Contents

初チキチキ

ばったばたでとりあえず完成させたマシン。シェイクダウンは例によってイベント当日か・・・と。

***

明けて翌朝。前回のような腰痛も無く
121127 (1)
きれいな朝焼けを見つつ移動。いいなぁ、この時間。

***

会場に到着。今回も主催者のHolly Equipさんに
121127 (3)
特等指定席をとって頂く。絶対来ないとだめっすね。

今回実質デビュー戦のチームメイト
121127 (4)
かおりんちゃん。天気はいいがよりによってこのハードコース。。がんばりましょう。

少しピットをうろうろ。
121127 (5)
いいなぁ、やっぱり。

121127 (2)
グリーブス。かっこいいっす。

***

開会式。

往年のライダーたち。
121127 (7)
達者な方々の走り、楽しみです。

***

とりあえずエンジンを掛ける。OK。

練習走行開始。コースはフルサイズ用ジャンプ台が数箇所。ヴィンテージバイクにはちょっときついなぁ。

と、走っていると1周回りきる直前に片肺状態に。ぜんぜんエンジンかからず。おまけに何故かドライブチェーンがぱつんぱつん。押し引きできないレベル。

困っているとDGさんが助けに来てくれる。しばらく一緒に押すも、無理。工具を取りに行ってくれて、戻ってチェーンを緩め、プラグを交換。押し引きできるようになったのでエンジンを掛けるも片肺状態はおさまらず。とりあえず押してピットまで。

・・・だめか~。

チェーンは昨晩の自身の整備不良。プライマリーチェーンが張りすぎと感じ、ミッションを前方へ移動させて緩めたんですが、そうすることでドライブチェーンが張ることに気づいていなかった。
121127 (23)
別体の洗礼?

チェーン調整は出来たけど、問題は点火時期。こいつを
121127 (8)
いろいろやってみるが全く片肺状態はおさまらず。

とりあえず第1ヒートはキャンセル。

左のプラグが全く反応しない。遅めにしたり早めにしたりいろいろやってみるが、だめ。キルスイッチをON/OFFするとパチッと火が飛ぶ。うちのBonnieと一緒やんかいさ・・・。

見かねたTIGERWORKSさん、DGさんに手伝っていただきつつ、法則発見。ふたを開けて始動させると問題が消える。ここで原因判明。

コンタクトブレーカーのフタと配線を固定するねじ部
121127 (9)
が干渉して常時通電してしまっていました。そういえば前回フタを開けたとき、やたらと切り粉が多いと思っていましたが・・・。

フタと接触しないように
121127 (22)
ガムテープで固定し、正常作動を確認。

周囲の方々に大迷惑をかけつつ、勉強させていただきました。

お昼ごはんを食べ、昼からの第2ヒートに備える。

ぶっつけやなぁ、と思っていたらDGさんが主催者と掛け合っていただき、キッズ・初心者の完熟走行枠に混ざってもいい、との了解を!ありがたい・・・。

がらがらのコースを
121127 (32)
走る。相変わらず右シフト・左ブレーキにとっちらかる。そりゃ総走行時間数分やもんなぁ・・・。

しばらくして、下から上まできれいに回るので2速キープでもそこそこいけることが解り、途中でシフト操作をあきらめる作戦に変更。

と、コースの奥でチェーンが外れる。どーしよう・・・と思ってるとまたまたDGさんが助けに来てくれる。その場でチェーンを掛けなおしていただき、自走でピットへ。数周走り、何となく感触をつかむ。

チェーンを再び調整する際、TIGERWORKSさんに異常を指摘いただく。テンショナーの固定ナットが・・・無い。これ
121127 (30)
が無いのでミッションがじわじわずれてしまい、ドライブチェーンが緩む、と。

適当なボルトを突っ込み、再度チェーンを調整。さて、駄目だしはできたかなと。

第2ヒート。スタート前、少しチェーンを張りすぎたような気もしましたが、まぁ、もう行ってしまえと。

初めてのスターティングゲート。どんなんだろ。隣のグリッドの方に「フロントタイヤが引っかかるので少し手前で待っておいたほうがいいですよ」なるほど。

で、よーいドン。

見事に
121127 (33)
ひっかかる・・・アドバイスいただいた方とともにw

慌ててマシンを押し下げ、スタート。
121127 (34)
1コーナーを立ち上がるとそんなに離れていなかったんですが、その後じわじわ離れていく。

そして少しずつ振動が大きくなってくる。チェーンがおかしな感じ。

ん?ん?と思っていると一緒に出遅れた方にも下りで抜かれる。これは止まって見るか?どうする?どうなった?と思っていると排気音が突如大きくなる。

あら、マフラー折れたかな~と思いつつ、とりあえず走れるのでそのまま行くと、次の周、コースサイドでカメラマンの方が僕のマフラーを持って
121127 (35)
待ってくれてました。止まって受け取りましたが熱くて持てず、「後で取りに来ます」と。

多分忘れないと思います、この景色w

そして振動がさらに激しくなり、アクセルが戻らなくなってきました。下りが怖い。。

ギヤセレクトを間違え、2度ほどエンスト。止まったとき、恐る恐るエンジンを覗き込むと・・・ありとあらゆるマウントが緩み、せり上がったエンジンが
121127 (21)
キャブを押し上げ、アクセルワイヤーがフレームに押し付けられていました。

が、押して帰るのも嫌だしなぁ・・・ってことで無理やりエンジンを始動させ、自走で何とかチェッカー。

***

他の方々の走りを見学。
121127 (15)

121127 (14)

121127 (13)

121127 (12)

121127 (11)
せめて流れに乗れるくらいにはなりたいなぁ。

***

そんなこんなで閉会式。

まさか呼ばれるとは思わなかった表彰式で
121127 (36)
賞も頂き

日も暮れ始め
121127 (19)
じゃんけん大会。

やたらついていて
121127 (20)
ブルゾン・レインパーカー・Tシャツを頂き

最後でぐぐっと伸びた感じですw

***

明けて今日。ガレージを開けると
121127 (24)
ど派手にオイル漏れ。

漏れている箇所は
121127 (29)

ここ。
121127 (28)
ロウ付け溶接だそうで・・・どうしようかな。

ゼッケンとサイレンサーは
121127 (25)
ステーからもげてました。溶接やりなおし、ですね。

プライマリーケースカバーは
121127 (31)
ステーはぐにゃぐにゃ、干渉して穴も開いてしまいました・・・位置も見直さないといけません。

***

しかし今回もDGさんにはお世話になりっぱなし。何度コースまで助けに来てくれたことか。頭が上がりません。ありがとうございました。お返しできることは、このマシンをしっかり仕上げて目いっぱい愉しむこと。これしかないかと。

そして、このバイク本当に面白い!旧いのにだるいところが無く、吹け上がりは競技用のそれ。トルクもあり、かつぶんぶん回る。乗るべきポイントにはまったとき垣間見るダートトラッカー的なハンドリング。開け開け+弱カウンターで旋回していく。最高。

何だかんだで4年ぶりにしっかりコースも走り、スポーツランの面白さを再確認。できるだけ早く修理を完了させて、もっとなじみたいと思います。

Comments

by DG

お疲れさんです。 手間の掛かるバイクですがじっくりと自分の物にしてください。
車重は有るけどエンジンのパワー感で軽く感じることが出来たでしょ ! フロントの逃げる感じが克服出来れば飛躍的に速く走れるはず・・・・ガンバレよ。 

オブソリブログにも投書してね!

Comment#6265
  • 2012-11-29(Thu) 00:25:43
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>DGさん:
いろいろと本当にありがとうございました。確かに軽快!です。今回はいろいろ乗り方を実験する間もなく・・・でしたが、さくっと直してじっくり乗り込みたいと思います。

OBSOLETEブログ、後ほど投稿させていただきます!

Comment#6266
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2189-60410e86