Contents

ぐるっと回って

さて、モノのせいにするのは一旦止めて、再び自分の組み立てについて考える。

リヤブレーキのエア抜きについてマニュアルに
1209232.jpg
こんな感じでやってね、と→その通りにする→しばらくは問題なし→距離・時間ばらばらなので法則がみえないけどしばらくすると引き摺り開始→ばらしてみるとエアが噛んでいる・・・これの繰り返し。

ちなみにエア抜きですがキャリパーを外さないとできない。キャリパーを外すためにはホイールを外さないといけない。ホイールを外すためにはマフラーを外さないといけない。で、エア抜きができたらコツ満載のホイール組み付けをし、マフラーを着け、チェーンの整列とり、張りを調整して・・・「面倒くさいは糞よりくさい」わかっていてもやっぱり面倒くさいw

そんなわけでとにかくエア噛みが再発するような気がするんです。どこが悪いのかわからない。だったら、効率的にカンタンにエア抜きができるようにして、まめにエア抜きをやってみよう、と。

そんなわけで
120923 (3)
2りんかんへ。

この手の専門店を毛嫌いする人って結構多いですけど、僕はそうでもない。こんなマイナーで反社会的な趣味の世界の商品を、店を構えて、実物を在庫して、薄利「少」売で経営するわけですからね。今オートバイを愉しんでいる我々のためだけでなく、これからオートバイを始める人たちのためにもがんばってほしいものです。

探しまくって
120923 (5)
お目当ての品、購入。3/8ピッチのエアフリーバンジョーボルトなんてのを在庫してくれているとは・・・。実物を見つけたときのうれしさといったら!

駐輪場で
120923 (4)
早速。

こんな感じで
120923 (7)
一番高いところでエア抜きができるように。

早速エア抜き作業をしてみました。すると、出るわ出るわ細かい気泡の入ったフルード。マスターの中から出てきてるのかなぁ・・・とにかく今までにない手ごたえ。

結果がよければ
120923 (6)
ホースの長さ調整しないとね。

さて、テストラン。
120923 (9)
TIGERworksさんにお邪魔。ここまでは特に問題なし。

作業中のベロセットを見学。
120923 (12)
エンジンではなく、まるで大きな時計のような。

タペットに
120923 (10)

カム
120923 (11)
独自の世界。

***

帰りは高速で。リヤホイールの抵抗が一切感じられない。今まで相当足引っ張られてたんだな・・・と。

過去最高レベルでの巡航で
120923 (14)
到着。着いてすぐにスタンド立ててリヤタイヤを回す。今までならがっつり固着レベルでしたが・・・しゃー、っと回ってくれました。

ぐるっと回って・・・結局エア抜き不足?

まぁ、まだわかりません。次は山道での評価です。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2157-291b284e