Contents

引きずる

マスターやらシールやら、考えられるものは交換しましたがまったく改善されないリヤブレーキの引きずり。エア抜き直後&しばらく走ったぐらいでは問題ないですが、1時間ほど走ると走行中でもリヤサスが沈んでいるのがわかるほど引きずる。

とりあえずカンタンなところで、パッドのチェックから。
120204 (10)
内外で少し厚みに差が。約1mm。紙やすり+ガラス板の上でごしごし。

均一にすると
120204 (11)
こんな感じに。

頂いたパッドピン(組長さんありがとうございます)は
120204 (8)
パッドがスムーズに動くよう、曲げ位置に多少余裕を持って。

組みました。・・・だめ。

はい、次~。

何べん見ても同じなんだけどなぁ・・・ま、とりあえず分解。
120204 (1)
あー、めんどくさい。

キャリパーの様子
120204 (2)
とにかく、動きが悪い。手で押してもまったく戻らない。ピストンを回すツールでやっと動くぐらい。何とかこじって押し込んでも「ぷに」と少し出てくる。。エアがまだどこかで噛んでる?

120204 (12)
エア抜きをしつこくするも、まったく変化なし。

とりあえずばらして
120204 (4)
ピストンを掃除。

シールを確認。
120204 (6)
特に問題なし。

よーく見ると
120204 (5)
このシール、向きあるの?マニュアルには特に何にも書いてないけど・・・。ま、セットして動きが良くなるように組んでみました。外径の小さいほうを内側に。

しかし状況変わらず。しばし考えて、仮説。

ピストンとシールの寸法がタイト過ぎる→動きが悪い→冷えているときは問題なし→熱が入ると膨張→さらに動き悪化→ピストン戻らず→引きずり発生

と言うことは、シールかピストンを少し小さくすればいいのね。

120204 (7)
ういん。(まねしないでねw)かるーく2周。キャリパーに組んでみました。お!ピストンの動きは明らかに軽くなりました。

しかししかし。走るとやっぱりだめ。

***

うーん、何でだろ・・・と、ふと思いつく。
120204 (13)
ぼよんぼよん戻ってくるピストンの片側はバイスプライヤーで固定、もう片方のピストンを直接握って、ブリーダーを緩めると・・・出ました。大量。

結局エア抜きのブリーダーが「超弩級のアホ」、と言うことなのか、それとも当時はこんなもんなのか。

とにかく、これでずいぶんマシになりました。1時間以上走っても少し引きずる程度。もっと良くなるのか、このままなのか。引き続きエア抜きがんばります。

この1週間、組んでばらして組んでばらして。いちいち疲れるわ、このバイク(笑)。しかし何度やってもリヤ周りの組み付け、要領得ません。。

Comments

by JB店長

こんばんは。
いつもながら、「このバイタリティは見習わなければ・・・」と尊敬の眼差しで読ませて頂いております。

ブレーキの引き摺りですが、マスターシリンダー側のピストンがストロークする範囲が適正でない為にリターンポートからフルードが戻る事が出来ずに引き摺りを起こすケースもあります。
簡単に言うと『ブレーキペダルが完全に戻った時にピストンもココまで戻るべき』という位置までピストンが戻っていないという状況です。
乗り始めは良いけど次第に引き摺ってくる現象をみるとこれが怪しげです。

Comment#6066
by tetsu

>JB店長さん:
お久しぶりです。お褒めにあずかり、大変こそばいです(笑)。

ブレーキマスターのお話、大変勉強になりました。おっしゃっている部分、全く考えずに来たままの状態で組んでますし、思い起こせばアジャストできたような気もします。一度調整してみたいと思います。

Comment#6068
  • 2012-02-08(Wed) 02:29:20
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/1997-ae5c4a2e