Contents

好きにならないと

ツーリングでの最初のイベントだった
121121 (8)
メインヒューズの断線。修復完了。

その後、路上メンテで見れば見るほどあっちゃこっちゃメタメタだったので修復。

コンタクトブレーカー内。
121121 (9)

121121 (11)
被覆かっちかち&露出。ごそごそやってるとグラウンドしおる。なんという・・・。長さに余裕があったので切って継ぎなおし。

と思ったら今度は火が弱いどころか火が「飛ばない」。

キルスイッチをON/OFFするとプラグがスパークするので
121121 (13)
触りたくなかったキルスイッチボックス分解。

121121 (14)
だいたいこんな状態。

でも、問題なかったんだけどなぁ・・・ま、はんだづけしなおし。

レギュレーター~コイル間の配線も
121121 (15)
怪しかったので

121121 (16)
やり直し。

しかし、山は動かず。

ん~。。

「でんききらいでんききらい」と思いながらやるからいかんのかなぁ。以心伝心みたいな。

好きと思えるようになるまで、しばらく放置しようと思いますw

Comments

コイル〜コンタクトブレーカ間の短絡? by コンプライアンス

いつも楽しませていただいてます。

キックしたら火が飛ばないけどキルスイッチをオンオフしたら火が飛ぶんですよね?

コイルの1次側には電流が流れているけどコンタクトブレーカが機能していない状態ではと思われますので、コードの劣化具合から、コイルの接地側(バッテリーの反対側)からキルスイッチ〜メンスイッチ〜(この2つはコイルのバッテリ側かも)〜コンタクトブレーカとつながっているコードのどこかがアースに落ちていて、1次側のループが形成されているのではないでしょうか。
もしそうだとすると、各部品間のコードを抜き差ししてパートごとにテスタで追いかければ短絡個所は必ず特定できます。

私もときどき拝見しているHPさんのこの説明図が分かりやすいと思います。
http://www.soaring.co.jp/rwstuff/070403.htm

とても楽しそうなので私も1台ほしいですが、コード類は日本製が優秀と思います。古くなったら被服ビニールがプラスティッキーに変質する度合いが一番マシです。

Comment#6260
  • 2012-11-23(Fri) 07:22:15
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>コンプライアンスさん:
ありがとうございます。教えていただいたことを反芻しつつ他の作業をやっていて、このくだりでふとひらめきました「コンタクトブレーカーが機能していない」。

来週点検してみます。

Comment#6263
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2182-e7873ce0