Contents

禁断?

いやいや、必ずできんとあきません。コンタクトブレーカーの調整。でもなぁ、かなりシビアだという話を聞いていたので全く乗り気じゃありませんでした。

点火が合っていないような気がしたので、今日思い切ってチェック。見ると
120401 (20)
右側のクリアランスが少し狭かった。0.3無いぐらい。

なめまくっている
120401 (21)
ねじを何とか緩めて、0.38へ調整。

***

試走。

お!良くなったかも。中回転域の引っ掛かりがとれました。ま、引き続き様子観察ですね。ちょっと触るだけでいろいろ変化してくれて、本当に愉しい。

これで行こうかなぁ。

Comments

やってますね by ピッツS

しかし英車って、マイナスネジが多いですねえ。
トラのポイントヒールは金属なんですか?しかも給脂の仕掛けがないから、定期的に油を差さないとですねえ。

ポイントも、これはこれで面白いと思いますが、しょっちゅう調子悪いとめげちゃいますよねえ。

一番簡単な方法でこんなの見つけたので、今年中には装着してみたいと思います。ポイント車ならではの部品ですよ。ポイント周りの部品も、定期的に交換すると、結構お金かかりますから、それ考えたら、費用対効果の大きい対策だと思います。


こんなのなんですけど。
http://www.pertronix.com/prod/ig/ignitor/default.aspx

電気は無接点に、進角は機械式でという方法です。車のパーツなので、もちろん多少の加工は必要みたいですが、友人が旧車で試して、効果絶大だったので、やってみようと思ってます。
ポイント車独特の、荒っぽさは残したいんですよね。

Comment#6104
  • 2012-04-02(Mon) 22:27:24
  • Mail
  • URL
  • Edit
日本製のポイント(ヤマハGX) by コンプライアンス

製品が違いますが、一度調整すると3千キロくらいは全然大丈夫でした。最初にきちんとやっとくとあんまり手はかからない印象でした。下の拡大写真に写っているポイントの接触面の中央あたりに荒れがあるように見えます。

Comment#6105
  • 2012-04-03(Tue) 20:35:10
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>ピッツSさん:
「しょっちゅう調子悪い」のはポイントのせいではなく、人間のせいなのです・・・なかなかうまくいきませんけど(笑)。

しっくり行かない中にもたまにうまくいくことがあって、いろいろやっていくうちに少しずつその成功する確立が上がっていって、どんどん一体感が生まれていく・・・その繰り返しこそがこのポイント式(に限らずオートバイ全体)の最大の魅力だと思うし、僕はそこにものすごく惹かれています。

Comment#6106
  • 2012-04-04(Wed) 23:00:42
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>コンプライアンスさん:
おっしゃるとおりだと思います。しっかり整備されてタイミングの合ったポイント点火のバイク、いいですよね。

実は機会があるなら触れてみたいのがGX750の初期型なんです。愛でる会できれいな初期型を見せていただいたのですが、しっかり整備されたポイント式のGX750はアイドリングのマナーが大変良く、かつ有機的なものを感じました。弱点の2速ギヤは後期型の予備が手元にあるし(笑)スピリッツは初期型に宿るといいますし。

ご指摘ありがとうございます。今は未だ腫れ物に触れるような心境。次は全部ばらしてすっきり掃除して再び組み付け、としたいと思います。

Comment#6107
  • 2012-04-04(Wed) 23:17:12
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2028-2fd06264