Contents

ON ANY SANDA 初参戦記

早朝5:00。出発するか、と玄関においてある財布を取ろうとした瞬間、腰が「ぐき」。

連日の寝不足で疲れがたまったのか、うっすい布団で寝てからだが冷えたのか、とにかくまさかのぎっくり腰。そういえばここ数年、気温が下がり始めたころにいつも調子を崩していたのを思い出す。でも「今」ならんでも・・・。

家でシップを探すが、ない。とにかく、向かう。

道中、座っているだけでも痛みで冷や汗だらだら。西宮名塩PAで車から降りてみる。歩けない。痛くて脚を地べたに着けない。や、やばい。。

7:10頃、会場近くに到着。開店準備中の
121021 (1)
ジャパン。電源の入っていない自動ドアをこじ開け「ずびばぜん、シップを・・・」と聞くも、医薬品扱いなし。近くのコンビニ。同じく。ちなみに写真は必死に撮りました(笑)。

6kmほど走ったところに9:00オープンの薬局があったので、駐車場で待機。開店と同時に購入、即貼り付け。

前途を祝されているようです、何かにw

***

長い前振りの後、ようやく到着。トランポの置き場所を確保してくれていたDGさんに
121021 (2)
トランポからバイクを下ろしていただく。頭が上がりません。。

シップはじわじわ効いてきている。さすがフェイタス。走れるかどうかは解らないが、とりあえず体操がてら、ゆっくり準備を開始。すでにスケジュールは進行中。練習走行はパス。

***

少し痛みが和らいできた。自分でエンジンを掛けることが出来なければ今日はやめようと、とりあえずエンジン始動に挑戦。何とかかかる。が、何だか回転の様子がおかしい。よく見るとブレーカーのユニットがぐらぐら。緩んでます。増し締めするも、改善されず。ブレーカーのフタをめくってみると
121021 (4)
ベースプレートが緩んでました。よおエンジンかかったね。。

元の状態もケガキ線も適正なクリアランスも何にも解らない。が、こいつをやらないことには動けない。作業開始。

人間苦労しておくもので、このときこのときこのときの経験のおかげで的確に詰めることができている・・・立派になったねぇ。

そしてさらにありがたかったのが周りの声。始動時に僕が食らうケッチンのタイミング。それを横目で見ながら「ちょっと遅いなぁ」「ちょっと早すぎるなぁ」と60おじさんやTJさんがつぶやく。もちろん、早い遅いとは点火タイミングのこと。あーしろこーしろ、とは言わない。最高のアドバイス。なるほど、とその場でさらに理解が深まる。

数回目の調整でエンジン始動。よしよし。

少し動かしてみる。前に触ったクラッチ調整もうまく行っている様子。よしよし。

が、回転がまだ重だるい。戻ると「だいぶようなったね。でももう少し軽快に回るはず。もう少し早めると本来の調子になるやろね」と60おじさん。その通りにほんのわずか、ベースプレートを回すと・・・えらいこっちゃ。こんなもん乗れるんかいな・・・ちょっと強めにアクセルを開けるだけで前に進まないほどリヤが空転。

いい天気、おいしい空気、良き先輩方がたくさん集う友好の場の中でマシン整備。これだけでも価値あるなぁ、なんて。

***

お昼は手の込んだしっかりしたおいしいカレー。ビ、ビールほしい。。ごちそうさまでした。

***

結局2ヒート目だけ出走することに。
121021 (7)
めちゃ緊張してますねん。

121021 (11)


さて、初の
121021 (13)
ヘルメットタッチからの

121021 (14)
スタート。

ところが
121021 (15)
すぐにエンスト。何度かキックすると
121021 (16)
再スタートできたのでそのまま1コーナー。が、そこで再びエンスト。何度か始動を
121021 (18)
試みるも、気配無し。そこから走行終了までコースサイドでお地蔵さん。。

***

終わってマシンを押す。オフィシャルの人が手伝ってくれる。ありがとうございます!と声を掛けると

「いやーこのバイク押すの懐かしいですわ~久しぶり!って感じ。もー何度も押しましたよ、コレ。」

どうやら前オーナーのDGさんも結構お世話になっていたようで。僕、使い方やらいろいろ間違ってないな、と確信w

***

観戦のつもりが途中からカメラマンやらを受けてくれたじぃくんに押しを手伝ってもらい、吐きそうになりながらピットへ。

電気が来ていないような止まり方やね、バッテリーちゃう?と複数の方からアドバイス。測ると8V台。こいつが原因か。発電機が無いので、競技前に充電して使うのです。昨日の晩に充電したんだけど・・・完全じゃなかったようです。

「最後のオープンクラスまで充電して出よう!せっかく来たんだから1周位、ね」みなさんの言うこともごもっとも、ということで充電開始。

程なくスタート召集。測ると11.2V。

ちょっといやな予感・・・数分だけ充電して、スタートまでで11V、1コーナー10V、2コーナーで9V、下って行ってコースの一番奥のほうで8Vでアウト、とか。
121021 (19)
ま、行ってみよう。

2回目の
121021 (21)
スタート。今度はエンストも無く、集団にまぎれる。が、1コーナー手前で右斜め前の2~3台?が絡んで転倒。僕の目の前に!

リヤブレーキぃぃ!と思って踏んだのは右側シフトペダル。。慌てて左側のブレーキペダルを踏み直したとき、絡んでこけた人たちはすでに後方・・・慣熟走行しにいってきます。あぶないよね。

そしていやな予感は的中。
121021 (25)
10Vぐらい。

121021 (26)
ここで多分9Vぐらい。

で、コース一番奥でバッテリーアウト。またしてもお地蔵さん。

TIGERWORKS犬塚さんとDGさんが救援に。症状を確認してDGさんがフル充電のバッテリーを他のピットで借りて持ってきてくれるという・・・。

自走で残りのセクションをこなし
121021 (27)
何とか1周回クリア。

***

閉会式後の
121021 (31)
じゃんけん大会。戦利品はMatchlessのグローブ(!)と、DT-1用ハンドル。ハンドルは今日来てくれたじぃくんに。彼のDT125に合うはず。ちょうど良かった。

片付けて
121021 (32)
終了。

***

正直、なめてましたVMX。走っている姿は現行車輌と比較すると正直そんなに派手じゃないもんね。でも、旧いエンジンと旧い足回りのおかげで、現行マシンでは全く気づかない路面変化も「全て」拾って返してくれる、という感じ。あー、今までは道具に甘えてたんだなぁ、と。

走りながら気づきました。がったがたですわ、オフロードってw

そしてそれを見越して、人間がむちゃくちゃ考えて、動いて、走る。これは本当に奥深い競技。趣味として、激濃。めちゃ濃い。

そして、この場に立つことができたのは
121021 (28)
DGさんのおかげ。本当に感謝します。しっかり準備して、ピットではいろんな人と交流して、テントに来てくれる方々を歓迎。マシンはそこそこトラブって、悩んで、考えて、解決して、パリッと走って・・・めちゃかっこいい。参りました。

***

あー、さっさとカラダ直して走りに行きたい!

Comments

おつかれさまでした。 by 芳

おせわになりました。家族で観戦させていただいた芳です。
家庭の平和を守るため、残念ながらお昼で帰宅しました。tetsuさんの勇姿が見れなくて残念でしたわ。モータースポーツしてますね!!
いつかはボクもチャレンジしたいっす。

Comment#6241
by tetsu

>芳さん:
コメントありがとうございます。先日はお疲れ様でした。ファミリーの移動にポルシェ!イカシテマス。

見ると走るとでは大きく違うVMX。走ると本当に面白い!是非参加してみてください。

Comment#6242
  • 2012-10-23(Tue) 12:59:54
  • Mail
  • URL
  • Edit
いや~楽しそう by ピッツS

腰はよくなりましたか?って、そんなにすぐ回復しないですよねえ。くれぐれも用心して無理のないようにしてくださいね。
それにしても、楽しさがすご~く伝わってきた日記でした。

隣人を知らないなんてことがざらにある世の中ですが、「人が集う楽しさ」ってこういうことなんでしょうねえ。
日本はアマチュア参加のサンデーレースも、すぐに加熱しちゃって、敷居が高くなっちゃうことを考えると、貴重なイベントかもしれませんね。

Comment#6243
  • 2012-10-23(Tue) 23:19:41
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>ピッツSさん:
ありがとうございます。ずいぶん良くなりましたが腰痛はしばらく続きそうです。

程よく競争したり、旧い車両を愛でたり、大先輩に学んだり、自分のマシンと戯れたり、のんびりしたり・・・いい空間です。

Comment#6244
  • 2012-10-24(Wed) 22:01:16
  • Mail
  • URL
  • Edit
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2169-ec83f39b