Contents

過ぎたるはナントカカントカ

ウォーマー等、熱の力を利用してさび取りをがんばりすぎたからか、燃料漏れが始まっていました。今日はその補修。

まず
120213 (11)
タンクキャップをつけたままコックを片方だけ開けてそこから圧搾空気を送る。

漏れた箇所付近にせっけん水を塗ると
120213 (12)
おお、ここね。

ざっと削って
120213 (15)
こんな感じ。

さて
120213 (14)
うまいこといくのか?

板側を
120213 (16)
しっかり暖め

フラックスを
120213 (17)
塗って

半田付け
120213 (18)
40Wのしかもってないので、それで行きました。

仕上げ。
120213 (19)
軽く削る。

深追いすると駄目なような気がしたので
120213 (20)
ここで終了。

特に漏れなし。ま、引き続き様子を見ます。

Comments

by にえ

昨日は、電話おーきにでした!

これじゃ取れちゃいますよ~。

塗装をもう少し剥いでやって、ライターを使うタイプの小型バーナーで周辺も加熱してやり、さらに大きなコテでやらんと、スーッと融けません。
ちゃんとすれば、あとからガリガリ削る必要もない仕上りになります。

大きなコテは普段使わないし、なんやったらお貸ししときまっせ~。

ウソみたいにやりやすいので、関係ないところまで補修したくなります(笑)

Comment#6076
  • 2012-02-13(Mon) 09:39:48
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>にえちゃん:
こちらこそ、電話なんかで済ませたくはなかったんですが…近々改めて。

バーナーで焼こうかどうしようか迷ったんですがやはり必要ですか。大型コテ、助かります。貸してください。

しかし、「燃料タンク 錆 穴」とかいろいろ変えて検索しても、トップはだいたい見事ににえガレのページです(笑)。

Comment#6077
  • 2012-02-13(Mon) 13:14:59
  • Mail
  • URL
  • Edit
by あつし

にえさんも言うたはるとおり余熱が肝心です。

http://atu360.blog98.fc2.com/blog-entry-69.html

の三枚目の写真みたいに熱を与えてくださいな。
熱量が適度になっていれば玉にならずにすっと伸びます。

Comment#6078
  • 2012-02-13(Mon) 13:32:16
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>あつしくん:
なるほどね~またガソリン抜いて水洗いか…めんどくさ。ま、そうも言うてられんとこやからね。アドバイスありがとう。

Comment#6079
  • 2012-02-13(Mon) 13:55:30
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2004-6e7f2d13