Contents

恐らく的外れ

時系列ばらばら。主にツーリング前後の作業覚書を乱打。

***

プラグの焼けが
120503 (24)
こんななので

点検。
120503 (19)
油面は・・・関係ないか。スローの経路をしつこく清掃。

V-UP16の名残を残すプラグギャップを
120503 (25)
標準に。

V-UP16は、その仕組みがきっちりハラに落ちるまでつけないことにしようと思う。弱い火花は僕にとって、キャブの不調をすぐに教えてくれる反面教師。

***

結果、プラグの焼けは改善されませんがアイドリングがかなり落ち着きました。ああ、らしくない(笑)。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2064-d98eb818