Contents

文化の継承

テストランはついでの話。今日の本題はコレ。ON ANY SANDAの見学です。

***

なりゆきで起床。家族は未だ寝ていたのでぼちぼち準備。

タイヤの空気圧 F2.3 R2.4へ調整、フロントフォークの圧をばしゅっと抜いて出発。

***

阪神高速利用。先日のツーリングで痛感した高速走行の経験不足。じわじわ離れる同行者の後姿を見ながら思ったこと「これは借金と同じだな」わずかの差や遅れがじわじわ積み重なり、気がつけば・・・という(笑)都度都度こつこつがんばってぴったりついていかないとだめなんです。そんなわけでバイクの上であーしたりこーしたり。こればっかりは一足飛びに行かない能力だなぁ、と。しっかりやっていきましょう。

池田線木部から快走ルートを追う。このあたり、一人で走るの初めて。むっちゃくちゃ気持ちよい。また走りに来よう。

***

会場である亀岡トライアルランドに到着。
120514 (2)

こんな感じの
120514 (3)
キットガレージを販売されています。洒落てます。まじまじと見学させてもらいました。僕もガレージ片付けんと・・・。

コースを覗き込むと
120514 (6)
お、みなさんやっておられます。

Max Fritz KOBE 吉田店長。
120514 (7)
真剣にコースを読んでます。

DGさんとTOKUさんもコース確認中。
120514 (8)

トライアルスタート。
120514 (10)
実は僕、トライアル初見学。新鮮でした。

思い思いのトライアルマシンで参加するエントラント。
120514 (14)

初めて見るバイクもありました。
120514 (32)
Suzuki RL250。これ、かなりびびびときました。

120514 (18)

120514 (20)

120514 (21)

120514 (22)

120514 (23)

120514 (24)

120514 (25)

120514 (26)

みなさん真剣に愉しんでおられます。

***

テントに移動。
120514 (13)
なんちゅういい天気。

TOKUさんが「よかったら乗ってみる?」と。もちろん!!

***

トライアルマシン筆おろし第1号が
120514 (34)
英国Armstrong社製マシン。またしても奇特な第一歩を踏み出す僕。光栄です。

当たり前かもしれませんが、微速でのコントロールが易しい。フツーのトレールバイクではこうは行きません。でも、これでみんながさっき走っていたコースを「今」同じようにすいすい走れるかといったら・・・無理でしょうね。練習が必要。

なるほどな~と思いつつ戻ると「こっちも乗ってみる?」とDGさん。いいんですか!?

伊Fantic社製。
120514 (37)
違いなんて判るのか?その前にそんなに明確に味がわかるのか?と思いつつ走らせてみると・・・全然違う。先のArmstrongより後年のモデルらしく、ポジションがより現代的との事。ぱっと乗った感想。軽い!そして微速での安定感も高く感じました。

許されている範囲で敷地内をうろうろ。横着するとすぐにしっぺ返し、丁寧に良く考えて体を動かすとうまく行く。これは・・・トライアル、面白いね~。

続いて
120514 (36)
Max Fritz KOBE 吉田店長のTL125。何度も某オクでぽちしかけたことがあるこのバイク。試乗させていただきました。

ホンダの公道バイク、ということでイメージ的には一番とっつきやすいように思ってました。が、実はその逆。先の2台は2スト。ざっくり言うとバックトルクという「引き算」が無い2ストに比べ、戻したら戻した分だけ減速してしまうこの4スト。ギクシャクしてうまく乗れませんでした。一番「おっとっと」したマシン。

もちろんギヤ比も競技専用に非ず。自走で来てフロントスプロケットとチェーンを変えて出走、終わるとまた元に戻して帰宅するという・・・ある意味最も高いところにハードルを置かれているように感じました。

今回はこの仕様で優勝とのこと。素晴らしい!次回はBSAで出場予定と言う・・・次回が楽しみですね。

は~やっぱ2ストかなぁ・・・Royal Enfield失敗かなぁ、なんて組む前から妄想しているとふと目に入った
120514 (35)
TY175。これも何べんぽちしかけたことか。TOKUさん通じ、オーナーさんに声掛け頂き試乗。

・・・何コレ。目からうろことはこのこと。乗りやすい!!ずるい、と言ってもいいと思います。見た目とはほんとにうらはら。発売当初ちょっとした「革命」だったそうですがそれもうなずけます。

休憩中にキャブ調整をされていたオーナーさん。スロットル周りの素晴らしい組み付けあたりから、その取り組みをうかがい知りました。

買おかな、まじで。

***

当たり前のように置いてある
120514 (11)
BSAや

120514 (33)
トライアルカブ。この辺はついででできるようなもんではないですね。しかしかっこいい。

***

お昼は
120514 (38)
お手製ケータリングサービスで。おいしいお米と豚汁をいただきました。

器は
120514 (39)
各自持参で

主催の方々に
120514 (40)
山椒やふりかけを分けていただく。うまかった!ごちそうさまでした。

***

もう7年もやっておられるとの事。「文化の継承」として取り組まれていることに敬意を払いつつ、参加することに大きな意味があるなぁと痛感。

***

帰りも
120514 (42)
超快適。ほんまにまた来よ。

そして帰り道。新たな異音発生。見ると
120514 (43)
ヘッドライトステー上部のラバーが無くなってました。これって確か欠品だったような・・・。ま、探してみましょう。

動かしてるといろいろありますねぇ。

Comments

トライアルおもしろいっすよぉ by マックスフリッツよしだ

tetsuさん、今回は亀岡までトライアル感染おつかれさまでした(笑)
トライアルするってなるとやはり圧倒的に2ストでしょうね。
2ストと4ストでは乗り方が全く違いますし、公道仕様車とコンペマシン、どちらもツインショックといえど差は歴然ですしね。
秋のワンデートライアルご参加されますの楽しみにしてますよ!

Comment#6148
  • 2012-05-15(Tue) 22:44:09
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>マックスフリッツよしださん:
この度はおめでとうございました。そして試乗もさせていただき重ねてお礼申し上げます。よしださんのTLを試乗中、実はみんなの見ていないところでかなり「おっとっと」となっていたのは秘密です(汗)。あの印度製ガラクタは果たして本当に動く日が来るのか?そして動いたとしてあのコースを本当に走ろうと言う気になるのか?(笑)お楽しみに~。

Comment#6149
  • 2012-05-16(Wed) 22:17:49
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2062-44d564ff