦心したんでしょうね。

Comment#5765
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1712-8a628ab0