Contents

左から

今週末に迫ったON ANY SANDAに向け、整備開始。
121016 (1)
ま、このままでも何ら問題はないですが、一通り触れてお近づきになろうと。弄り壊さんようにせねばw

まずは
121016 (2)
燃料タンクの配管。分岐管があまってたので追加。

121016 (3)
オーバーフローせんことを祈ります。。

続いて
121016 (5)
リヤブレーキ周り。リターンスプリングがちょい弱いので対策。

121016 (4)
このあたりに仕込みましょう。

US製のフレームにUK製のエンジンなのでいろいろ螺子が混ざってます。ここは
121016 (6)
3/8とこのフレーム特有の軽量化されたボルト。すごいね。

ここは
121016 (7)
6mmHEXと14mm。覚え書き。

要らんチューブをカットして
121016 (8)
でか輪ゴム確保。

121016 (9)
こんな感じで。すたんすたん戻るようになりました。これ、570でやってましたなぁ・・・懐かしい。

少しクラッチの切れが悪いような気がしたので
121016 (10)
点検。カバーはなんとFRP。軽い!

121016 (11)
少し狂ってたので少し調整。

クラッチワイヤーの
121016 (12)
配策を見直して

121016 (13)
とりあえず左はこんな感じかな。

しかし、間に合うんやろか・・・。

Comments

by ピッツS

クラッチカバーの擦れた跡を見て、これってもしかしてファイバー?って思って読んでいったら、ホントにそうなんですね。すごいなあ。おまけにタンクもFRPですよねえ。
車体として相当軽いのでしょうね。

Comment#6238
  • 2012-10-16(Tue) 21:55:57
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>ピッツSさん:
決して軽くはありません。なんせ750ccのエンジンが乗っかってますから。

先週末一緒に走った方の中にこれと一緒のエンジンを搭載した車輌があったんです。あのペースもこなせるエンジンがこのフレームに載ってるのかと想うと・・・。

Comment#6240
  • 2012-10-17(Wed) 22:09:17
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2167-f0cb24a3