Contents

どうやろか

再々発 燃料漏れ。
130303 (7)

患部をちょっと触ると
130303 (8)
あらら。半田では無理ですね。

ガソリンを抜くと
130303 (9)
錆びた水。バーナーで炙る際、危ないのでガソリンを全部抜いて水を入れ中を綺麗に乾かして…というのを何度も繰り返しているので、乾ききっていない時のが残るんですね。キャブの中も同じく。大変面倒。

新たに発覚した
130303 (10)
タンク左前角と

130303 (11)
元々の場所を再度塗装落とし&やすりがけ。

さて、今回はGenus(ジーナス)GM-8300という2液性のパテを使用。早速ねりねり。

比率は絶対に守るように!と書かれていますが。
130303 (12)
完璧な「目分量」でw

130303 (13)

130303 (14)
しっかり練って

130304 (1)

130304 (2)
こんな感じで塗りつけ。

段ボール箱の中にタンクを入れてヒートガンで軽く送風。一晩おく。

完全硬化にはその後25度前後の加熱が必要、とのことなので
130311 (1)
たまたま天気が良かったので営業車の中に放置・加熱。

130311 (2)
このあともう少し温度が上がりました。

130311 (3)
直射日光も当て、完成。

取り付け。
130311 (8)

130311 (9)
見た目悪い…ま、機能優先でいきます。

さて、久しぶりの満タン。
130311 (6)
ちょい乗りでは問題なし。これは前も同じ。

翌朝。
542835_500055276698261_1861399823_n.jpg
久しぶりにいつものルート。

途中でぼこぼこいうので
130311 (13)
ついでにタンクの点検。

130311 (12)
このフレームとの間のラバーマウントも悪さしてたのかもしれません。新品をそのまま使うとタンクを絶えず広げた状態になるので、大幅カット。幅を狭くして使っています。

あら
130311 (14)
変わったところから漏れてますね~この前注したオイルかな?

ちなみにボコ付きの原因は
130311 (16)

プラグ。
130311 (15)
新品に交換。

タイヤが良くなったので
130311 (20)
快適に走れます。

***

戻ってちょっと拭いてチェーンにオイルさして、エンジンオイルのチェック。
130311 (21)
下限手前まで減ってたので400cc補給。

130311 (22)
サーベル真ん中まで。

ガソリン漏れの補修箇所、点検。とりあえず止まってます。まぁまだ気は抜けませんね。

Comments

8300 by あつし

ハチサンですか。
スバルのガソリンタンク補修に使ったけど、8年くらい経っても問題無しです。
高いし、いっぱい余るけど、性能的には良いと思う。

Comment#6306
  • 2013-03-12(Tue) 09:05:57
  • Mail
  • URL
  • Edit
by tetsu

>あつしくん:
そんな専門用語あるのね。確かに今回のは手応えあり。なかなかしっかりしてます。あと3/4残ってるので少々いけそうですw。

Comment#6307
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/tb.php/2230-e8927a49