Contents

はがれた

何でも安く揃うのでありがたいTriumph関連パーツ。ダメならそれを頼れば良い、ってことで、まずは自分で工具を作ってみることにしました。

ネットで調べるとドライバーやたがねを加工しておられる方がおられます。色々考えて今回僕は
110220 (10)
回したいねじと同径のボルトを加工することにしました。

会社のサンダーで
110220 (8)
荒削り。

家に戻って
110220 (7)
ヤスリで微調整。

さて。
110220 (6)
お?何とか使えました。ボルトはきわめて安いのでもう少しこましなものを作ろうかと思ってます。

しかし…このボルト3つとも締めつけトルクがばらばら。ちゃんと締まってないのがあるんですよねぇ。マニュアルよく読んでみましょう。

では
110220 (5)
取り外し。

ピックツールで引っ張り出すと
110220 (4)
ほぼひとかたまりで出てこようとします(笑)。

精密ドライバーでくにくにしますが
110220 (2)
外れません。結局普通サイズのマイナスドライバーでこじました。固着を解く瞬間「べりべりべりっ」

110220 (3)
べったり張り付いてました。走ってとれるようなレベルのものではなさそう。

110220.jpg
無事摘出。オイルでしばらくどぶ付けにしたいと思います。

Comments

by ピッツS

気が付いたら、tetsuさんの工具箱には、SSTがいっぱい! なんてことになっていることしょう。(笑)
でも、こういうの作るのって、結構楽しいですよね。

Comment#5766
  • 2011-02-22(Tue) 00:04:58
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>ピッツSさん:
ですね。LM3のやら、GX750のやら、いろいろ増えてきました。教えて頂いたモンキーレンチも準備完了。ありがとうございました。「シロート考え」と言いますが、とりあえず考えることって大事だよなぁと最近つくづく思います。

Comment#5767
  • 2011-02-22(Tue) 00:23:10
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1713-e202bd4e