Contents

そして元に戻る

思うところあって
110424 (6)
ブレーキマスター、ブレーキホース、リヤサスペンション、ブリーザーホースを元に戻しました。

試走。

ぼよんぼよんでダンピングゼロのサスペンションに、ON/OFFスイッチのようなブレーキ、レデューサーも無いのでそれと比較するとけだるい吹け上がり。

しかし。

何なんでしょうか この「帳尻が合った」感覚。

購入当初との差は、腰上O/Hとステムベアリングのリフレッシュ・微調整のみ。

ノーマルに戻した各パーツが、少しずつ「ゆるさ」を生み出し、それが他の調子のいい部分と同調しだしたような感じ。

エンジンなりステムなり、自分の作業したパートの「味付け」が、後付けの最新パーツによって薄まっていたのかも。

自分の好みに変えたり、もしくは評判のいいパーツで味付けを変えるのは確かに良い。しかし、自分にはちょっと「味付け」が濃かったのかもしれんなぁ、と。

例えば最新のブレーキマスター。これを最新のバイクに取り付けるのは「改良」であっても、旧いバイクに取り付けると「方針転換」それこそ車体全てをごっそり調整しなおさないと帳尻が合わない。

盲目的なノーマル至上主義ではないし、そうはなりたくないですが、バランスって大事なんだなぁ、と今更ながら痛感。

ひとつ、道が繋がったような気がしました。

Comments

ノーマル一番、ですが。 by TOKU

大昔にカスタムで大失敗したのでノーマル主義なのですが、TETSUさんのGXのブレーキはなかなかよかったですけど…

古いオートバイにノーマルで乗ってると上手くなるかも。ただ慎重なだけか。

Comment#5821
by tetsu

>TOKUさん:
経験豊富ですね~一度じっくりお聞かせください。

ブレーキマスター、ノーマルに戻して思ったのは「ベルリンガー、ちょっと良過ぎるなぁ」それだけ近視眼的に見ると良いんですけど、全体を見たときにそればっかり目立ってしまうと言う気がしてきて。

慎重になるとスピードは落ちますが、公道に関してはいいことのほうが多そう。

整備をきちんとして基本性能をしっかり引き出して楽しむ。これは旧いオートバイを楽しむ道のひとつなのかなぁと思った次第です。

Comment#5822
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1765-4ae35b7e