Contents

ローマは一日にして成らず

組立て記録、失礼いたします。

***

110613.jpg
国内欠品のロックワッシャ。ebayにてぽち。

110613 (2)
OK。

110613 (3)
Oリングやらプッシュロッドのオイルシールも忘れずに。

110613 (4)
これでふた閉めました。

今回の変更点その1。
110613 (5)
ミドルギヤにA.S.H. FSE75W-140を使用。LM3のときの余り。もともとここはヤマハ純正#90シングルレート。番手的にはカバーできてるし、A.S.H.は少々レンジが高めでも番手関係なく仕事してくれそうな気がするし、加えてLM3のときの印象がかなり良かったので実験。さて、どうでしょうか。良ければファイナルケースにも使っちゃいます。

ピストンつけてクラッチ装着。
110613 (6)
ちと焼けてました。厚みは問題なし。

通算4枚目(笑)のガスケットを載せて
110613 (9)

ちょっと休憩。ふとカムに目をやると
110613 (10)
あらら。前はこんなの無かったのになぁ…原因は暫定で使用した安もんオイルか?

シリンダーとヘッドを載せて
110613 (18)
チェーン掛け。

この部分がどうしても手探りで出来ない・・
110613 (20)

上死点をしつこいくらい計測
110613 (23)

110613 (21)
数値は適当です・・・このスケールで46のところで針が止まって、35のところで動き出す。

と言うことでその真ん中(=41.5)が上死点と思ってます。

ところで
110613 (42)
ここのマークはどうなってる?と思って

その上死点と思われるところでセットしてみると
110613 (44)
あら、結構進んでる。

ちなみに
110613 (43)
この位置はちょうどマイクロメーターの針が動かなくなる位置。

ま、カムのマークやらスプロケットやらで位置決めされてしまうわけだし、大きくずれることはないってことなのかな?と一旦結論。

カムチェーンはエンジンが前傾しているせいで排気側がだらんとたるみやすい。

なんぼやっても
110613 (28)
届かない。

ので、
110613 (40)
排気側のカムを少し送ってチェーンをかけてから、チェーンを張る方向にカムを動かす。

こうすることでたるみが取れて
110613 (37)
はい できた。

ところでヘッド。問題ないところはばらさんでも良い!とおもって通り過ぎかけましたが。。。念のためって事で
110613 (30)
ちょっとUターン。

110613 (31)
軽く撫でておきました。バルブは異常無し。

本締めして
110613 (46)
本体完成。

最後の作業に
110613 (47)
エンジンオイル投入。ちょっと張り込んじゃいました。

110613 (48)
以上、覚え書きでした。

***

GX750の当時の生産ラインで働く組立工見習い、ぐらいのレベルには到達したかな?物事、しかもこんなにややこしいことが1回でうまく行くわけがない。今回、それが解っただけでも大収穫です。毎回少しずつ発見があります。ひたすら、楽しい。

とりあえず一旦完成。今までに無い「安心感」を感じつつ乗り込んで行きたいと思います。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1810-f5e81bd3