Contents

Husqvarna SM630R エンジン分解記録 ケース分割~ミッション分解

なかなか外れてくれないのは
120520 (6)
ここにあるダウエルピンの固着。

プーラーで少し引いてたたいて戻して・・・というのを何度かやると
120520 (9)
やっと外れてくれました。邪魔してたのが写真下のダウエルピン。でっかいのがさっびさびでした(汗)。

シールとO-リング。
120520 (8)
何だか忘れそう。

クランク側の
120520 (10)
シム。

さて
120520 (11)
ミッション。

ひとつずつばらして並べました。

カウンターシャフト
120520 (12)
右より2nd 3rd 6th 5th 4thのセカンダリーギヤ

シフトドラム
120520 (13)

メインシャフトのギヤ。右より
120520 (14)
2nd 3rd 6th 5th

クリップを
120520 (15)
外して

ワッシャを
120520 (16)
のけて

120520 (17)
メインシャフトのギヤ 4th

120520 (18)
カウンターシャフト側 1st

メインシャフトを
120520 (19)
抜く。

裏側に
120520 (20)
シムあり。

そしてここから失敗開始。

クランクのスプロケットを抜こうとするんだけども、抜けない。ウッドラフキーを外さないとだめなのか?と思って外しにかかるが当然とれず。

というわけで
120520 (22)
もろとも引っ張る。

120520 (24)
ぐいぐい。

120520 (23)
動いてます。

クランク摘出なりました。が
120520 (25)
スプロケ・ベアリングくっついたまま。プーラーに引っ張られて壊れて出すぎたベアリングをこつこつたたいて戻し

プーラーで
120520 (26)
スプロケットを引っ張ってみる。すると

120520 (27)
おお~外れました。ここも圧入なんですね。

ウッドラフキーは
120520 (30)
そのあと撤去。これ外さなくてもスプロケットは外れたんですね。これは単なる回り止め。

ベアリングと
120520 (28)


シール
120520 (29)
はがたがた。ま、いい勉強になりました。

しかし
120520 (31)
やっと外れた。。うれしいなぁ。

***

さて、Uターンです。

この部分の
120520 (34)
ベアリングって減ってたらコンロッドごと交換しないとだめなんですかね?

なんていう部分含め、計測をプロにお任せし、方針を決めた上で進めたいと思います。

Comments

いつもホントに感心 by ラウペン

ついにそこまでやりましたか。自分のハスクもそろそろオーバーホールの時期。いや、とうの昔に過ぎている。。。でも、今シーズンは目をつぶっておきます。

Comment#6160
  • 2012-05-30(Wed) 02:28:11
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>ラウペンさん:
とりあえず分解だけは何とか…問題は元に戻るかどうかです(笑)。

Comment#6161
  • 2012-05-30(Wed) 08:19:30
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2076-92058f3c